悲しい気持ち
先日生まれた子犬達の成長をアップしようと思いましたが
今日は、ちょっとだけ悲しいブログをアップさせて下さい。

先だって私は、ブリーディングがあまり好きでないと書きました。

その理由の中に、命の哀しさのような思いがあります。
そして発展途上国までも行かない
全く未開の地と言うべき、日本の壮絶な実態があります。

今回のブリーディングは、私が強く望んだものでした。
そして、このブリーディング計画を大切にし
自分のためのブリーディングとして、とても楽しみにしてきました。

それでも出産の時には、自分ではコントロールできない、
内側から突き上げてくる陣痛に長い時間苦しみ、
陰部から羊水と胎膜を垂れ流しながら、
顔つきが変わるほど、産みの苦しみに喘ぐ姿を見ると
いつも感じることなのですが
あぁ、もうブリーディングは止めようという思いが
何度も心をよぎりました。

犬は、安産のお守りと言われますが
実は多胎動物の中で、一番お産に時間が掛かる動物だって
知っていましたか?
それは、産みの苦しみが一番長い動物だと言うことなのです。

奇しくも今回、出産のさなか、苦しむキャリアドを見て
私は、まさに、これを商売でやっている人たち
それも、劣悪な環境で、情け容赦なくやっている人たちへ
深い深い思いを馳せていたのでした。

これほどのことを、愛情無しでやるなんて許せない。

FBで見て、シェアした記事を、ここに敢えて載せます。

****************************


【「知らない」だけではすまされない!】

このぼろぼろになったおかあさん犬が、

今もどこかの繁殖場にいる。

こんなぼろぼろになったおかあさん犬が、

今もたくさんいる。

そして、今も苦しんでいる。

狭い、身動きさえできないケージの中で、

糞尿まみれになって、

来る日も来る日も産まされ、

産んだ子を取り上げられ、そして産まされ、、、。

1173779_512527928827781_1141463704_n[1]



生きている限り、その苦しみは続く。

そして、売り物にならない子達も、ひっそりと、、

埋められたり、餓死させられたりしている。

10万匹もの子達が、殺されていってる。

それでも、ペットショップは必要だと思いますか?

私は違うから、と言いますか?

何もしないのは、殺処分されている子達だけでなく、
この表に出てこない10万頭の子たちをも見殺しにしている事とおなじ!


闇で葬られているペットショップ業界の裏:

「年約15万頭の犬や猫が業者によって生産され、
そのうち生きて消費者に販売されるのは約6万頭。
残りは死産や売れ残りという理由で処分されている。
トレーサビリティ(流通履歴)の確保もなし。
年間約24万頭の犬猫が保健所で殺処分されているニュースは
目にすることはあるが、
流通ルートで10万頭近くが処分されている事実を
国民は知るべきです。こんな国は先進国では日本だけ!!」

日本の生体販売:

「生まれたばかりの犬や猫は、
環境の変化や輸送に弱いためと、
母親や兄弟との触れ合いで社会性をつけるために、
欧米の国や州では生後8週齢(約2カ月)未満の犬猫の取引は
法律で禁止されているところがほとんど。
ところが日本では、生後すぐに子犬を母犬から引き離して売ってしまう
。仮に病気に感染している場合、
発症する前の小さくてかわいいうちに売り払ってしまったほうが、
業者にとって利益になるから」

なぜ日本では、動物を守ることができないのか?:

http://www.cyzo.com/i/2011/10/post_8846.html

*********************************

キャリアドの出産時に感じた思いが、偶然にもFBで
記事として載っていたので
敢えて、ここに転載しました。

端折った部分もあります。
それは、自分で確信が持てなかった部分でもあります。
先日書いた愛護センターの義務研修についての
記事も関係してきますが、
何はともあれ、この様な事実が、日本のペット産業の大半を
占めている事は事実です。

  「その国で、犬がどのように扱われているかを見れば
   その国の程度が分かる」と言った、海外の政治家がいます。


繁殖屋。パピーミル。あいつらは、自分で働かずに
犬を食い物にしている寄生虫。
しかも、犬の繁殖を業にして、大金持ちになった人など居ない
たかが知れてる
だから、みんなセコイ寄生虫。大物なんて居ない
みんな小物

自分がラブラドール(犬)を、愛すれば愛するほど
心に引っかかる、トゲのように、チクチクと痛みます。

明日からは、子犬の成長をアップしたいと思います。
スポンサーサイト
【2013/09/13 20:30 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<パピー達 | ホーム | 子犬が生まれた!!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://norbulingka.blog75.fc2.com/tb.php/802-bf8debd9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |