スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
LRCショー
ジャスミンの実家、ブースゲート犬舎を後にして
翌日はいよいよLRCショー会場へ。

・・・その前に、前回のブログで書いた
MING'S COURTのオーナーさんとのショット

send3.jpg

さて、去年からLRCショーはマルバーンにある
スリーカウンティ・ショーグランドで開催されています。
以前のストンリー・パークより大きくて、
例年の開催日、6月の第二土曜の週に
別のドッグショーがあるためか、ショップも沢山出ています。

今年は、迷った挙げ句、思い切って
パピーのためにフリースマットを買いました。
・・・が、これを包んで貰って
10㍍ほど歩いた時点で、実は後悔。
とっても嵩張る・・・・

まぁ、余談はこの辺にして。

今年のショー・エントリーは
トータル304頭。

かれこれ15年前に、初めてLRCショーへ来た頃と比べると
年々減少傾向です。
年間を通じて、数十回の単独がある英国ですから
理由は一概には言えないと思いますが
目録を見て、少し寂しく感じた事は確かです。

けれど、今年はとても質が良かったと思います。

ハイライトだけのご報告ですが、
今年の、DOG CCは
SH CH LINDALL REDEMPTION DOB:14.12.04
SIRE:LINDALL COURT MASTERPIECE
DAM :LINDALL WILL SHE

BITCH CCが
FOULBY QUEENSTOWN AT CAMVREMER DOB:10.03.08
SIRE:NZ CH CROFTSWAY FIRST KNIGHT
DAM :FOULBY PAPER LACE

9.jpg
10.jpg
7_20110620205219.jpg
8.jpg

いつもの通り、BISS決定は
それぞれのジャッジが交代して、審査します。

12.jpg

結果は、♂がBISS ♀がBOSとなりましたが
どちらも一歩も譲らない名犬だったと思います。

同行のHさんは
「♂で美しいと感じたのは感激!
こんな良い子が見られて良かった!」とコメント。

リンダさんとは、ポトマックでもご一緒させて頂いたので
ショーの後、ゆっくり彼を見せて頂きましたが
ヘッドも性格も、とてもよい子でした。

スポンサーサイト
【2011/06/22 20:34 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<梅雨の晴れ間 | ホーム | LRCショー>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://norbulingka.blog75.fc2.com/tb.php/535-207dd8f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。