スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
想い・・・・・
これまで何度も色々な場面で、ブリーディングについての思いを書きて来た

色々な場面に遭遇する度に、
色々な意見を聞くたびに
色々な人たちに出会うたびに
その都度、感動し、喜び、悲しみ、
考えて、悩んで、そして、何かに思い至るので

私のブリーディングへの思いも
少しずつ変化しています。

序章から今日まで、また時間がかかってしまいました
諄いようですが、私の思いなど、あまり関係ないよ・・・・と思いながら
読んで頂ければ、有り難いです


以前・・・・もう10年以上前になるけれど
ある犬種で頑張っている女性と知り合った

彼女の来し方は、私と少し似ていた

彼女は、好きな犬種のメスを
日本で有数の有名ブリーダーとのお付き合いの中で譲り受け
その後、その子を繁殖に・・・・という頃には、彼女は
犬種特有の遺伝病などを検査してから、繁殖に臨みたいと思っていました

しかし、その事で師匠??であるメスのブリーダーと「袂を分かつ」事になる
その後、彼女は有力ブリーダーに盾突いた廉で破門?となり
嫌がらせなどを受けたらしい

その後、彼女は「なにくそ!!」という意気込みで、一人孤立無援で進み始め
海外のブリーダーなどとコンタクトを取る事で飛躍していくことになる

もう一人、別の女性ブリーダーの場合は
この人は、また別犬種のブリーダーなのですが
この人も、紆余曲折の果て、今はほとんど海外で活躍しています。

この二人は、それぞれ繋がりはないのですが
偶然にも、同じ内容の事を私に言いました

「私は、これまでたった一人で、孤立無援で頑張って
海外とのネットワークも作り、こうして良いブリーディングも出来るようになり
海外で認められるようにもなりました。
自分で頑張って来たんです。
この、長い時間、努力して作り上げて来た色々なネットワーク、
ライン、血統、犬たちなどを、どうして他人と分かち合わなければならないのか?
これらは、私が自分で作った財産です。
私一代で絶えても良いんです。
誰にも分けてあげない
私も何もないところから、一人、手探りでここまで来たんです。
欲しい人は、私と同じように、自分で頑張れば良いんです。」

しかし、私はそう思わなかった。

私はたくさんの人たちに支えられてきたと思っているし
現にそうだったので
私と同じように、「勉強したい」と思っている人に会うと
一緒に勉強しましょうと言うコンセプトで
私が持ち合わせている、ささやかなものを
(自分では)惜しみなく出してきた

もう一度、言わせて下さい

私は決して私自身が、「良い人」だと言っているのではありません

また、彼女たちが、「ケチで自己中」だと言っているのではありません。
彼女たちは、前述の内容の事を
毅然と胸を張って言い放ったので、
私はとても感動したのです。

それは、私とは違うからでした。

私の好きなエッセイ集の中にも、同じような内容の文章があるので
理解いただくために、引用します。

*************************

作家仲間と宿屋に着くと、私達はよく、私達の最も気重な
色紙を頼まれた。
すると、大江健三郎さんはそれを断じて拒否するのだった
大江さんの理論は、多分こういう事なのである
我々はちゃんとお金を払ってこの部屋に泊まっている
だから色紙を書かねばならぬ筋合いはどこにもない
そしてまた、作家は映画俳優とは違うのだから
自分の本に署名することは考えられても、色紙にサインをする理由はどう考えても無い

これも一つの明確な論理であった

しかし、川口松太郎氏になると、別の優しさが加わった
「ああ、いいですよ。みんなもっていらっしゃい」

それは、自分の理屈を通すよりも
他の人々を労わると言う感じで、私はそれも美しいと思うのだ

一人の人間が一つのものの考え方を持つまでには、
その人の長い個人的な歴史と、
その人が生きてきた激しい社会の影響が映し出されている

それを思うと、私はどのような姿勢にも
まずドキッとするほどの新鮮さを覚える

**********************

私はこれまでも何度か書いたけれど
海外のメンター達から、沢山の無償の知識と意識
そして、良いラインの女の子たち
かけがえのない、コネクションなどを与えて貰ったので
いつか私でも役に立つのなら、熱心なブリーダー仲間に同じことをして
一緒に良いブリーダーに育っていこうと思っていました

しかし、今は
もしかしたら、彼女たちの方が正しかったのではないかと思うようになっています

それは、「勉強したい」という人達の多くが
いいえ、非難を承知で言わせてもらうと、その、ほとんどが
「本当に勉強したい」とは思っていなかったという事が
最近良く分かったからです。

勉強しない人たち、それは、私とは関係ないので
それはそれで良いのですが
良く考えると、私は、むかし自分でやってきた事くらいは
今はもっと簡単にSNSを通じて簡単にできるのだから
何も私が手を出さなくても、
やりたい人は、自分でやればいいのだと思うようになったのです

自分の勘違い(本当の意味での勉強を望んでいると勘違いした)で
余計なおせっかいをした自分が悪かったと
今は悲しい心で、反省しています

ちょっと暗くなったので
明るいお花と、8か月のりりィの画像で
今日はおしまい
IMG_2100.jpg
IMG_2126.jpg


スポンサーサイト
【2016/09/19 20:02 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<キャリアド、9歳になりました | ホーム | 晩夏に・・・・序章から。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://norbulingka.blog75.fc2.com/tb.php/948-3bee61c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。