お膳論争
梅雨明けしたと言うのは、間違いだったんじゃないかと思うくらい
お天気が悪いですね

さて、皆さんはフードをあげる時
食器の高さをどうしていますか?

床から直接?
それとも、何かを利用して高さを付けている?

うちは、以前にダイアナがガンを患った時
高さのあるほうが楽に食べられたので
それ以来、みんな高さを付けています

何も学術的な根拠があった訳でもないのですが
高さがあるほうが楽なら、みんなそうしようと思っただけの事

でも、なかなか良いお膳が見つからない
例によって、小型犬用なら結構あるのですが
大型犬用となると、適当なものが無い

皆さん、植木鉢スタンドなどを利用しているみたいですが
ご存知の通り、ラブは食いしん坊なので
食べ方もダイナミック。
その上、食べ終わっても食器を舐める(うちだけ??)ので
スタンドだったら、コケてしまう

だから、我が家ではスタンドにベニヤ板で台を作ったり
工夫していましたが
欠点は、台が木製だと、しょっちゅう洗えない事でした

暑くなってくると、しょっちゅう洗えないことが気になるので
あれこれネットで調べるも、やはり良い物が見つからず
悩んでいた時、ふと気が付いた

プラ鉢の底を抜いてみたらどうだろ????

早速100均で、200円のプラ鉢を買い
食器ボールのサイズに抜いてみると。・・・・・・

これが、ピンポーン!!

とても上手にできた!!
IMG_0111.jpg

・・んで、上手くできたことが嬉しくて
Facebookにアップしたら、
個人的な意見ですが。。と前置きしたのに
海外の友人がシェアして、国際的な議論になってしまった!

だから、私個人のと書いたのに。。。

しかし、面白い事に
海外では、殆どのブリーダーが
地面から直接あげていて、このほうが喉つまりのリスクが減ると言う

一方、日本側は逆で、殆どのブリーダーが
高さを付けて給餌をしており、この方がリスクが減ると言う記事が多かった

これを機に、色々と調べてみたけれど
正直なところ、これが正解と言うものには巡り合いませんでした

フードメーカーにも尋ねましたが
フードメーカーのマニュアルには、高さがあるほうが
空気嚥下のリスクが軽減すると言う

しかし海外では、高さがあるほうがリスクが上がると言う

一体どっち???

私なりに試行錯誤した結果、
私の中での結論としては、
猫はどんな種類もほとんど同じ大きさと体型ですが
犬は犬種によって、大きさや体型、また食欲などもまちまちで、
個人差がとても大きいため
結局のところ、これが正解と言うものが決められないと言うのが
落としどころではないかと思っていますが、
皆さん、如何なものでしょうか?

(以下フードメーカの記述)
小型犬・中型犬の場合には軽視されることも少なくないが、
食物を適切な高さに置くことによって、
食事中の快適さが向上し、空気嚥下が軽減される。
この方法は超大型犬の場合 に特に重要である。
動物は幸福感の根源を評価することができないが
食事中の快適さはフードの嗜好性を助力する。
例えば、食事中に首が痛いと食欲が低下するように、
嫌悪現象の間接的原因となり得る。

さてさて、皆さんは如何でしょうか??

IMG_0110.jpg
IMG_0107.jpg
スポンサーサイト
【2015/07/22 18:07 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<アレルギー性皮膚炎の皮内検査 | ホーム | ハッピーバースデー>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://norbulingka.blog75.fc2.com/tb.php/908-2406ed32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |