**ポトマック旅行記 その8**
待望のポトマック単独展、第一日目は寒さと知識不足で
まごまごしているうちに、終わってしまいました。
ここで大変強力な助っ人の登場を特記しておかなければなりません。
日本から観戦に来られていたラブ仲間がおられて
その方々に、大変お世話になりました。
分からないまま、リングサイドでうろたえていた私に
システムや、アメリカのラブの事を手取り足取り教えて下さいました。
ご自分達も、勿論ゆっくり楽しみたかっただろうと思いますが
初めて観戦する足手まとい(??)の私に、本当にご親切に
接していただき、感謝しております。ありがとうございました!

そんなこんなで、第一日目が終了。
くどいようですが、アメリカのラブ達の太りように
「しかしなぁ・・」とショックを覚えた私。
確かに渡米前に持っていた先入観を払拭するような
素晴らしい発見(スペシャリティに出るようなラブは、決して
私が思っていたような、すらっとした足の長い華美なラブでは無い)
もありましたが、しかし太かった・・・
リングサイドで会うラブ達の頭を撫でながら、思わず声を掛けた私。
「僕、どうしたん??なんでそんな太いの」
「わたし、もうちょっと痩せた方がええんと違う?」
「こんな肥えてたら、病気になるぇ」

アメリカの方には日本語が分からないので、
皆さん、私が何を言っているのか知らずに・・

まぁ、太かったと言う話はこれくらいにして。

この第一日目の夜は、POTOMAC GALAと言う、お祭りというか
パーティというか、楽しい集まりがホテル内で開催されました。
この催しには、ベテランクラスのショーを始め
オークションやJRハンドリングコンペティションもあります。
皆で会場に入ると、楽しい装飾が施された会場には
沢山の人々が集まっていました。

このベテランクラスのジャッジは、BEECHCROFTのMARYさん
アメリカで活躍した往年の名犬たちが、続々登場。
7才から9才、9才から11才、そして11才以上の
3クラスに分かれていて、トータル65頭の出陳でした。

勿論パーティ会場内にも自由にわんちゃんが入れます。
次々に登場する往年の名犬たちに、会場内は大興奮。



あっ、言い忘れましたが、このホストホテル・ホリデーインは
ショーの開催中、わんちゃんOKでホテル内の至る所に
沢山のラブがいました。
当然オーナーさんやハンドラーさんと同室です。

賑やかなベテランクラスでは、何と14才のメスでした。
口元など真っ白になった、このブラックのメスは
ベストが決まった瞬間、会場からのヤンヤの喝采を受けて
ごろんとお腹を出して横になりました。
そして、この子をハンドリンクしていた男の子も
感極まって同じように寝そべり、ワンに抱きついて泣きました。
会場は、もう大フィーバー、声援と口笛、指笛の合唱です。
私も思わず、大歓声を上げました。
なんて素敵なショーでしょう!



また次の日に行われた、親子で出るクラスや
似ている3頭(多分そうだと思うけど、間違ってたらごめんなさい)も
楽しいクラスでした。

show6.jpg

show7.jpg


ショー本来の在り方、というか楽しみ方を改めて痛感しました。
私もいつかこんな楽しいショーを開催したいと
心から思いました。
これこそ単独展の醍醐味ではないでしょうか?
ラブクラブ主催者の皆さん、いつか協力して楽しいショーを
是非開催しましょうね!!

因みに、インドアのパーティ会場での模様は、上手く写真が
撮れなかったりしたのですが、丁度ポトマックの公式ウエブで
写真が200枚以上紹介されていたので
私の下手な写真を見るより絶対良いと思い、
以下の通りアドレスを載せましたので、こちらから楽しんで下さい。


http://www.lrcp.com/2005/Index.shtml

それでは又会いましょう!


スポンサーサイト
【2007/04/29 13:19 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<***ポトマック旅行記 その9*** | ホーム | **ポトマック旅行記 その7**>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://norbulingka.blog75.fc2.com/tb.php/67-8b85ef7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |