スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
英国訪問記 第5話 単独展
去年と打って変わって、好天に恵まれ暑かった今年のショー。
パピークラスが終わり、いよいよオープンクラスが始まりました。
雄と雌が別々のリンクで審査されますが、最終のベスト決定は
二人のジャッジと共に、同じリンクで審査されます。
今年のベストビッチは、
SH.CH.TREBDLEWOOD PERFECT DAY(ENTRY NO.56 YELLOW BITCH)
SIR:CREMINO CORN BARLEY
DAM:TRENDLEWOOD DOUBLE SILK
ベストドッグは、
SH.CH.TULLOCHMOHR FINAL EDITION(ENTRY NO.133 BLACK DOG)
SIR:CH/INT/NOR/FIN CH.CARPENNY WALPOLE
DAM:BRIENSCO EMERALD AT TULLOCHMOHR

さぁ、どちらも引けを取らない素敵なラブですが
皆さんは、どちらに軍配が上がると思いますか?
bitch.jpg

dog.jpg

bg.jpg

スポンサーサイト
【2006/10/21 17:33 】
未分類 | コメント(1) | トラックバック(0)
<<今日は・・・ | ホーム | 英国訪問記 第4話 単独展>>
コメント
自称、日本一のARNOLDファンシャーとしては、SH,CH TULLOCHMOUR FINAL EDITION JW といきたいところですが、
ジャッジの好みとかありますからね~~(笑)

我が家も来年あたりWALPOLEの血液を導入したいところです。。。(謎)
【2006/10/21 23:19】
| URL | スミ○○です。 #-[ 編集] |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://norbulingka.blog75.fc2.com/tb.php/12-dd137269
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。