**ポトマック旅行記 その7**
一日サボってしまいましたが、ポトマック旅行記の続きです。

セミナーの翌日4月11日から、ホストホテル横の庭で
いよいよポトマック単独展が始まりました。
今年の主なジャッジは、
雄クラスが、MRS.MARGARET BROWN (RAMSEYVILL)
雌くらすが、MRS.ANGELA WILLIAMS (FOULBY)
ベストインジャッジは、MRS.MARY A.WIEST (BEECHCROFT)

朝8時からの開始でしたが、何と寒かった事!!
本当に寒かったです。
でも、このショーのために遠路はるばる来たのだと
自分に言い聞かせて、リングサイドへ・・
まず、最初にお断りさせて頂くと、システムが全く分からず
何をしているのか、分からなかったです。はい。

リングは5つありますが、とにかく分け方が分からない・・
このリング、やけにイエローばっかりだなぁ・・と思っていると
暫くして、年齢と性別と色分けがあることが判明。

英国のショーでもそうなのですが、雄雌が別々のリングなので
一度に二つ見ることが出来ないため
どうしても一つに絞って見ることになります。

まずは興味のあるメスクラスへ行きましたが、
私の個人的な意見で、どうもジャッジがパッとしないため
雄クラスを見ました。

雄クラスは、1リングで12~18ヶ月のイエロー、ブラック、チョコ
そしてノービスのイエロー、ブラック、チョコ、
あとアメリカンブレッド(パンと違うでぇ)の3色で
トータル101頭の出陳でした。
後から3リングで、9~12ヶ月の3色と
6~9ヶ月の3色、これはトータル116頭でした。

これも見てはいましたが、システムが良く分かっていなかった事を
正直にご報告致します。
時々隣のメスクラスを見ながら、ゆっくり見ました。

因みに2リングのメスクラスは、ノービスクラスの3色
パピー(6~9ヶ月)のブラック
アメリカンブレッドのブラック、
12~18ヶ月の3色でトータル200頭をやっていたみたい。

この後は、3リングで
6~9ヶ月の3色と9~12ヶ月の3色でトータル116頭の
審査が行われましたが、何度も言いますが
本当にシステムが良く分かりませんでした。

折角遠いところまで観戦に行ったのに
まともなご報告が出来なくて、済みません。
でも最終日には、段々分かってきましたので
最終結果は、じっくりと報告できると思います。
何か、分かった頃に終わったみたい・・・


show2.jpg

show3.jpg

show4.jpg


システムは分かりませんでしたが、全体に犬がとても太っていたのは
かなり強烈に感じました。
性別を問わず、殆ど全ての犬が、まるまると太っているのです。
勿論「だぶだぶ」では無いのですが、「ころころ」と言うか
丁度お相撲さんの千代の富士みたいです。
多分余分な贅肉は、それほど付いていないのでしょうが
何しろ皆とても立派というか、太いというか・・・
これには正直ビックリしました。
ここまで太らせたら、足に負担が掛からないのか??と
健康上の心配をしたほどです。
これはお国柄なのでしょうか?
但し、以前から先入観として「アメリカのラブは大きい」と
思っていたほど、全体のボリュームは大きくありませんでした。
体高もそれほど高くないし、足も長くないのです。
でも何度も言うようですが、とにかく皆「ころころ」でした。


P1080580.jpg


会場に見学に来ている子犬、多分まだ出場の月齢に達していなくて
将来のために見学に来ている子犬たちも、ころころでした。
あまりに強烈な印象だったので、単独展第一日は考えさせられました。
スポンサーサイト
【2007/04/28 14:32 】
未分類 | コメント(1) | トラックバック(0)
<<**ポトマック旅行記 その8** | ホーム | 寄り道とお礼>>
コメント
こんばんは♪
初めての書き込み、緊張です。。。

私も、アメリカのラブを見たとき思いました。
「ふっといな~~~~」
日本だったら絶対「太らせすぎ!!」って
言われちゃう。
幅があるから?毛量が多いから??
でも、ちゃんと動いてるからいいのかな~。
そして、自分の中のイメージより、
重心が低くて、意外な印象を受けました。
続き、楽しみにしてます。
【2007/04/28 19:10】
| URL | miyuki #JalddpaA[ 編集] |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://norbulingka.blog75.fc2.com/tb.php/66-1a8e87a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |