FC2ブログ
英国訪問記 第4話 単独展
6月10日の朝、ジョンさんやサウジーさんと共に、
お世話になったウエールズのバルライオン犬舎を出発し
ここから東へ車で2時間くらいにあるショー会場、
ストーンリーパークへ向かいました。
当日も好天に恵まれ、暑くなるとの予報でした。
去年と同じ会場で行われた今年の単独展は、出陳頭数が437頭。
今年のジャッジは、雌クラスがLenches犬舎のMiss M.Cox
雄クラスがBallyduff犬舎のMrs.S.Cuthbertです。
会場に到着すると、まずサウジーさんが出店するグッズのお店の
開店お手伝い。
それが済んで、雌クラスのリンクサイドに陣取りました。
いつもの事ながら、雌と雄が別々のリンクで審査されるので
どちらか一方しか見られないのが悲しい~~!
でもショーが始まると、次々に入場してくる素敵なラブ達に
すっかりご満悦です。
まずは、今年のパピークラスのBISSとBOSをご紹介いたします。

BEST PUPPY IN SHOW 
MARDAS SVANITY FAIR
(ENTRY NO.241 BLACK BITCH)
SIR:GREENWORTH VINCENT O'BRIEN AT MARDAS
DAM:MARDAS SHOOTING STAR
RESERVE BEST PUPPY IN SHOW
 CAMBREMER CRAFTSMAN(ENTRY NO.50 YELLOW DOG)
SER:SH.CH.ROCHEBY OLD SMOKEY
DAM:CAMBREMER CALL MY BLUFF

ブラックの女の子がベストで、イエローの男の子が
リザーブベストでした。
どちらも可愛い!!
pupbitch.jpg

pupdog.jpg

スポンサーサイト



【2006/10/20 21:50 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<英国訪問記 第5話 単独展 | ホーム | 英国訪問記 第3話 バルライオン犬舎>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://norbulingka.blog75.fc2.com/tb.php/11-ba8dc58a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |