スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
英国の思い出、2013
セラヴィさんのウエールズ滞在は、3泊4日
終日遊べるのは、2日間だけなので
二人で出来るだけ沢山の観光をしました

去年も行ったけど、また行ったのは
チェスターの街。
ナショナルヘリテイジのこの町は、自家用車の乗り入れが出来ません

街を囲むようにして、何カ所かに「Ride&Park」というバス停があり
そこには広大な駐車場が準備されています

そこまで車で行って、駐車場に止めた後
チェスターまでバスで行く仕組みです。

私が生まれ育った京都も有名な観光の街で
季節季節で大混雑が発生します。
特に古くから拓けた所は、道が狭いので尚更です。

そして色々な場面で「当日は混雑が予想されるので
なるべく公共の交通機関をご利用下さい」というメッセージを良く見聞きします。

しかし、それを求めるなら、それが出来る状況を作るべきです
マイカー規制や省エネで、そこそこ近くなら自転車で出かけようとしても
駐輪場すら無いのです。
ドイツでは、マイカー通勤を奨励する際に、駐輪場はもちろんのこと
電車も改造して、自転車が乗れるようにしています

何事も口で言うだけでなく、もっと本気でやらないとね
(ブリーディングもしかり!?)

さてさて、チェスターでは去年サウジーに奢って貰って、
そのおいしさに感動したパイと
セラヴィさんリクエストのラムのホットサンドで昼食
234.jpg

街には色々な大道芸人さんも居ます
こちらはアンデスの音楽を演奏するエンターティナー
233.jpg

私たちは無事にチェスターの街を楽しみ、またライド&パークへ戻りましたが
ここで自分たちが停めた場所を見失い、探すことしばし
私はこのとき、本当に車を盗まれたかも??と思いました(苦笑)

それから私たちは、スノードニアの観光へも行きました
ここは、去年友人のジョイスが連れて行ってくれて
その素晴らしさに感動したので、2度目の観光も楽しみにしていました

スノードン国立公園は、素晴らしい景色の連続です
IMG_2925.jpg
217.jpg
山の中腹に、朽ちた石造りの建物が残っています
218.jpg
途中で出会った、羊の親子
出産の季節なのか、沢山の子羊がいました
動物の赤ちゃんって、本当にカワイイ
223.jpg
急斜面にへばり付いた石の集まり
226.jpg
227.jpg
どの山の中腹にも、石造りの建物跡などがあります
228.jpg
そして、圧巻はガードレール
日本ならさしずめ鉄製のガードレールですが
ここでは石垣でガードレールを作ってあります
石垣のガードレールが延々と続きます
229.jpg
近づいて見ると、単に石を積んであるだけなのですが
これは大変な技術が無いとすぐに崩れるだろうし
単純であることは、技術が要るのだと思います
230.jpg

日本人の私には馴染みのない山々の景色
つまり木が無い・・・
私はジョン達に、日本人にとって木のない山々は
イメージできないので、大変珍しく感動したと伝えましたが
確かに、山々には木が無く
その代わり、崩れた古い石垣や、岩面が露出しています

この斜面にしても、この石垣のガードレールにしても
やはり地震のない国ならではの風景です
日本だったら考えられない。

そして日本建築は、木と紙の文化ですが
ここは石の文化、全ての古い建物が石造りですが
木が無くて、石が豊富だからこそ、出来上がった文化なのでしょう
スポンサーサイト
【2013/07/18 22:30 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<ジャスミン・パピー5歳になりました | ホーム | 英国の思い出、2013>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://norbulingka.blog75.fc2.com/tb.php/780-63a42098
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。