FC2ブログ
虐待について、思うこと。
こんにちは。
いよいよGWに突入し、皆さんワンちゃんと一緒に
ゆっくり過ごしておられることでしょう。

先日アップしたレスキューの記事には
温かいお便りも頂き、ありがとうございました。

まだ引き続き、オーナーさん探しをしていますので、
お問い合わせをお待ちしています。


今回の記事は、私の心に重い課題を
再認識させました。
アップした当日は、余りに心が沈んで
何も書けませんでしたが、
やはり思いを書いてみたいと思います。

以前からブログにお付き合い頂いている方は
ご存じかと思いますが、以前に私はカナダSPCAへ
見学・取材に行ったことがありました。

SPCAとは、正式名称を
SOCIETY FOR THE PREVENTION OF CECUELTY OF ANIMALSと言い、直訳すると、動物虐待防止協会です。

動物愛護協会ではありません。


私は「愛護」と言う言葉に、???を感じています。
正直に言って、虐待も防げずに
何が愛護だ・・・と思うからです。

例えば、人間に対しては、愛護をいう言葉を使いません。
子供愛護協会なんて、無いでしょう?

SPCAは、司法権を持っていて
例えば、動物に対する虐待があれば
逮捕もできます。

私が今回のレスキュー問題で、とても心が沈んだのは
とりもなおさず、先日大きく報道された幼児虐待致死の
事件があったからです。

あの事件では、女の子が目の下の傷を見つけた
学校の先生に、お父さんに叩かれたと告げているのにも拘わらず
学校側は愚かにも家に連絡し、事実を確認するという愚行をしています。

また近所からも、子供110番の家への通報や
警察への通報もされていたのに、結局みんな事を悪化させただけで
何一つ役には立たなかった。

結果、セイカちゃんは殺され、遺棄された。

今回の事件で、愚行を行ったり、また何もしなかった大人達は
それなりに処分を受けるべきだと思っていました。

この幼児虐待についても、カナダと日本の相違点があります。

カナダでは、虐待情報があれば
有無を言わさず、まず子供を保護します。

そして親は、子供を虐待していない事実を証明しなければなりません。

これが日本と正反対ですね。

日本は逆で、
虐待の事実を証明しなければ、保護しないようです

また通報があった際には、通報者に対して
一切の質問(名前など)を法律で禁じています


考えて見て下さい。
もし貴方の身近で虐待が疑われる事実があったとして
それを通報する際に、もし間違っていたら
大変失礼なことになる・・・と、躊躇しませんか?

また今回のように、親が怖そうな場合は
報復を恐れませんか?

だからカナダでは、通報者を保護するため
そしてどんな些細なことでも、きちんと把握するため
通報者の名前などは、一切聞かない事になっています。

以前に、病院に連れてこられたアジア系の赤ちゃんに見られた
蒙古斑を、経験が少ない医師が虐待と思い
誤認措置を執ったことがありました。
この時の病院の会見は、今も忘れることが出来ません。

病院側は、間違いをきっちり謝った後で
きっぱりと言い切りました。

「今回は自分たちの勘違いで、大変失礼なことをしましたが
でも分かって頂きたい。
疑わしきは、まず行動する。

これが出来なかったら、虐待は防げないのです。」

そして社会の反応は、「間違いで良かった」というものでした。

この様に、システムが細部に渡って機能していますが
これと全く同じレベルとシステムが、動物にも適用されています。

隣で犬が叩かれている・・・と言う情報で
SPCAは、幼児虐待と同じ行動を取ります。

日本では、幼い子供さえ守れないのですから
動物となると、いつになる事やら分かりません。

せめて、マイクロチップの法律化をし
できればペットショップの規制をして欲しい。

マイクロチップが入っていれば、飼い主の自覚も高まるでしょうし
私達のような、ブリーダーであれば、
自分の子犬達が、将来どうなったかの責任を持つので
この様な飼い主には、まず犬を売らないでしょう。

無責任な飼い主が、無責任なショップで安易に犬を買い
その後はひどいことになる・・

私は仕事や子供の留学や、ブリーダー仲間などの関係で
海外との付き合いが多いですが
決して海外贔屓ではなく、むしろ海外との付き合いによって
日本の良さを再発見した人間だと思っていますが
こと、この様な出来事にぶつかると
やはり欧米社会や、欧米人の公共に対する誠実さは
事なかれ主義の日本に比べて、素晴らしいと感じます。

そして、そんな貧しい日本社会の中にあっても
こうして一頭・・・・また一頭・・・と
地道にレスキュー活動をされている仲間達の心に
頭が下がる思いなのです。



スポンサーサイト



【2009/05/02 13:38 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<ランで・・・ | ホーム | 寄り道ブログ・レスキューのお願い>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://norbulingka.blog75.fc2.com/tb.php/296-e2a31ea8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |