スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
英国の思い出、2013
今年はリーさんが、私たちのために
時間を空けて、観光に連れて行って下さいました

まずは、BURGHLEY HOUSE
スタンフォードにある、邸宅(お城??)です
ここは圧巻でした。

2003年にラブラドールクラブ創部100周年記念ショーがあり
このときのショー会場が、ビーバー・キャッスルと言うお城で
(ベルボアと書いてビーバーと読むらしいけど)
これが個人の持ち物で、今も当主が住んでいると聞いてびっくりしましたが
このBURGHLEY HOUSEも個人のお宅

これで、個人のお宅!!
053.jpg

いやはや、英国貴族の規模には脱帽!

たぶん、維持管理が大変なので
一部を有料公開しているのだと思いますが・・・
その内部も圧巻

しばし、現役英国貴族のお宅をお楽しみ下さい

全景(これ全部が個人のお宅)
038.jpg
ちょっと趣味が悪かった、キッチンの壁の絵
041.jpg
キッチンのかまど
043.jpg
ご自宅内にある、教会
044.jpg
ダイニングルーム
046.jpg
ベッドルーム
047.jpg
スゴイ壁画
048.jpg
粒ぞろいの蔵書
051.jpg
たぶん食用になる、鹿のファーム
052.jpg
敷地内のティールームで、大好きなスコーンを戴きました
040.jpg
ティルームで、リーさんと記念撮影
IMG_2760.jpg
正門前で。
054.jpg

素晴らしいというか、とにかく圧巻
これを維持していこうと思うと、半端じゃないと思うので
こうして一部公開して、管理費に充てているのだと思います

ここの一部分に現在も居住されているらしいですが
ほんの片隅でも、もう十分な広さだと思います

ご紹介したベッドルームや壁画など
これらはごく一部の写真です

確かにスゴイと思いますが、やっぱり「芯からアジア人」の私には
目が回るような豪華さで、何というか「お腹いっぱい」になる感じです
そんなことはあり得ないですが、
わたしはここでは落ち着いて暮らせないです、はい。

スポンサーサイト
【2013/07/07 22:45 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<英国の思い出、2013 | ホーム | 英国の思い出>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://norbulingka.blog75.fc2.com/tb.php/772-c4d84371
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。