英国の思い出、2013
今回の渡英で大きな目的だった、LRCショー観戦と
SKCボーダーユニオン・ショーでのお手伝いを終え
後はゆっくりと帰国までの日々を過ごしました。

今回の長期滞在では、やはり食事が辛くなっていました。
市街地ではないので、日本食レストランも無く
スーパーへ行っても豆腐など売っていません。
どうしても食べ物が偏ってきます。

誕生日には、アジアン料理のレストランへ行き
春巻きやライスを食べましたが
毎日連れていけとは言えません。
266.jpg

ジョンもサウジーも、アジア料理が大好きなので
ここでは焼きそばやスープを楽しみました
265.jpg

ここは何料理の店か??と聞かれると、一言では答えられません。
たぶん、マレーシアとかタイとかのミックスだったように思います。
フォーもあったから、ベトナムも混じっていたかも知れません。
フォーあり、焼きめしあり、トムヤンクンあり・・・

ここのお店に掛かっていた額には、以下の文字が・・・
267.jpg

光って見にくいかも知れませんが、
「怪味」と書いてありました。
横に小さく漢詩が書いてあるから、中国語かな?
それなら、怪味とは中国語でどういう意味なのかは分かりませんが
ジョンに「何て書いてあるの?」と聞かれたので
「怪しい味・・て書いてある」と笑って答えながら
このメニューは、確かに無国籍で怪しいかも??と考えていました。
でもお味は、まぁまぁでした。

ご飯が恋しかったので、勝手にお鍋で炊いて
味付けのりとインスタント味噌汁を良く食べていました。
242.jpg

ジョンが作ったカレーを、私が炊いたご飯で食べたりしましたし
トルティーヤも何度も作りました
243.jpg

デザートは得意なので
オーストラリアのお菓子、パブロバに果物とクリームをたっぷり飾って
食べました

これを見て、どちらがジョンので
どちらがサウジーのか、分かれば大したもの。

正解は、左がジョンで、右がサウジー。
なぜなら、英国人はスプーンを好み
アメリカ人は、フォークを好むからです。
しかし、何でも大量・・・これを夜の10時頃に食べるのです。。。
それも、食後に・・・・・・
245.jpg

私が作るので、自分の分は小さく・・・
寝る前にあんなに食べたら、寝られへんし・・・
246.jpg

そして親しい仲間達を招いて、家で恒例の寿司パーティもしました。
379.jpg

こうして我が家のように寛いで、ゆっくりと時間は過ぎていきました。

滞在中、私たちはラブについても沢山話しました。

丁度トンカという子犬が居たので、ラブの育て方についても
何時間も談義しました。

いつもジョンはきっぱりと、犬の出来は
[ 60% breeding,40% feeding]と言い切っています。

私は犬の作り方などについても、改めて沢山教わりましたが
それは時々日本風にアレンジする必要もあります。

私のこれからのブリーディングについても、沢山の助言を貰いましたし
スタッドの選び方についても、沢山話しました。

朝はシャロンと一緒にラブ達の世話をして
夕方はジョンと一緒にやりますが、お昼間の時間は
よほど用がない限り、ゆっくりと過ぎていきます。

こうして有意義に時を過ごし、マンチェスターから帰国の途につきました。
12時半にウエールズを出て、ジョンの車でマンチェスターへ
安かったので、お昼の便にしましたが
荷物が増えてしまい、エキストラバゲージ一個に付き
飛行機代と同じくらい取られました・・・
380_20130724201754.jpg

ヒースローに着いたのは、午後3時半
これから10時まで、一人で退屈な時を過ごしましたが
ここのラウンジで頂いた、チキンスープとぼんち揚げ??と
フルーツジュースはサイコーに美味しかった!!
382.jpg

こうして何とか10時まで時間をつぶし
13時間のフライトで再びクアラルンプールへ・・・

そして又々6時間待ちで、ようやく日本へ向かう飛行機に乗りました
381.jpg

美味しいサティが出たのが、嬉しかった。
行きは、何も言わなかったら6本もくれたので
帰りは賢くなって、ビーフとチキンを一本ずつオーダー
ピーナッツたっぷりのたれで頂きます。
390_20130724201758.jpg

関空着は、朝の7時台なので
寝なくっちゃ!!と思いましたが
考えてみたら、ヒースローから飛んだのが、夜の10時
しっかり9時間くらい寝たのに、着いたらまたまた夕方で
すでに時差ボケで時間の感覚が無くなっています。

またここで6時間寝られるかな??と思いながらも
しかし、今寝ないと日本に着いてから夜になるまで
24時間くらい起きている事になるのも辛いので
また何とか寝ているうちに、ようやく関空着。

考えてみたら、38時間かけての帰宅。

結構しんどかったけど、実り多い旅行でした。

ここまで書いて、こう言うのも変ですが
最初私は「有名人でも何でもない私の旅行記なんか
読みたい人が居るのだろうか??」と思っていたのでした。

でも、深く考えずに、今回も自分の思い出のためだと思って
ここまで書いてきました。
読んで下さった方、少しでも楽しんで頂けたり
また、何かお役に立てたなら幸いです。

ありがとうございました。



スポンサーサイト
【2013/07/24 20:30 】
未分類 | コメント(4) | トラックバック(0)
<<哀れ・・ラバーダッキー | ホーム | 英国の思い出、2013>>
コメント
いえいえ、毎日、毎回、楽しませていただいてます。知らない異国を見聞きできて、毎回、待ち遠しかったです。無事なお帰り、何よりですね。パピーがまたまた楽しみになりました。
【2013/07/25 08:28】
| URL | るな #-[ 編集] |
るなさん、ありがとうございます。
そう言って頂けると、嬉しく、
また安心しました。
帰国後、すぐにアップしなかったのは
多忙と疲れもあったのですが
私一個人の旅行記なんか・・・・・と
ためらいがあったのです・・・
次回ブリーズの代打でやるブリーディングは
責任重大ですが、楽しみも大きいです。
また応援して下さい。
ありがとうございました。
【2013/07/25 14:59】
| URL | Kaori #-[ 編集] |
私は、アップを楽しみにしてて、しっかり読みました。私には、出来ないことをすいすいっとやっておられる貴方の行動力と情熱には頭が下がりますもん。 元気そうで良かった。
【2013/07/26 23:24】
| URL | majesty #-[ 編集] |
majestyさん
ご無沙汰していますが、お元気ですか?
読んで頂いて、ありがとうございました。
何とか今年も無事に帰国しました。
次回楽しみなブリーディングを控えて
不安と期待が入り交じっている私です。
また遊びに来て下さい。
一緒に「ちか定」行きましょう
【2013/07/27 19:49】
| URL | Kaori #-[ 編集] |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://norbulingka.blog75.fc2.com/tb.php/786-eea382c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |