さかのぼりブログ パートⅧ
今週はずっと曇り空が続くようで
今日も朝から雨模様の一日でした。

モリアゲ隊は、生後10日目になり
みんな一度の下痢も無く、スクスク育っています。
体重も、全員1㎏を超えました。

団子5兄妹の図

2-24.jpg

12月15日の、感動のAI実施から4週間後。
いよいよロータスの超音波検査日になりました。

皮下脂肪の少ない犬種は、3週間でも分かるようですが
ラブのように皮下脂肪が多い犬種は、4週目くらいで
検査する方が、はっきりすると聞いています。

ただし、筒井先生によると
3週目で分かると仰っていましたし
本来は、確実な頭数を把握するなら、交配後16日位までで
検査をしないと、それ以降は分からなくなるそうです。

AIは、うまく受胎しても、胎児の死滅や流産などが
起こりやすいとのことで、ラボでは早めの検査をし
確実な頭数を把握した上で、実際の出産頭数と比較して
死滅した胎児を確認するようです。

私は、大事を取って4週目に検査をしました。

さぁ、さぁ、どうかな???
皆の期待を一身に背負って、診て貰いました。

そして・・・・・やったぁ~~!!
無事に受胎を確認できました。

(岡田先生が、超音波の動画を送って下さったのですが
うまくアップできませんでした・・・・泣・・・・)

その後、喜んだ私はすぐにブログにアップするつもりでしたが
まだまだ油断大敵!!との事で
無事に生まれるまで、我慢の日々が始まったのです。

けれど受胎が確認できれば、道を半分来たようなもの。
筒井先生は、勿論ですが、英国のスタッドオーナーにも連絡し
Semen Cartificateを送って貰うよう、お願いしました。

****ワンポイントアドバイス*****

余談ですが、海外の場合、日本と比べて
交配条件に差があります。
私の少ない経験から言うと、海外では子犬が無事に生まれて
初めて交配料が発生するようです。
また生まれた子犬の数に条件を付けている方もおられます。
例えば、Live Pups3頭保証・・みたいに。
その点では、日本より良心的だと言えるかも知れませんね。

これからAIにトライしようと思っている方々も
交配条件をしっかり聞いて、契約することをお勧めします。
犬舎によっては、契約書を揃えているところもあるので
出来れば、書面による契約を交わす方が良いでしょう。
意思疎通が難しいのと、遠く離れているので
最初に遠慮無く問い合わせておきましょう。

************************

受胎の報告を受けて、筒井先生からは
「出産予定日は、2月14日」 との連絡を頂き
文字通り、Happy Valentine's Day を待つことになりました。






スポンサーサイト
【2009/02/24 19:56 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<さかのぼりブログ パートⅨ | ホーム | さかのぼりブログ パートⅦ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://norbulingka.blog75.fc2.com/tb.php/269-04ee448e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |