スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
欧州旅行記・その6
こんばんは!!

今日も忙しくて遅くなりましたが、ショー当日の
「さわり」だけでも書いて寝ようと思います。

*********************************
いよいよショー当日。

9時からの開始に間に合うよう
ノース・ウェールズの自宅を7時前に出発。

天候も申し分なく、今日も一日楽しむぞ~~!!

今年のジャッジは、

牡クラスが、英国の老舗犬舎 JAYNCOURT KENNEL
                  Mrs.J.Palmer

牝クラスは、ノルウェーの老舗犬舎 SURPRING'S KENNEL
                  Mrs.Eva Mjelde

両ジャッジが担当されました。

いつもの会場に到着すると、沢山の方々が集まっておられました。

今年は牡クラスをメインに見学する予定でしたが
やはり、牝のリンクも気になります。

小さいクラスでは、牝クラスを見ました。

可愛いベビークラス

show1.jpg


ちょっと充実した牝のイエロー

show2.jpg


小さいクラスの男の子

show3.jpg


ロチェビーさんも益々健在

show4.jpg


今年の牝クラスのジャッジは、少し厳しそうな方。
てきぱきと指示を出しながら、審査が進んでいきます。


各クラスでは、一席以下の席次で
ピックアップに、少し??と思う場面もありましたが
ショーというのは、勉強の場。
ジャッジの席次付けは、2の次として。

総体的には、牝クラスの方が
レベルが充実していたように思います。



スポンサーサイト
【2008/06/19 23:28 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<欧州旅行記・その7 | ホーム | 欧州旅行記・その5>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://norbulingka.blog75.fc2.com/tb.php/175-ce34f089
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。