AI覚書
こうしてスタッドオーナーさんの心意気に支えられ
チルドは予定の日に、成田に到着しました

ここから、また東京の友人たちが協力してくれました

通常、検疫と通関を済ませて納税し
精子を受け取るのには、概ね到着から2時間ほど掛かります

今回は成田の税関が不慣れだったため
余計に時間を食ってしまいました
次回から、前回の輸入許可証を持参することにしました
つまり、あまり前例がないので
課税するための税番が税関職員にも分からないのです。
前回の書類を持っていけば、彼らの参考になります
こうして、一つ一つ私もテクニックを磨くのです(笑)

無事に受け取った頃、ユリアも成田に到着し
ここから筒井先生の研究所まで乗せていってくれるくれる
東京の友人も到着しました

精子とユリアを連れて、主治医のところへ・・・・
予定通りの時間に到着しました

そして、精液性状を調べると以下の通りの結果で
チルドにしてはプワーな数値でした

2015年10月10日 13:30頃
精子活力:30%(⧻30%、±20%、-50%)
精子生存率:87.9%
精子数:10億匹
奇形率:13.2%(頭部0.6%、中片部11.1%、尾部1.5%)
未熟精子出現率:11.2%

今回は最初から開腹の予定だったのですが
この数値で、カテーテルは厳しかったことを思うと
結果論ですが、開腹で良かったと思います

無事に手術を終え、無事に帰宅。

あとは、4週目にエコーで確認するだけです。。

そして、4週目。
無事に受精卵が確認できました!!
15110501.jpg

スタッドオーナーさんはじめ、たくさんの温かな支えがあって
初めて実現した受胎でした

しかし、AIの場合は無事に生まれるまで
まだ油断禁物です。
これから後1か月余りをドキドキしながら過ごします
スポンサーサイト
【2016/02/02 16:52 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<AI覚書 | ホーム | AI覚書>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://norbulingka.blog75.fc2.com/tb.php/932-a3453fc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |