ロータスのその後
ズボラ・ズボラで、夏の終わり
朝夕少しだけ凌ぎやすくなりました

フェイスブックは、写真一枚と
文章1行でアップできるけど
ブログはちょっと重くて、気合いが必要なので
だんだんサボりがち

今日は長年患った、季節性アレルギーの診断後について
ちょっと書きます

前回アップしたとおり、ロータスのアゲルゲンは
ハウスダスト、中でも「ダニ」に強く反応しました

ためしてガッテンを見られた方もあると思いますが
治療法の一つとして、免疫治療があります

アレルゲンを少量体内に入れて(注射と舌下がある)
免疫を増やす治療
つまり、ワクチンと同じ理屈ですね

しかし、正直な先生は
「10歳を超えていると、効果は50%」と仰いました
やはり、老齢だと自力枝免疫を作るのも
なかなか難しいと言うことでしょうか。

そこで、うちでは、以下の方法を実践しています

1)アレルゲンをなるべく取り除く
 つまりは、掃除を行き届かせる
 毎日数回の掃除機と、スチームによる高熱で床を拭く
 幸い、床が石なので、スチームも使えます

2)ダニが多く居る場所では寝かせない
  ソファーや畳の上、布団の上などは駄目
  
3)他の子と一緒に寝かせない
  他の子に付いたハウスダストが、ロータスにも付くから

4)食事療法。
  魚の脂、豚の脂、ポテトを中心に(皮膚のバリアー強化)
  オメガ3やビタミンをサプリで投入

5)シャンプーは良いとされていますが
  うちは、かえって痒みが増すみたいなので
  水洗い・掃除機・ブロアーなどで、体に付いたハウスダストを取る

先日友人が紹介してくれた「冬虫夏草」も、今週から取り入れています

ロータスの場合は、気温が下がる秋から早春までは
症状が全く消えるので、食事療法とサプリ、冬虫夏草などは
来年まで続けて様子を見るつもりです

犬の皮膚のターンオーバーは、おおよそ3週間ほどと言われていますが
老齢なので、1ヶ月は掛かるかも知れません

それを考えると、効果が出てくる頃には
気温も下がっているので、効果なのか、自然に収まってきたのかが
分かりにくいタイミングではありますが
体質改善というものは、長く続けないと望めないので
長期戦で行きます

それから、ステロイドの内服薬は一切使わず
スプレー式のステロイドで凌いでいます
軟膏だと、範囲が広い場合に使いにくいですが
スプレーは使い易いです

現在は経過報告ですが
来年の春頃には、この努力の効果が出ることを願って
毎日頑張って掃除しているこの頃です

ロータスに掃除機をかけている動画は
以下でご覧いただけます

大人しい子で良かった!!と思っています(笑)
https://www.youtube.com/watch?v=RDN6P7c5wt0




スポンサーサイト
【2015/08/30 17:51 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<アイのお勉強日 | ホーム | アレルギー性皮膚炎の皮内検査>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://norbulingka.blog75.fc2.com/tb.php/910-24d6d1f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |