ありがとうございました。
今年もあと1時間を切りました。
もうすぐ2008年、新しい年が始まろうとしています。

振り返ると、今年は私にとって素晴らしい一年でした。
今しみじみと感謝の気持ちを噛みしめています。

一番のハイライトは、やはり4月のポトマックでの講演でしょうか。
日本人として初めて世界最大の、そしてアメリカ最古の単独展に
スピーカーとしてお招き頂いた事は、本当に私にとっては
その事実以上に大きな出来事でした。

それによって得られた、誇りと自信、
そして、かけがえのないラブ友との交流。
これらは、努力で得られるものではなく、
ただただ、本当に幸運だったと実感しています。

素晴らしいラブ友達との友情は、
す~~と、これからも大事にしていきたいと思います。

みんな、本当にありがとうございました!
そして、これからもよろしくお願いします!


友人達にもそれぞれに大きなハイライトがありました。

ポトマックをきっかけに30年ぶりで再会した、
同級生(ゲッティスバーグ在住)のご主人ディックさんは、
私も大好きな小説「二つの祖国」(山崎豊子著)の
翻訳を手掛けられ、今年とうとうアメリカで出版されました


私より日本人らしい(??)博識のディックさんは、
ゲッティスバーグで素晴らしいガイドをして下さり
「風と共に去りぬ」の名場面に居るような気になりました。
素晴らしかったです。ありがとうございました。
美しいゲッティスバーグへ、来年も行きますからね!

また今年は日本でも、単独展が2カ所で開催され
大好きなラブ友達と、楽しませて頂きました。
本当に楽しいショーでした。
主催者と関係者の方々、ありがとうございました。


そしてTANAKA氏、今年は彼の拘りが評価された
素晴らしい一年であったと思います。おめでとう!

(ここからは、京都弁。この方が楽やし)

これからも頑張ってや~。期待してるえ。
そして来年は、私も頑張ってみせるさかい、見ててや!

みんな、大人やし、それぞれアプローチの仕方や、
目指すタイプは違うと思うけど
みんな、ラブが大好きやんなぁ?!
ほな時々はぶつかり合いながらでも、一緒に頑張ろな!

欧米に比べたら、歴史も質もまだまだ小さい日本
ラブ好きが手を繋がんと、何にもできひん。
例えば張りおうたり、妬んだり、邪魔したりしてたら、あかん。
そんなんやったら、グローバルな発展なんか出来へん。

欧米のような、名実共に成熟した環境を希求するんやったら
それを希望するなら、みんな一緒に頑張ろな。

少々思うところが違ごうても、同じラブ語で喋りながら
これからも『゚・*:.。.ょろ∪<゚・*:.。.』....((φ('┏ω┓',,)


私から、み~~んなへ。
今一度この言葉を添えて・・・ほんまにおおきに。

“Hope cannot be said to exist,
nor can it be said not to exist.
It is just like roads across the earth.
For actually the earth had no roads to begin with,
but when many men pass one way, a road is made.”


(希望というものは、あるとも言えないし、無いとも言えないのです。
丁度それは、地上の道に似ています。
地上には、元々道など無かったのです。
歩く人が増えれば、そこに、道が出来るのです)

Thank you.

1231.jpg


お嬢達からも、v(^_^v)♪ありがと♪(v^_^)v
スポンサーサイト
【2007/12/31 23:28 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<明けましておめでとうございます! | ホーム | 今年も、あとわずか。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://norbulingka.blog75.fc2.com/tb.php/127-8fd203d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |