スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
さかのぼりブログ パートⅢ
さかのぼりブログも、何だか前後関係が怪しいですが
今暫くお付き合い下さい。

去年フードメーカー主催の、ブリーダーセミナーで
繁殖について学ぶ機会がありました。
そのセミナーで講演されたのは、繁殖学では第一人者である
筒井先生でした。
講演の最後に、AIについてもお話し頂き、
質疑応答の際に質問させて貰いました。
その事がきっかけで、去年お知り合いになったDr.Johnと先生が
懇意だと分かり、そのご縁で、今回は筒井先生が
我がロータスのAIを手がけて下さいました。

これは、私にとって大変幸運な出来事でした。
世界の第一人者である、先生に実施して頂ければ
100%満足のいくAIが実施できます。

妊娠はアクシデント・・・だと言った友人がいましたが
特に日本で例のない、チルドを使ったAIをするのですから
私としても、最善の事をやりたかった訳です。
そんな中、今回筒井先生は、遠方である京都まで
わざわざ出向いて下さいました。
先生が手がけて下さるなら、万一受胎しなくても
最高のことをして駄目だったと納得できると思いました。

そして重要な準備段階として、プロジェステロンの測定と
快く場所を提供して下さった岡田先生には
感謝してもしきれません。

岡田先生は、事前に筒井先生とこまめに連絡を取り
プロジェステロン測定のための採血も
バイクで来て下さったりと、最高の配慮をして下さいました。

スタッドも決まり、ロータスのシーズンを待っていました。
丁度生駒でジャッジを務められた、ナイチンゲールご夫妻が
我が家で滞在されていた12月初旬、マリリンが
「ジャスミンにシーズンが来てるよ!」と教えてくれました。
そして、ロータスを見て、彼女も一両日中にシーズンを迎えると
助言してくれました。
予定よりは早いけれど、マリリンの言葉通り
翌日にはロータスがシーズンになりました。

すぐに筒井先生、岡田先生、そして英国に連絡。
発情出血が始まって8日目から、プロジェステロン測定が始まりました。

最初の数値は、2.06 ng/ml。
次の測定を、翌々日にと予定していましたが、
慎重な岡田先生は、念のためにと翌日の測定を
提案して下さり、測ってみると、5.24 ng/mlと
急速に上昇していました。
結果、この日が排卵日だと断定したのですが
岡田先生の慎重な対応が無ければ
チャンスを逃した事でしょう。

この日の測定から、AI実施は予定より一日早い
15日と決定し、大慌てで英国へ連絡しましした。


今日はここまで。

後に、本日のモリアゲ隊。
名前の通り、もりもりおっぱいを飲んで
今日は760㌘ありました!!

2-19-1.jpg

2-19-2.jpg
スポンサーサイト
【2009/02/19 23:36 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<さかのぼりブログ パートⅣ | ホーム | さかのぼりブログ パートⅡ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://norbulingka.blog75.fc2.com/tb.php/264-40c4d7f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。