ポトマック覚え書き
ショー4日目は、いよいよベストオフブリード戦
日本で言うチャンピオンクラスです

このクラスだけは、牡牝、そして色分けも無く
全て一緒に審査されます。

チャンピオンクラスだけで出陳頭数120頭以上!

テントから順々にラウンドで入場した後、一頭ずつ触診があります。

その後で、15頭ずつくらい出てきて
ファーストカットが行われますが
実は私は初めての審査で、一頭ずつ触診した評価を
全頭最後まで覚えているのが難しかった事を思い出し
これは可成りの経験とコツと才能が無いと無理だなぁ・・と
思いながら観戦していました。

IMG_7832.jpg

朝から始まって、夕方まで掛かったチャンピオン戦
これを制したのは、7才のベテランオスでした

IMG_7838.jpg
IMG_7839.jpg

このハンドラーさんは有名な方ですが
ハンドラーではなく、右手のベイトに犬を集中させている
これが出来ると、犬をジャッジの目から見て
最高の状態を見せられるのだと思いました
IMG_7840.jpg
IMG_7845.jpg

BISS
Ch.Paradocs Delians Scrubbing In
DOB 2006.3.4

BOS
GCH.Blackwing Izzy
DOB 2007.1.4

IMG_7850.jpg
IMG_7852.jpg
IMG_7860.jpg
IMG_7863.jpg

4日間にわたる長い戦いが終わりました

いつもポトマックで思うのは
最高のラブが、最高のパフォーマンスを見せてくれる事
みんな可成り大げさに仕上げてあるのに
きちんとしたムーブメントが出来る。

これは正直なところ、英国では見られない光景です。
それぞれの良さはあるものの、全てを見ないと
本当に良い物は分からないと言う事です

明日からは、ポトマックおまけ話を少し書きます

スポンサーサイト
【2014/04/29 20:36 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<ポトマックおまけ話 | ホーム | ベリーの子犬が先日旅立ちました>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://norbulingka.blog75.fc2.com/tb.php/854-61bac877
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |