ポトマック成績・他
こんにちは!!

今日はドラゴンハットで行われた4デーショーの初日に行ってきました。
まぁ、全犬種展は余り出陳も多くないと思いましたが
牡3頭、牝5頭の、しょんぼりした数。

ジャッジはオーストラリアから来日の、ロバート・カーティス氏
オールブリード・ジャッジとの事でした。

GWに入っているとは言え、主人が仕事なので
早めに送ってもらって、自分で楽しみました。
でも、あっさり負けたので、(とほほ・・・)
ゴールデンの友達とお喋りしたりしながら、楽しい時を過ごし
主人が暇を見つけて迎えに来てくれて、3時頃には帰ってきました。

ゴールデンの友達も、「ラブラドールは真面目なブリーダーが多くて
派閥もなく、皆が仲良しで良いよね・・羨ましい」
って言ってました。

特にラブの単独は楽しそうだし、私もゴルの毛をカットしてでも
参加したいくらいだわ~って。

本当にラブの仲間たちは素晴らしくて、みんなの事が大好きなので
私もしみじみと、有り難く、嬉しく思いました。

さて今日は、ポトマックの成績について書きます。

数日前にも、ぽつぽつ書きましたが
きちんと以下の通り、ご報告いたします。

WD : Shadowbrook's McSteamy (DOB:2006.10.19 Bred by Exhibitor Class)
RWD : Gateway's Nothin' But Trouble (DOB:2007.5.1 9-12Months Class)


WB : Minefalls Tam O'Shanter (DOB:2006.7.5 American Bred Class)
RWB : Clearcreek Bonaventure Wndjammer (DOB:2006.11.7 Novice Class)



WD & WB photo

wd-wb.jpg


Best Veteran
Ch.Boradors By george (DOB:1999.2.17 Veteran Class)


BOS : Ch.Tabatha's Pristine (DOB:2003.5.22 Best Of Breed Class)

今年は暑くてお天気も良かったポトマック。
最終日は、去年より少し遅めの午後7時頃に終了。
終了した途端、ぽつぽつ降ってきた雨が、豪雨になり
会場は水浸し・・・・

rain.jpg


どこへも行けないので、その夜はホテルの部屋で
ジョンやサウジー達と一緒にピザを取って過ごしました。

雨が上がった後、サウジー達に改めて、タバサのキャロルさんを
紹介して貰いました。
ホテルの外でタバサのパドックを見せて貰いました。
大きめのサークルに、14頭の牝が入っていたのですが
ブラック、イエロー、チョコと取り混ぜっての14頭は
見事にタイプが揃っていました。
夜だったし、照明も暗くて、残念ながら写真に納める事はできませんでしたが
このタイプの完成度には、本当に感動しました。

上手く説明できませんが、まるで同じ型で流し込んで成形された
ミルク、ビター、ホワイトのチョコレート
の箱の中を見るような感じでした。
キャロルさんの後を追って、サークルの中を
皆が同じ方向に、ささぁ~~と移動するのを見ていると
まるで流れる水のようでした

皆それぞれ別のリッターなのに、サイズといい、形といい
顔といい、完全に揃った14頭の女の子達。

彼女の拘りと、タイプの維持を見せつけられました。

キャロルさんは、とても気さくな方で、ショー会場でも
「ちょっとこの子を預かってて~~」と、グラッシーという子を
預かったりしていましたが、彼女の話を聞いていると
改めて感じさせられる事も多かったです。

大振りなラブが多い中で、きちんとした拘りを持って
中庸のラブを作り続けている姿には、感銘を受けました。

ブリーディングというものは、難しい上に
自分の拘りをきちんと持っていなければ、前に進んでも
結局彼女のような犬作りはできない
と感じました。

犬のタイプは、それぞれ異なるとしても
やはり見習うべき点は多く、今年のポトマック観戦旅行の
大きな収穫
であったと思います。

次は、おまけ話を書きますね。
スポンサーサイト
【2008/05/02 17:59 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<TVの真実(割り込みブログです) | ホーム | ポトマックの続き~~>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://norbulingka.blog75.fc2.com/tb.php/157-9e5d100c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |