ブルセラ病について、続き
*****************************

●犬ブルセラ病の診断
 本症は、流産以外には臨床兆候を示さない為、
 血清凝集反応による抗体値の測定で診断する。
 診断は、獣医大学の動物医療センター、
 血液検査センターや、一部の開業獣医か病院で実施している。
 そして、抗体値がx160以上を陽性、
 ×80を擬陽性、×40以下を陰性と判定する。

 海外では、血清凝集試験より簡単な
 スライド凝集試験法もあるが、国内では販売されていない。

 犬ブルセラ病の確定診断には、流産胎子、胎盤
 血液などを、トリプトイソイ寒天培地で培養して
 確認する必要がある。

 犬ブルセラ菌の集落は、半透明、灰白色で
 真珠様の数ミリのもので
 発育までに一週間近く掛かる

●犬ブルセラ病の治療
  犬ブルセラ病の治療を行った世界中の研究者は、
 同じ結論に達している。

 すなわち、本症に効果的な治療法は存在しない。

 抗生剤の(テトラサイクリンとストレプトマイシンの併用)を
 3~4週間投与で、血液中に細菌が見られなくなり
 血清凝集値も低下するが、投薬を中止すると再び細菌が増殖する。
 抗生剤が投与されている間は、血液中の細菌は見られなくなるが
 細胞内に寄生している細菌には、抗生剤が到達できない為
 残念ながら効果が無い。

 このため、感染犬は、治療法がない為淘汰が第一の選択肢となる。

 完全に隔離が出来る場合においても、
 雌犬は、卵巣・子宮を、雄犬では、精巣を摘出し
 定期的に抗生剤の投与を一生続けて
 菌の排泄を抑えることが
必要となる。

●犬ブルセラ病の予防
 本症には有効なワクチンも開発されていない
 このため、予防は感染した犬との接触を避けることのみが
 重要となる。
 
 しかし、法相に感染しているかどうかは
 外見上判断することが出来ないので
 むやみに他の犬に近づけないことが重要となる。
 
 私の大学では、学内で飼育している犬については
 30数年前から定期的(2ヶ月毎)に
 犬ブルセラ病の血清凝集反応で抗体価を検査している。

 学外から犬を導入する場合は、一時隔離して
 犬ブルセラ病が陰性であることを、事前に確認している。

 また学内の関係者は、家庭での伴侶動物として
 犬を飼育している方が多い為、学内の犬に触れる時には
 充分な消毒をすることが重要である。


*******************************
スポンサーサイト
【2011/10/20 19:24 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<ブルセラ病について、最終章 | ホーム | ブルセラについて、続き。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://norbulingka.blog75.fc2.com/tb.php/581-3cb6a5d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |