英国訪問記
今日は雨は降りませんでしたが
暑かったですね。
京都では、34度もあったそうです。
先が思いやられる暑さでした。

さて400頭近くの出陳があったLRCショーも
どんどん審査が進みます。
朝の肌寒さも、すっかり消えて、とても良いお天気。

そんな中、我らがキングの出番が来ました。

ラウンドするキング

kin.jpg

スティのポーズも決まりました。

kin1.jpg

さて結果は、なんと!!3席に入賞!!
おめでとう、キング。


kin2.jpg

キングの活躍で、とても嬉しい一日になりました。

そしてこの日の、DOG・CCは、(及びBOS)

STORMROSE MORNING JEWEL JW (DOB 2008.03.17)
Sire : ROCHEBY STATESMAN
Dam : STORMROSE SPANICH BEAUTY

bd.jpg


BITCH CC 及び BISS

COURTROSE CELTIC EBONY (DOB 2005.12.21)
Sire : LENCHES MACKINTOSH
Dam : COURTROSE LOLA

bb_20100628193904.jpg

BEST PUPPY DOG 及び BPIS

BAILEYDALE NOSEY PARKER (DOB 2009.10.28)
Sire : BILBO BAGGINS BY BAILEYDALE JW
Dam : BAILEYDALE LIBERTY FAYRE

bpd.jpg

BEST PUPPY BITCH 及び RBPIS

SOUTHRIDGE PRIME TIME (DOB 2009.08.21)
Sire : SANDYLANDS PRESSED FOR TIME
Dam : SOUTHRIDGE GRACE

bpb.jpg

アン・テーラー女史の審査は、はっきり言って難しかったです
例えば・・一席、やっぱりねぇ・・
でも・・・二席、えぇ~~?こう来たか?!って感じでした。

他の友人に「私には分かり難い」と話したら、
このクラスの一席を見ると、素晴らしいけど
2席はペットでしょう?
彼女は、こういう審査が得意なのよ。

でも彼女の選んだCC獲得の牝を見て。
とても素晴らしいわ」と言うことでした。

あぁ、やっぱりそう思ってる人も居るんだなぁ・・って思いました。

単独展の楽しみは、こういう部分にもどっさりあります。
ショーが、誰が勝った、負けたとかいう結果だけで終わるなら
英国へ行く必要もありません。
ショーで結果だけを見て帰るなら、何度行っても同じです。


もっと目を養うと言うか、知識を深めると言うか
一流の犬とジャッジを見ながら、素晴らしい実地勉強ができますね。

ショーが終わった後は、会場から20分と言うペニーさん宅へ行きました。
今夜は、ペニーさんが予約して下さったBBに泊まります。

スポンサーサイト
【2010/06/28 20:01 】
未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
<<英国訪問記 | ホーム | 英国訪問記>>
コメント
応援本当に有難うございました。
King もきっと喜んだことでしょう!
【2010/06/29 16:42】
| URL | Kingママ #-[ 編集] |
おめでとう!
キングも久しぶりの日本語を聞いて
大奮闘していました。
それにしても、大したものですね。
これからも頑張ってね!と、エールを送っておきました。
【2010/06/30 17:35】
| URL | kaor #-[ 編集] |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://norbulingka.blog75.fc2.com/tb.php/430-a69dbc09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |