Mardas Kennel訪問記
少しどころか、もう2週間位もブログをさぼってしまいました。
実は先日からMardas Kennel訪問記のつづきをアップしようと
必死で努力していたのですが、サボっている間に
システムが一新されて、自分の管理者のページにさえ
ログインできなかったのが、本当の理由。
情けない・・・

四苦八苦して、ようやく今、で・き・た!!
なんで、つづきを書きまっさ。

********************************

そしてそれからは、面白い会話がくり広げられたのでした。
賞賛に値するような経験を踏まえて、
彼女は長年に渡り行っているブリーディングについて
熱く話してくれました。

そして私達は、フィールドタイプとショータイプの
犬についての違いについても話しました。

彼女は2重目的のラブの必要性を良く理解していて、
確信を持って、この様に述べてくれました。

「今のような時代では、多くの人々は2重目的のラブを
作れる時間もお金も持ち合わせていない。
たくさんのショータイプのラブラドールは
フィールド犬として優れた働きをする能力があるし、
同じようにフィールドタイプのものも、
ショーリングで特定のクラスで勝つ能力がある。」


それから私達の会話は、各犬舎それぞれの特有の
”タイプ”にラブラドールのスタンダードを留めておく事の
難しさについてまで言及されました。


会話の中で彼女は、はっきりとこう言いました。

『私はイタリアに於いて、高品質のラブラドールを
作出するた為の確かな系統を感じました。
数人のラブの熱狂者たちは、
ショーとフィールド両方の重要性を再発見し、
これら両方に通用するラブラドールを生み出しています。
イギリスでは、これら両方の事をしようとしている人達は
ほんの少数しかいません。
明日あなたはBlackpool Championshipショーで
違ったタイプのラブラドールが
チャンピオンシップショーに出陳されているのを見るでしょう。』


過去6年間の電話やネット上でのやりとりを通して、
マーレーンと私は素晴らしい友情で結ばれていました。
彼女の家と犬舎を訪ねること、
Lancashireで開かれた、
この価値のあるBlackpool Championshipショー観戦は
マーレーンと彼女の夫、デヴィッドからの招待だったのです。

そしてチャンピオンシップショーが開催される
イギリスの西海岸に到着し、
おいしい紅茶を飲んだ後、
私たちはBlackpoolと、更に幾つかのヨークシャーの町を
訪ねるために出発したのでした。

********************************

今日は久しぶりの割には、ここまでで終わり。
つづきは次回のお楽しみ!!
引っ張るなぁ・・って言わんといてな。

別に引っ張ってる訳ではないんですが
翻訳がまだ出来てないんです。

丁度英国の友人とブリーディングについて
メールのやり取りをしていた中で、
「タイプ」についての興味深い見解を聞いたところへ
注文していた「REACHING FOR THE STARS」という
素敵な本が届いて、只今私は
「タイプ」に興味津々なんです。
しっかり勉強しています。
今日アップした訪問記にも「タイプ」について言及されていますね!!
青い字で書いた部分です。

そう・・タイプをスタンダードに留めることの
難しさ・・
それを今悩んでいます。

この訪問記も、きちんと続けるので
時々覗いて下さいね。
スポンサーサイト
【2007/07/25 20:56 】
未分類 | コメント(1) | トラックバック(0)
<<Mardas Kennel訪問記 | ホーム | Mardas Kennel訪問記>>
コメント
初めまして。偶然こちらのブログを拝見しました。Mardas訪問記、大変興味深く読ませて頂きました。たぶん私が一番喜んだと思います。ブリーダーではなく、ただのラブ好きですが、たまたまMardas x Mardas のラブを飼ってますので、まさに我が家のラブの歴史でした。
これからのもお邪魔させて頂きますので、宜しくお願い致します。
【2007/08/02 23:32】
| URL | sato #-[ 編集] |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://norbulingka.blog75.fc2.com/tb.php/91-892b3370
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |