英国訪問記
LRCショーを堪能した後は、ペニーさんの車に先導されて行きました。
ビュンビュン飛ばす、暴走族ペニー(?)さんに続いて走ると
程なくカーペニー犬舎に到着しました。

ペニーさんが近くで予約してくれたBBは
ゴルフ場に隣接する宿泊所で、とても感じの良い所でした。

bb1_20100629084633.jpg
bb2_20100629084653.jpg
bb3_20100629084714.jpg

私はペニーさん宅に泊まる予定でしたが
早朝から夕方まで、終日のショーで疲れているペニーさんを思うと
申し訳ないので、急遽このBBに部屋を取り
私もここで泊まることに。

ペニーさんが、簡単な夕食を用意すると言って下さいましたが
疲れているだろうからと、近くのレストランへ行くことになりました。
「今日は土曜日だから、多分満席で予約出来ないかも・・」・・と、心配していましたが
普段週末は混み合う素敵な英国パブの、THE MOODY CAW は、
予想に反して、ガラガラでした。

・・・と言うのは、ワールドカップで盛り上がっているため
みんな家でテレビにかじりついていて
こんな日に外食する人なんて無かったという事らしいです。
とってもラッキーでした!

ここの食事の美味しかった事!!
(Nさんが注文したデザートは、牛乳おかゆ・・で失敗でしたが・・)
美味しい食事と、楽しい会話を満喫できたディナータイムでした。

modycow.jpg
因みに、ムーディー・カウと言うのは
気むずかしい女性と言う意味らしいです・・

夕食を終えて、素敵なBBでゆっくり休ませて頂きました。

ここも快適なお部屋と、フルブレックファーストが付いて
お一人様・30£也。

bb4_20100629084732.jpg

私はゴルフをしないので分かりませんが
この18ホールのゴルフコースは、1500円らしいです。

bb5_20100629084752.jpg

翌朝は、遅めの時間に改めてカーペニー犬舎を訪ねました。
ペニーさんが一頭ずつ紹介してくれます。
しかもペニーさん直々の、ハンドリング講習会付き!
なんて贅沢なんでしょう!

p1.jpg

16歳になっている、タイガータイガー。
思わず12歳のダイアナを思い出し
「ダイちゃんも、16歳まで生きてや・・」
心でつぶやいた私でした。

p3.jpg
p4.jpg

この青年は2歳半。

早く仕上げすぎるアメリカや日本と比べると
まだまだ幼い感じがしますが
「この子は、私にとってティピカルなカーペニーの2歳半の牡です。
この年齢では、やっぱりこの位が丁度良い。」と仰った言葉が
とても深く心に残りました。


p5.jpg
p7.jpg
p9.jpg
p10.jpg
p11.jpg

広大なバックヤードがあるものの
腰が痛いと言うペニーさんを見ていると
少し辛そうでした。

多くの有名犬舎も同じですが
みんな真摯なホビーブリーダーなので
跡継ぎ問題が深刻なようです。

日本のように色んなビジネスに繋がらず
私と同じく、皆さん、本当に好きだけでやっている・・ので
仕事をしながら、世話もしなければなりません。

ビジネスであれば、親の仕事を継ぐとかで
犬で収入も得られ、身近な就職という事になり
跡継ぎも簡単に見つかりますが
ホビーブリーダーは、そうはいきません。

自分の事も考えると、身に詰まされる思いでした。

でも素晴らしいお時間を頂けて
ペニーさんには本当に感謝しています。
腰痛に気をつけながら、元気で頑張って欲しいです。

その後は、予定外でしたが
ゴールデンレトリバーの単独展を見に行きました。
ご自身でも英国ゴールデンを飼っておられるNさんは大喜び。
バーミンガム近郊で開催された、素敵なショーです。

g.jpg

g1.jpg

先日のラブ達と比べると
みんな温和しい、と言うか
テンションが低いと言うか、
シャイでは無いのでしょうが、少し残念に感じました。
みんなとっても可愛かったけど、
やっぱり私はラブが好き!!だと思ったショーでした。



スポンサーサイト
【2010/06/29 09:30 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<英国訪問記 | ホーム | 英国訪問記>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://norbulingka.blog75.fc2.com/tb.php/431-8c3117d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |