スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
こども動物愛護公開講座
猛暑の京都。

先日は、京都市主催の「こども動物愛護公開講座」へ参加してきました。
サブタイトルは、
 ~動物たちの命と、そのぬくもりを感じてみませんか~
内容は、
 (1)動物を飼うにあたって必要なこと
 (2)動物との生活の話と、体験学習
   ア 動物の体のしくみと病気について
   イ 動物との接し方について
    ☆実際に動物(犬のモデル)を用いた体験学習

kodomo1.jpg

この(犬のモデル)での参加協力です。
いつもはダイアナが行くのですが、今年12才と高齢で
お陰様で、本人はすこぶる元気なのですが、
この暑さでは負担が大きいと、今年はロータスが参加。

獣医さんの授業のあと、一緒に参加したお友達のワン達と
さぁ、いよいよ会場へ。

先日のセミナーも同じなのですが
このようなセミナーへ参加している子ども達とその保護者の方は
参加すると言うだけで、第一関門突破というか
まず合格ラインなのです。
(たちが悪いのは、勉強しない人達)

例年より参加者が多くて、会場では20人以上の子ども達と
保護者の方々が、目を輝かして
拍手で迎えて下さり、とても嬉しく思いました。

自己紹介をするロータス。

kodomo7.jpg

それぞれ自己紹介をした後、聴導犬のデモンストレーション

kodomo4.jpg
kodomo5.jpg
kodomo6.jpg

とてもお利口で、子ども達は勿論のこと
私達も、見入ってしまいました。
デモの間、私達は子ども達の間に座って見ていたのですが・・・

ロータスは・・と言えば・・・
・・・うぅ~~、寝ている・・・・

kodomo2.jpg

その後は、子ども達とのふれあいと
子ども達が聴診器を持って、命の鼓動を聞くために
ワン達の心音をチェックします。

参加犬のうち、大型犬はロータスと、スタンプーのケン君
ボーダーのキリちゃん。
やはり聴診器を使うなら、大型のほうがやりやすい・・と言うわけで
ロータスの回りには、沢山の子ども達が聴診器を持って集まりました。

一人一人、真面目にロータスの左胸辺りを探って
聴診器を当てる。

kodomo10.jpg
kodomo11.jpg
kodomo12.jpg

・・次々に交代して、聴診器を当てる。

そして子ども達の中から、こんな疑問が・・・・
「おばちゃん、この犬、なんで動かへんの???」
「なぁなぁ、おばちゃん、なんでこの犬、名前読んでも
顔あげへんの??」


私も気になっていた。。
さっきからロータスが、仰向けのまま、全く動かない。
・・・・・イヤな予感が・・・・

「だって、みんなが聴診器で心音聞くために、仰向けになって
患者さんになったはるねん」
と答えたものの・・・
私は気づいていたのです。

また寝ているのだ・・・・それも、ぐっすり寝ている。

温和しいので、便利だったけど
恥ずかしかった・・・

だって、ずっと寝ているのですから。

最後に、子ども達と触れ合うときは
寝ないように、しっかり見張っていましたが・・

kodomo9.jpg

最後は、みんなで記念撮影。
(ロータス、寝たらアカンで)

kodomo13.jpg

今日は張り切って行ったのに、寝てばっかりで恥ずかしかったけど
この後、すぐ傍の鴨川の河川で最後のお仕事。
ウンチ・クリーン作戦のモデルもやりました。

因みに、今回のセミナーは、KBS京都で放映されます(汗!!)
皆さん、見てやってね。


****************

京都市広報番組 「京のまち」
正しく仲良くペットと暮らそう!
9月19日日曜日
11時30分~
再放送
9月20日月曜日
22時45分~

****************

見るのが、怖い・・私です。

スポンサーサイト
【2010/08/28 21:16 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<アイリス危機一髪 | ホーム | セミナー報告・・最終回>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://norbulingka.blog75.fc2.com/tb.php/452-c709ca3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。