FC2ブログ
さよなら。
久しぶりのブログアップなのに
悲しい記事でゴメンナサイ。

先日、我が家の長老ジャスミンが
突然逝ってしまいました。

長老といっても、まだ12歳8か月
元気いっぱい過ごしていたので
これまで、13歳まで生きた子が居なかった我が家の
記録を更新してくれると確信していました。

26114143_1428079510651829_5734113051400844580_n.jpg
IMGP5813.jpg

ボール大好きで、飛ぶように走っていたし
池に飛び込んで泳いだり、痩せていましたが
とても元気に過ごしていました。

それが突然夕方に、軽くフードを一粒吐きました。
ほんの少しでしたが、草も混じっていたので
草を食べて吐いたのかな??と思っていました。

それから、おやつも食べたし、元気でしたが
1時間後位に、再び空嘔吐が始まり
連続して空嘔吐したかと思うと、
お腹がみるみる膨れて来ました。

私は捻転の経験が無かったのですが
捻転を疑って、近くの病院に電話すると
捻転かも知れないので、すぐに来てくださいと言われ
車で5分の獣医さんに走りました。

幸い早急に処置して貰ったので
捻転は軽く、手術で治まりましたが
予後が悪く、翌日の午後2時半に逝きました。

空嘔吐してから、たった、17時間でした。

手術の夜は入院していたので
翌日午前中に見に行くと、容態は芳しくありませんでした。

血液検査では、肝臓の数値が高く、血統が低下していました。

もうダメかも知れないと、直感したので

「もうダメなら、連れて帰りたい」と、言ってみた。

「長い間、一緒に暮らしたので
最期の時も一緒に居たいんです」と。

私の無理なお願いに快く応じて頂き
点滴を付けたまま帰宅し、
それから、30分でした。

こんなに突然のお別れをしたことがなく
あたまでは分かっていても、まだ気持ちがついて行きません。

ジャスミンは、他の子と違って
私の寝室でみんなと一緒に寝るのが嫌いな子だったので
リビングで寝ていました。

朝、みんなと起きて行くと、いつも出迎えてくれました

今は、まだ、
あれ??ジャシーはどこへいってしまったんだろう??と
ついつい、探してしまいます。

いつもバタバタと、無駄な動きが多く
ガサツなジャスミンは、最期もバタバタと逝ってしまいました

きっと今頃は、同い年のロータスと再会して
寛いでいると確信しているのですが。。。。。。

この世の生活さらりと捨てて
突然、天然の向こうへ行ってしまったあなたの
うしろ姿がぽつんとみえる。。。


またあおうね。

30867710_1543455559114223_2120626430_o.jpg


スポンサーサイト



【2018/05/01 19:04 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<ありがとう | ホーム | 類は類を以て集まる>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://norbulingka.blog75.fc2.com/tb.php/976-ae966b1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |