スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
コウノトリが来るまで
先日ブログで「コウノトリ飛来」をアップしました。

初めてAIの子犬が誕生したのは、ご存じの通り
今から4年前の2009年2月でした。

この時は、初めての挑戦でしたし
まだ日本ではAIでの子犬が誕生していなかった事と
お世話になった先生から、AIでの受精卵や胎児は
時に消滅する事が多いと言われていた事など
色々な事情を加味して、無事に生まれるまで
ブログはおろか、あまり口外もしませんでした。

あれから4年半が経ち、少しずつ経験も積み
そしてAIも少しずつ浸透してきたので
少し気が楽になり、今回は受胎確認の段階でアップしました。

勿論AIであろうが、自然交配であろうが
無事に生まれるまでは、気が抜けません。

先日もキャリアドに少量の出血が見られて
びっくりしたのですが、通常範囲と言われて
ホッと一安心したばかりです。

今日から少しずつ、今回の経過を綴って行きたいと思います。

これも私自身の覚え書きのようなものです。

今回のAIは、フィンランドからのチルド精液を使いました。
前回失敗した同じスタッドです。



前回は、予定していた飛行機がマシントラブルで欠航になり
一日遅れのAI実施でした。
当日のプロゲステロン値は、11.9ng/ml

今回も、北欧の空港では土日の通関検疫ができないとの事情で
本来の適期より一日遅れのAI実施となりましたが
当日のプロゲステロン値は、49.6ng/ml

今回キャリアドの排卵は、金曜日の真夜中、
つまり夜中の12時くらいだったと予測していますので
チルドなら、本来は日曜日か月曜日が適期となります。

しかし、上記の理由から土日の発送ができないので、
丁度日曜日または月曜日には日本着はできないと言うことになります。

これはまた運が悪い・・・・

先生と相談して、土曜日に着けるか
火曜日にするか、可成り迷ったのですが
結局遅い方(火曜日)を選びました。
理由は、これまでの少ないデータの中でも
当日のプロゲステロン値が低い時は、受胎しなかったという事でした。

しかし、プロゲステロン値を見ても分かるように
今回はやはり一日遅れだったと思っています。

それでも受胎できたことは、多くの方々の温かな協力のお陰です。

私の持論の一つに
「いくら自分が、良い犬と、良いスタッフと、良い環境と、
充分な資金と、ブリーディングに必要な全てを持っていたとしても
良いブリーディングは、決して一人ではできない」

というものがあります。

勿論、一代や二代など、数代のブリーディングはできたとしても
また適当なブリーディングはできたとしても
自分のプライオリティを貫きながら、本当に長く、
良いブリーディングを続けていくことは、一人ではできません

今回も、私一人が幾ら努力をしたとしても
結果は得られなかったと思います。

自分のことのように努力して下さり
採取から僅か18時間で日本に精液を届けて下さったオーナーさん
親身になって勉強して、そしてAI実施して下さった先生
そして勿論、キャリアドを譲って下さったバルライオンのジョンとサウジー
そして、沢山の情報交換をして下さった友人達
そんな沢山の方々の温かな協力のお陰で
今回のAIが成功したと確信しています。

私は受胎確認の喜びを噛みしめながら
同時にこの持論を改めて痛感していました。

今回の過程を綴って行く上で
まず一番にこの事を書かせて貰いました。


スポンサーサイト
【2013/08/19 22:10 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<コウノトリが来るまで | ホーム | ワンワンボート??>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://norbulingka.blog75.fc2.com/tb.php/792-0ab12a36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。