WDS後の旅行記
ポーランドの友人がベルリンまで迎えに来てくれる予定でしたが
電話してみると、陣痛が始まっているとの事
シリアスなので、彼女はお産に付き添う必要がありました。

彼女は、その代わりに
いつも使っている運転手さんを、空港に差し向けるので
それに乗ってきて欲しい
彼はプロの運転手さんなので、大丈夫!との事

そんな事情で、まずはベルリン空港で車を返却
  ここで、またこぼれ話
  仲さんが日本で予約した今回のレンタカー
  昨日カウンターで借りる時には、私も付き添い
  そこで色々と以下のやり取りがありました。
  ハーツ曰く 「まずは、車種をどうされますか?
  こちらは、乗用車でゆったり乗れますが
  荷物はあまり積めません
  こちらは、ジープで乗車部分は少し狭いですが
  荷物スペースはゆったりしています」と、
  キーを二つ見せて、聞いてくるので
  相談の結果、ジープ(日本で言うRV車?)にしました。
  続いて、曰く「エキストラの保険はどうされますか?
  万一事故があった場合の車両免責額は、850ユーロとなっております
  しかし、この30ユーロの別途保険に加入されると、免責が0になりまっせ!!」
  この保険は、入ることにして、車レンタル代270ユーロと保険が
  合計金額となったのに、
  返却してみると、仲さんが払ったのは500ユーロ超え!
  「こんなん、おかしいやん!!」と怒った私は
  早速カウンターへ行き、
  「あんたら、詐欺師かい?!昨日聞いた値段と全然違うやん!
  世界のハーツがそんな事するんか?!」と怒り心頭で怒鳴ってしまった。。。
  「言葉が通じひんと思って、いい加減にしいや!!」
  すると、「ガソリン代」だと言う。
  「何言うてんねん!ここへ返す前に、入れて来たわ!」
  娘が恥ずかしがって、「お母さん、待って、私が対応するから
  向こうへ行ってて!!」と言うので、仕方なく退散。
  結局200ユーロ近くも安くなった。
  皆さん、海外では、何かと気をつけましょう!!

そんなこんなと、やっていると
友人が差し向けてくれた車が到着
時刻は夜の8時半

ベルリンからは、2時間半ほどのドライブだと言う。

英語が余り話せなかったので、静かに温和しく乗っていると
まもなく国境を越えて、ポーランドへ入りました。

暫く走ると、高速から降りて地道になりました。

うん、ジョーカー君宅はベルリン空港から350キロで、3時間なのに
何故ベルリン空港から250キロで3時間近くも掛かるのかなぁと
思っていましたが、ポーランド国内は高速が少なかったのでした。

ほどなく日が沈み、暗闇の中を走ること2時間半
おトイレ休憩が欲しかったので
英語を解さない運転手さんに、「ネクストサービス・トイレ」と伝えると
分かったみたいで、高速では無いので
ガソリンスタンド&コンビニ、みたいなところで停まってくれました。

トイレを済ませ、遅くまで運転してくれている彼に
ビールでも買ってあげようと、売店に入り
値段を見ると、恐ろしく高い!!
ええっ==!こんな物価高なの??とビックリしましたが
もっとビックリしたことには、その値段表記はユーロでは無く
ポーランドでは、ユーロは使えないとの返事!!

あらあら、私たち一文無しだわ・・・・

取りあえず、カードで決済して
無事に友人宅へ着くと、彼女は家の前で待っていてくれました。
時刻は夜の11時頃

一服お茶をご馳走になって
この夜は、取りあえずホテルへ直行

真っ暗だったし、2階建てのペンションのようなホテルの玄関には
ホテル名など書いて無くて、ただ、HOTELとだけ・・・

フロントのおばさんは、英語を一切話さないし
何だか、怪しいなぁ・・・と思いつつも
疲れているので、ホテルルームへ入りました。

お部屋は綺麗で、快適でしたので
すぐに寝ました。

翌朝、目が覚めて
レストランに行くため歩いてみると
このホテルの美しいこと!

こんなに素晴らしく綺麗なお庭や、館内は見たことが無い。。。

朝食も豊富で、ベランダからは猫が来たり
とても雰囲気の良いホテルで大満足。

明け方から出産が始まり
殆ど徹夜だった友人には、今日は勝手に観光に行くからと
連絡を入れて、タクシーで10分ほどのダウンタウンへ観光に行きます

IMG_8621.jpg
IMG_8619.jpg
IMG_8617.jpg
IMG_8614.jpg
IMG_8583.jpg
IMG_8586.jpg
IMG_8584.jpg
IMG_8582.jpg
スポンサーサイト
【2014/09/10 19:57 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<WDS後の旅行記 | ホーム | Happy Birthday>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://norbulingka.blog75.fc2.com/tb.php/880-bf95b8c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |