FC2ブログ
恩師の教え
中学校の同窓会案内が届き、
しばし、思いを馳せています。

私には大切な恩師が居ました。
中学3年の担任の先生です。

先生は、その年に初めて教師になられた新米先生でした。
初めての年に、いきなり中学3年生の担任を任された訳です。

私達は確か14歳くらいだったと思うのですが
先生は22-3歳だったので、8歳くらいしか離れていなかった。

手強い中3の、それもツワモノ揃いのクラスだったので
先生も大変だったと思うけれど
この1年間が、私達にも先生にも大きな一年になりました。

卒業後も、もう何十回と同窓会を開催し
沢山の思い出を育んできました。

先生は、その後、大変出世されたのですが
その先生が、ある時同窓会の相談に訪れた私に
仰ったことがあります

「僕は、多分、同期の中では
一番出世したと思う。
そして、それは、お前たちのお陰なんだ」

私が、「どうしてですか??」と聞くと
先生は、答えました。

「あの一年が楽しかったから」と。。。。

こんなに嬉しい会話は、私の人生の中でも
貴重なもので、今もはっきりと覚えています。

その先生が引退されるその年にも、
お祝いを兼ねた同窓会を計画し
その時に先生から、お誘いの文章を書いて貰ったのですが
今も先生の言葉は、私の宝物です
その抜粋を、紹介します。

*****************************
3年7組のみなさんへ

3年7組のみなさん、お元気ですか。
私は、36年の教師生活にいよいよピリオドを打つ時がきました。

思い起こせば、あなたたちとの出会いが、教師の出発点でした。
あの時がなかったら、きっと今日の日を迎えられなかったと思います。

いつも回りの人に自慢していることですが、
いまだに36年前のあなたたち全員の名簿を諳(そら)んじて言うことができます

******************************

その頃は、荒れている生徒たちの事を
「不良」とか、
「ワル」とかと呼んだ物でしたが
先生は、絶対に、不良と言う言葉と
ワルと言う言葉を使いませんでした。

いつも、「やんちゃ」と言っていたのです。

後日、先生にその意味を尋ねた時の返事は
今も、私の人生の指標の一つになっています

先生は、こう答えました

「不良」と言う事
「ワルい」と言う事は
絶対に否定されなければイケない
絶対に肯定してはイケない


だから、ボクは生徒を「不良」と言わない
ただ、「やんちゃ」なんだと言う。

P1120811.jpg


つづく。。。

スポンサーサイト



【2019/08/30 21:49 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<感動したお話 | ホーム | さよなら、サーブ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://norbulingka.blog75.fc2.com/tb.php/1008-d3132193
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |