FC2ブログ
思い。。。。
暫くは、私の独り言みたいな「思い」を綴らせて頂きます。

******************************

先日書いた通り、ジョンに沢山の思いを伝えたいと思い訪れたのに
自分の英語力の無さと、思いの大きさから
結局思いを伝えられないまま、ウエールズを去る日が来ました

その日の朝に、サウジーから
昨夜ジョンが、「明日Kaoriが帰ってしまう」と
悲しんでいた、 と聞いていました。

その日は、友人と合流する予定だったので
5時にマンチェスター空港で待ち合わせしていました。

午後2時には、バルライオン犬舎を去る予定で
午後1時ごろにキッチンで一人お茶を飲んでいました

そこへ、偶然ジョンが入って来たのです。

ジョンは私を見ると
「何時ごろに出発するのか??」と聞きました

私は「あと、1時間くらいで。。。。」と答えました。

暫し私達は無言でしたが
私は思わず、電動車いすに乗ったジョンの前に跪き
ジョンの手を取って話し出しました。



「私の偉大なメンターであり

大切な友人であり

そして、大好きな父であったジョン。。。。

私はあなたと沢山の事を話すつもりだったけれど

自分の英語力不足と、泣いてしまうかもしれない心配で

結局何も言えなかった。

もう時間は無いけれど、私はあなたが私にしてくれた事に

心からのお礼を言いたいと思います。

長い間、私を支えてくれてありがとう

あなたの全てにありがとう。

私にはこれと言った趣味は無いし、ラブが唯一のもので

これまで自分の情熱の全てを傾けて努力し、勉強し

頑張ってきました。

周りの人達と色々あって、悲しんだこともありましたが

今は、自分の思いや知識や、意識は自分だけのものであり

親しいブリーダー仲間であっても、

他人と共有するようなものでは無い事がわかります。

私は今、ここで、これからも自分の理想に向かって

私のベストを尽くし、絶対に妥協しないで頑張る事を

あなたに誓いたいと思う。と言いました。

ジョンは私を抱きしめて、

自分はラブを通じて世界中に沢山の友人を得たけれど

本当に心から通じ合えるのは、ほんの少しの人達だけだ

本当に僅かな人たちだけだ、

そんなものなんだよ。

偉大な私の娘よ

貴方はもう、私を超えたことが私には分かる

私から沢山の事を学んだと言うけれど

それは、貴方が学びたいと思い、学ぼうとしたからだ。

そして、自分で大変な努力をして学んできたね。

その努力が、どれだけ大きく大変なことだったか、

どれだけの辛抱と

不屈の思いが無いと出来ない事だったか、私には良く分かっている。

私の自慢の娘よ。

もう迷わずに、行きなさい。

自分の信じた道をこれからも行きなさい

私はここで自分に与えられた日々を、

この命が終わる、その日まで、

立派に生きて見せよう!

我が人生に悔いなし。

(あぁ、、英語ってなんて素敵なんだろう。。)

ここに日本語で文章にする事は、

あの時の私達の思いを充分に表現できるとは思わないけれど、

10分位の間、私達はしっかりと手を取り合い

しっかりと抱きしめ合って、お互いの思いを通じ合わせ

最後の別れをしたのです。

偉大なメンターであり、友人であり、父であった

もう二度と生きて会う事の無い、大好きなジョンと、

こうして、今生の別れをして来たのです

スポンサーサイト



【2019/08/01 19:10 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<思い。。。。 | ホーム | さよなら>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://norbulingka.blog75.fc2.com/tb.php/1004-85588cb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |