パピー・サバイバル・ガイド その4
頑張ってパピー・サバイバル・ガイドを続ける^(・T・)^!!

無駄ぼえの悪い癖を矯正しましょう!

子犬がドッグランか、または犬舎の中に居る場合のしつけ

まず水とレモン汁を入れた噴霧器を用意します。
子犬が吠えだしたら「静かに!」と命令してから
噴霧器を見せて、顔にレモンジュースを吹き付けます。
これで吠えるのを止めたら、「グッド!!」と楽しく褒めます。
これは吠えるのを止めるまで、繰り返してください。
その後は、噴霧器を見ただけで吠えなくなるでしょう。

子犬がクレートの中に居る場合のしつけ

子犬がバリケンの中に居るときも、同じ手法で
しつけても構いません。
でも私は「揺さぶり方法」を使います。
どうするかと言うと、子犬がバリケンの中で吠えたら
「静かに!!」と命令して、扉をど~~んと叩きます。
こうすると子犬は多分びっくりして、瞬間的に静かになります。
この時すかさず、「グッド!!」と褒めてやります。
でも子犬は、すぐに又吠え出すでしょう。
そうした場合は、上記を繰り返しますが
もし上手くいかないようであれば、バリケンを大きく
揺すってみて下さい。
それでも更に吠えるようであれば、再度「静かに!!」と命令し
すばやくバリケンを押してひっくり返します。
これは子犬にとって相当な衝撃です。
子犬が静かになった時に、すばやく「グッド!!」と褒めます。
多分この手法は1~2回必要かと思いますが
それ以降は、おそらく「静かに!!」の命令と
扉をど~~んと叩くだけで充分だと思います。


私が子犬をバリケンから出すのは、少なくとも2時間は
クレートの中で温和しく出来た後で、吠え始めた時か
トイレに行く時だけです。
私はトイレに連れて行った後、済んだら又バリケンに入れます。
子犬をバリケンから出して遊ばせるのは、
子犬が静かにしている時だけです。。


貴方が留守の時、子犬が吠えていたらどうしましょう?

この問題を解決するために、まず子犬を騙して
貴方が留守だと思いこませておいて様子を窺う方法があります。
その間に吠えだしたら、現行犯を見つけた上で
前記の手法でしつけます。
この方法の問題点は、子犬がそれほど容易に
騙されてはくれない事です。

第2番目の方法として、「無駄ぼえ矯正首輪」を使うことです。
貴方が留守になる時に、この首輪を使います。
吠えるとショックを与える首輪なので、
ショックで吠えるのを止めます。
ある人は、これに反対するのですが、でも留守中に吠えて
結局子犬を手放さなくてはならない羽目になったり
あるいは近所に大迷惑を掛けるのと、どちらが残酷でしょうか?
私は首輪を使います。
この方法は大変効果的ですし、子犬にショックを与えて
しつけることは、どうしても不可欠だからです。

それでも、首輪のショックは、貴方が実際に首に着用してみて
耐えられる範囲内でなければなりません。

そして少なくとも、4~5ヶ月の月齢に達するまでは
この方法を使わないで下さい。


私は首輪を使う際は、常に自分で着用し
具合がどうかを実験した上で使います。
声を出した後は、もう決して放したくない程に
ショックを受けます。
貴方も実際にやってご覧なさい!!

つづく
スポンサーサイト
【2007/06/17 21:46 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<パピー・サバイバル・ガイド その5 | ホーム | パピー・サバイバル・ガイド その3>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://norbulingka.blog75.fc2.com/tb.php/83-6180421a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |