スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
ビフォアー・アフターの続き
時代を経た、味のある、落ち着いた、素敵な
古民家ですが、とても「寒い・・」
外気温は、多分京都とそれほど変わらないと思いますが
家の中が、さむい・・・・
すきま風がどうしても防げない為だと思い
時代物の建具は、隙間テープを張り巡らし
窓にはカーテン、格子戸にはアクリル板を張るなど
思いつく限りの工夫をしていますが
リビングや応接間の床を、「お嬢仕様」の石張りにしたのも
大きな原因。足元が、、、、さむい・・・

玄関戸を開けたら、土間なのですが
今週一大決心をして、そこにもう一カ所、壁を増設して貰いました。
まるで、「ほっかいどー」の仕様ですね・・・

今日仕上がったので、明日アップします。

今日は、裏のビフォアーをご紹介。
母屋の裏は、こんな感じでした。
 朽ちた瓦屋根、ボロボロに落ちた壁
 無造作に増築した部屋、錆びたトタン屋根。
 鶏小屋なのか、犬小屋なのか、不明な小屋・・

ura.jpg

右側にあった増築部分を取り壊し、焼き杉の外壁で仕上げ。
IMG_0843.jpg

風化して落ちた外壁は、ベテラン左官屋さんが
真っ白な漆喰で仕上げて下さいました。

屋根瓦もやり直し。
土で瓦を貼り付ける、昔ながらの工法です。

wall2.jpg

・・・で、アフターはこんな感じ。

ura2.jpg

何度か登場している、裏の通路ですが
この奥のドアが、一番上の写真の左側のドアです。

ura1.jpg

この部分は、部屋内にして
ここから裏のウッドチップ・ランに出られるようにしました。
お嬢達の勝手口(?)なので、床はコンクリート、壁は木で仕上げています。

ura3.jpg

この勝手口通路を出たら、ウッドチップ・ランへ直接出られます。
先日屋根が出来上がり、その横の20坪ほどの空き地は
キレイな芝のお庭になりました。
雨の日や、寝る前は、このウッドチップ・ランに出します。
すごく楽ちんです。
ura4.jpg


スポンサーサイト
【2010/12/23 21:19 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<劇的ビフォアー・アフター | ホーム | 遅くなりました>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://norbulingka.blog75.fc2.com/tb.php/485-68432a23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。