突然ですが・・・・回想ブログ(1)
今年も明日を残すばかりとなりました。
激動の2008年が暮れようとしています。

今年は4月にアメリカのポトマックへ行き
そして6月のLRC単独展にも行きました。
目的は、単独展観戦の他にも
KLRCジャッジをお願いしていた、JOHN・CROOK氏との
打ち合わせや、未来のお婿さん捜しという目的もありました。

ジョンさんには、昨年秋にジャッジのご了解を頂いていました。
私にとっては、初めて自分自身で企画・開催のショーでしたので
自分の拘りや思い入れを表現したいショーでした。

英国では、これまで沢山のブリーダージャッジの方々と
お話しさせて頂きましたが
ジャッジ選びには、まず日本に来ることを快く了承し
また全力で審査して下さる方・・・・との条件がありました。

やはり英国には、まだまだ日本(アジア?)に対する
偏見があります。
これは犬界だけでは無いと思うのですが
時折そんな場面に遭遇することもありました。

そんな中、ジョンさんには大変お世話になったと思います。
クラブからも連日お手伝いして下さった方があり
とても助かりました。
ショー前日には、ジャッジご夫婦が準備のシール貼りなどを
しているというクラブも珍しいとは思いますが
ご夫婦で準備も手伝って下さいました。

当日は予想を上回るご参加を頂き
至らない点が多かったものの
何とか大きな混乱もなく、無事に終えることが出来ました。

ショー当日にジャッジが書かれた短評を
ベビークラスから順次掲載します。

これ以外の詳しいクリティークは
後日送って頂き、ニュースレター・ジャパン・2009に掲載予定です。

ベビーマッチショー

BISS 牝 No.4

MARMAID-SWEETIE OF INTERNATIONAL JP 2008.6.22
  SIRE: TRIPLE STAR JP ROBIN
  DAM: CH.CARPENNY SONNET
よい首抜けと肩を持つイエローラブ。素晴らしいトップラインとショートカプルド。
よい尾付き位置。素晴らしいコート。動いたときに前が少し広いと思ったが、
それ以外は大変良い若犬だった。

BOS 牡 No.1
WATER SHRINE JP'S HURRICANE 2008.6.28
     SIRE: ROCHEBY SECRET BALLOT
      DAM: CH.BROOCHE OF INTERNATIONAL JP
正しいコートと尾を持った黒の子犬。良い前足の角度と正しいスタイフル。
動きがしっかりしていた。



スポンサーサイト
【2008/12/30 20:44 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<回想ブログ(2) | ホーム | クリスマスも終わって・・・>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://norbulingka.blog75.fc2.com/tb.php/244-711f9f3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |