スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
イギリスの思い出、2013
シェフィールドのミラモンテ犬舎を出て
しばらく南下すると、ダービーの町に着きました

ここにはジャスミンの実家、ブースゲート犬舎があります
ブースゲート犬舎を初めて訪問したのは
1996年だったと記憶しているので
あれから17年が経ち、途中の2,3年は渡英していない年もあったので
もう15年間もお邪魔している事になります

数年前に訪ねた時、途中車で迷子になってしまい
約束していた時間に行き着けなくて、私たちのために予約してくれていた
レストランもドタキャンさせてしまった事があります

思い返しても大変申し訳ない思い出ですが
今回もリーさんに電話があり「無事に着いたら電話して」とか
「何時頃に来る予定か、電話して」とか
とても心配してくれていて、あの時にはよほど心配をかけたのだと
改めて反省しました

翌年、私は、大事な友人に二度と同じ迷惑をかけないようにと
道中の地図を出来るだけ詳しくプリントアウトして持って行きました。

しかし段々とタムタムという、英語案内の簡易ナビゲーションにも慣れてきて
もう二度と同じ失敗は繰り返さない!!
今回は何事もなく、到着できました。

いつもはホームステイなのですが
今年はセラヴィさんと近くのプレミアインに泊まりました

いつもは仕事で忙しいデービッドも
今年はオフを取ってくれて、翌日はみんなで観光
デービッドは車の運転が上手いので
快適なドライブ

セラヴィさんが是非とも行きたいと駄々をこねた
ニューアークの骨董市
私は数年前にも行ったのですが
今年は上手く日程が合ったので
セラヴィさんは大喜び、
4人で出かけました

この骨董市、実はヨーロッパ最大らしく
前回来たときには、日本から買い付けに来ている方も
数組見かけました。
入り口にある駐車場で、早速怪しい日本語発見!

解読不能!!
086.jpg

しかし広大な敷地に、ぎっしり並んだアンティークのお店
ホントに何でもあります
090.jpg
マリリンは剥製に興味津々?!
088.jpg
089.jpg

セラヴィさんは、額入りの狩猟の絵(それもでっっか~~い)を
2枚(3枚やったかな)も買っていた!!
それから重たい陶器のお皿も買っていた!!
どうやって持って帰るのん??

賢明(?)な私は、悲壮な克己心で衝動買いをセーブしていましたが
悩みに悩んで買ったのは、素敵な置物
(セラヴィさんのこと、言えない・・・)
これ、結構重いのですが
マリリンが「本物なので、値打ちあり!」と太鼓判押してくれたので
思い切って買いました

IMG_5911.jpg

この後、ダービーの町を散策し
テディベアのお店に行って
セラヴィさんは、またクマを買っていた・・・
094.jpg

それからデービッドの案内で、Haddon Hallと言う
これまた貴族のお屋敷に行って
そこでランチをごちそうになりました

ここも貴族の邸宅で、ジェーンエアの映画の撮影に使われたそうです
残念ながら今回中には入らず、素敵なランチだけを楽しみました

観光ドライブの途中で、ふと車窓から見ると
なんだか、ちょっと見たことが無い犬種を連れているような・・・

よく見ると、犬では無く、馬みたいな気が・・・
092.jpg

あっ、ここにも!!(2頭連れている!!)
093.jpg
そして、ここにも・・・やっぱり馬や・・・・
091.jpg

沢山見かけたので、ダービーで流行ってるのかな??
それにしても、馬とは・・・・・

一旦ホテルに引き上げ、休憩してから
去年と同じイタリアンレストラン Nonnaへ・・・

とても人気のレストランで、陽気なスタッフと美味しい料理
そして大好きな親友たち・・・
096.jpg
098.jpg

素敵なディナータイムをありがとう!!

明日は、いよいよコヴェントリーで開催される
ラブクラブのショー会場へ行きます





スポンサーサイト
【2013/07/10 15:20 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<アイリス緊急手術?! | ホーム | 英国の思い出、2013>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://norbulingka.blog75.fc2.com/tb.php/774-ac9240b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。