スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
京都ラブ展 ジャッジ短評
さぁ、今日で仕上げるぞっ!

*******************************
   JUNIOR BBE

SPITO BLACK BERRY
A lovely typical youngster with the best possible attitude,
beautiful head, good coat,
good bone for her size, one of my favourites of the day.

最高の態度で素晴らしいタイプの若メス。
美しい頭部、良いコート、彼女のサイズに合った骨量。
この日の私のお気に入りの中の一頭だった

SUNCHASE TURTLE DOVE
An other very pleasant black,
quite matured for her age, rather deep chest compared her leg length
but that of course can still change
– being a junior - good bone and typical head, good topline

もう一頭のとても良いブラック。歳のわりにはやや成熟ている、
足の長さから見ると若干胸が深いかと思うが、
まだジュニアなので、勿論今後の成長で変わるだろう 
骨量良し、ヘッド良し、トップラインも美しい


ジジ オブ トータスマウンテン
Not the smallest of bitches but very typical yellow,
good rear, moves well, her head might need
a bit more time but then again she is just a junior

小さすぎはしないけれど、良いイエローのメス。
良い後躯で動きも良い。
まだジュニアなので、ヘッドの完成にはもう少し時間が必要かと思われる


   YOUNG ADULT BBE

PAPICO K.T. OF LA BOO FIELD
A very pleasant youngster of excellent type,
Good head and expression, would wish that
her chest wouldn’t get any deeper, good rear, shows well

とても快活で素晴らしいタイプの若メス。
良い頭部と頭部表現、後躯も良く、ショーイングも良い。
これ以上胸が深くならなければ良いが・・


GOLDEN FAMILY ARAI JP H.MOOR ROSY
A rather flashy and strong boned yellow with plenty of good in her
but has a bit too much substance for her age making her
look a bit short on legs. Good head, good coat, carries her tail rather high

とても力強い骨量を持った良いイエロー。
しかし若干行き過ぎたボディの為に足が短く見える。
良いヘッドとコート。尾の保持位置が高い

C.K.BECK JP PINK PROSPERITY ROSE
A young black not quite in balance yet, rather long in body,
would like to see more angulation both in front
and rear but shows well with a good posture.

まだバランスが取れていない若いブラックのメス。
ちょっと長めの体躯で、前後共にもっと角度が欲しい。
しかし、良い姿勢で良くショーイングしていた。


ADULT BBE

KING TREE JP’S FRANCESCA
A balanced clsck of very good type.
Good head and expression, good hindquarters
but really lacking angulation in front both shoulder being upright
and upper arm quite short. Shows well

とても良いタイプでバランスのとれたブラック。良い頭部と頭部表現。
後躯は良いが、立った肩とやや短い上腕で
前部に於いては全く角度不足。
ショーイングは良かった。

ENGLISH GARDEN JP THYME LL’ TELL
A chocolate of very pleasant type.
Beautiful head and expression, lovely reach of neck,
good forechest, rather deep chest and slightly long in loin.

良いタイプのチョコレート。美しい頭部と頭部表現。
良いネック長、前胸部は良いが
若干深すぎる胸と長いロイン

C.K. BECK JP MONET
Would have been my favourite to win this class
but was a bit unsettled first though with a little more time started to
feel more “at home” in the ring,
good head and expression, good hindquarters,
good coat, moves well but carries her tail rather high.

このクラスでは私が良いと思ったのだが、
リング内で不安が募ったようなので、もう少しリラックスする為に時間が必要。
頭部と頭部表現も良く、後躯やコートも良いが、
テイルの保持が若干高めだった

CHAMPIONS

INT CH C.K. BECK JP BEAU FILLE
A very well balanced black of excellent type.
Beautiful head and expression. Correct bone for her size,
slightly long in loin, good coat, moves
and shows well.
( Best of Opposite)

とてもバランスが良く、素晴らしいタイプのブラック。
美しい頭部と頭部表現。彼女のサイズに適した骨量。
若干ロインが長いと思うが、コートも良く動きとショーイングも良い。

CH NORBULINGKA JP SCEPTERD ISLE
A lovely well balanced black which was
very close to beat the winner,
good depth of chest, excellent reach of neck,
excellent bone, could have a bit better angulation in the rear,
good coat and lovely tail. A bit lazy mover….
(JAM)

素晴らしくバランスの取れたブラックで、
ウイナーとは極めて僅差だった。
丁度良い胸の深さ、素晴らしいネック長と骨量。
リアの角度がもう少し欲しいが、良いコートと良いテイル。
動きが少し緩慢だった。

INT CH MIKU JR OF MIKUNI K-RUSSKY JP
A well balanced black of excellent type,
good bone and a good front which is always a pleasure to see,
pleasant head, would like to see more width of thigh, good coat.
(JAM)

バランスの取れた素晴らしいタイプのブラック。
良い骨量といつ見ても喜ばしい良いフロント。
良い頭部。もう少し大腿の幅が欲しいところ。
コート良し。

CH NORBULINGKA JP YOUNG LYCIDAS
Correct size of a black of excellent type,
good head, good bone for her size, excellent hindquarters,
correct coat, didn’t quite have enough reach in movement,
showed well.
(JAM)

素晴らしいタイプと正しい大きさのブラック。
良いヘッド、彼女のサイズに合った骨量。
素晴らしい後躯、正しいコート。
動いた時のリーチが足りないと思うが、ショーイングは良かった

*******************************

ふぅ~~~。。終わりました。

如何でしたか?

最初に書いた通り、今回ほど和訳がしんどかった事はありませんでした。
良い事は書きやすいですが、欠点の指摘はどうしても言葉を選びます。
しかし、あまりに選びすぎると、本意が隠れてしまいます。

最初に、英文で読んで欲しいと書きましたが
誰だって、日本語と英語の両方が載っていれば
日本語を読むでしょう。

微妙な語彙の違い、多彩な日本語で表現することで
曖昧模糊としたものになってはいけないし
かと言って、あまりストレートでもなぁ・・・などなど、、、
悩みましたよ。

だから、結論としては
今後はいかなるクリティークも、原文で発表します。

そうすれば、今回のように時間が経ってしまうことも無いし
稚拙な翻訳による語彙のすれ違いも無いと思います。

皆さん、お付き合いありがとうございました。

主催者としても、この短評が
今後、皆さんのお役に立ちますよう!!
心から願っています。


スポンサーサイト
【2016/01/12 21:57 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<AI覚書 | ホーム | 京都ラブ展 ジャッジ短評>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://norbulingka.blog75.fc2.com/tb.php/925-ffb8b57b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。