FC2ブログ
寄り道ブログ 英国記
先日も書きましたが、

私が初めて英国にラブ展を見に行ったのは

かれこれ25年ほど前でした

クラフツは一度だけ、

2度目はルートンと言う所で開催されたラブラドールクラブ展でした。

その頃は、まだ親しいブリーダーも居なくて

会場で唯一の日本人達(長谷川さん達と行ったので)で

浮いていました。

その時に犬舎訪問をしたのが、ブースゲート。

勿論知らない者同士の間柄でした。

今年も座った、あの居間のソファーに

腰かけた途端に、開口一発

「うちは犬を売りませんから」と牽制されたものです

あれから10年以上、私は一人で何度も英国を訪ねて

勿論、犬を買うなど全く思わずに、ただただ興味があり

純粋に英国のラブを見たくて、通っていたのです。

そして、いつの間にか、本当に自然に、

「puppy for you...」と言う言葉を貰ったのでした。

あれから、20年が経ち、ジョンに評価して貰ったように

自分で沢山勉強し、体当たりでネットワークを作り

恥じらいを捨てて、捨て身で進んできて

今では英国のラブ展も、とても冷静に見る事ができます。

最初の頃は分からなかった事も、見聞や知識が広がる事で

今では、見える事も沢山あります。

今年のラブクラブ展は、残念ながら

エントリー数は220頭だけ

知り合いのブリーダー達も10人ほどは

来ていなくて会えない人たちも多かったのは

寂しい限りでした。

出陳犬や、入賞犬にしても、イギリスには、イギリスのタイプと言うか

好みがあるとしても、ちょっと残念な感覚は否めませんでした

今回私が感じた事を、ここで全て説明するのはムリですが

例えば、「ラブのパスターンはとても強く、

前腕は前から見ても、横から見ても、

地面と垂直でなければならない」と、明記されています。

これを文字面だけを読む事と

ラブと言う犬種そのものを理解したうえで

この犬種に必要な構成から、もっと科学的に考えるのとでは

まったく違う前腕がみえてきます。

ジョンが私に、貴方に知識があるとしたら

それは貴方が学ぼうとしたから。と言ってくれたけど、

一つの犬種を、本当の意味で勉強するって

実際は大変なんだなぁ、と痛感したショー観戦でした。

64699374_2244947405623326_8213417331968180224_n.jpg
64675293_2247789265339140_4280750812516319232_n.jpg
64574922_2244946878956712_485327786869784576_n.jpg
64542221_408146183112353_6835925675514265600_n.jpg
64441466_335828220444669_3891831812942462976_n.jpg
スポンサーサイト



【2019/06/28 22:20 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<英国記 番外編 | ホーム | 寄り道ブログ 英国記>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://norbulingka.blog75.fc2.com/tb.php/1001-d08afeee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |