スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
欧州旅行記の、おまけ記事
☆☆ こんにちは!! ☆☆

今日は朝から曇天ながら、蒸し暑いぃ~~
本当に蒸し暑いです。

先日で、欧州旅行記のご報告は終了しましたが
今日は、おまけ。と言うことで
その後見学した「イングリッシュ・ガーデン」をご紹介いたします。

私自身、「下手の横好き」ですが
お花や庭造りは大好き!

イングリッシュ・ガーデンは、欧米のインテリアと同じように
「まとまり」のない、一見雑然とした中に
美しさを見いだすようなデザインが魅力ですね。

「日本の美」は、整然とした空間を
一輪の花、一枚の掛け軸で、空気を締めるような美ですが
欧米は、散らかったいると感じるほど
沢山の物が置かれていても、散らかっているように見えない
日本人からすると、不思議な空間です。

そんなお庭を、いくつかご紹介して
今回の旅行記を終えたいと思います。

サルスベリー近くの個人のお庭。
一般公開されているので、見せて頂きました。

snap2.jpg
snap4.jpg
snap5.jpg
snap6.jpg


猫が一匹、のんびりと寝ていました。
オーナーさんによると、3年前まで犬が居たそうですが
その子が他界してからは
「犬を飼うのを、少し休んでいる」との事。

これだけ綺麗なお庭を維持しようと思うと
犬が居たら、ちょっと無理かも・・と思いました。

うちのお嬢達も、新しく植えた場所は
土の匂いが違うのか、
集中的に荒らし回るし
群生している所に、わざと突っ込んで
隠れたりするのが大好きです。
ですから、綺麗に咲いている時期は、周りを保護したりします。

近所の方を一人雇って、毎日2~3時間の手入れを怠らないという
大切なお庭を、子犬が荒らし回ったら
これは、ちと苦しいかも・・・・と、納得していました。

勉強のために、綺麗に刈り込まれた芝生を、よーく見ると
やはりクローバーなどの草が混ざっています。
一緒に短く刈り込めば良いのだと、思いました。

不思議に思ったのは、これら沢山の植物は
毎年大きくなり、また増えたりすると思うのに
一体どうやって、一定の大きさに保っているのか?と言うことです。

また芝生は、うちのランのように
センチビート(ムカデ?)芝では無く
あまり蔓延らない種類のようです。

うちは、刈り込みと撒水の手間が省けるように
センチビート・グラスを使っているので
どんどん広がります。

この日、お庭のオーナーにご紹介頂き
ミアと言う町の、小さなBBに泊まりました。

一見普通のBBですが・・・

bb1.jpg
bb2.jpg


オーナーも親切で、お部屋も綺麗で広かったし、
何と言っても、朝食が豪華で美味しく
料金も格安でした。
やはり、地元の方にご紹介頂くと、間違いないですね。

この旅行の最初に泊まった、パリのホテルと比べると
最高のBBでした。

またお庭も綺麗で・・・・bb3.jpg
bb4.jpg
bb5.jpg


ここでも不思議に思ったのは、
芝生とお花の境界を、どうして保つのか?との疑問。
これには特別の器具があるそうです。


ここに一泊して、翌日ヒースローまで
2時間のドライブをして、帰途に就きました。

イギリスでは、地下鉄の初乗り料金が
一駅でも900円!!なんて
驚くほどの物価高でしたが
お天気にも恵まれて、楽しい旅行でした。

おまけのおまけ、で
ヒースローに行く途中で、高速から見えた
有名な「ストーン・ヘンジ」を最後に。

sh.jpg


皆さん、欧州旅行記
最後までお付き合い、ありがとうございました!



スポンサーサイト
【2008/07/03 14:30 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<おかず | ホーム | オフ会のお知らせをします。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://norbulingka.blog75.fc2.com/tb.php/183-1e95cece
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。