FC2ブログ
さよなら
ジョンが亡くなった。。。。

英国記で書いたように、ジョンが重篤だとの連絡を受けて
会いに行った時は、思いのほか元気で
ウエールズに滞在していた時は
ジョンが愛した庭に夏の花を植えたり
好物のお寿司を作ったりして一緒に過ごしました

実は今回の渡英では、事前に「余命2週間から6週間」との
連絡が来ていたので、万一に備えて喪服一式を用意していました。

幸い滞在中は何事も無かったので
ロンドンから会いに来てくれたキアナに頼んで
持参した喪服や手袋、ヘッドドレスを全て渡してきました。

帰国後も、ジョンの様子は、キアナやシアンから随時連絡があったので
ジョンの最期が、痛みも無く、平和裏に逝った事も分かっています。

けれど、リンダ、ロータス、ジャスミン、そして、
今年の春にはキャリアドが逝き、
こうしてジョンが亡くなり
私の一つの時代が終わったと感じています。

とても寂しい。。。
書こうか、止めようか、と迷い迷いながら
どうしても、思いきれなかったけれど
今回私は、ジョンとの今生の別れに、二人で話をした事
そして、今の思いを、少しだけ、書き残したいと思います。

ジョン、ありがとう。
貴方が私にしてくれた事、
本当に感謝しています。
いつまでも、忘れない。。。。
17155944_10155085109674663_6742458107370951102_n.jpg
11257888_10153366750329663_4705996489497964461_n_20190727073812e9b.jpg
10304801_10152649189314663_7698432810093628470_n.jpg





スポンサーサイト



【2019/07/27 07:40 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
英国記 番外編
観測史上一番遅かった梅雨入り以降
毎日スカッとした青空が見えない毎日ですが
イギリスでのラブ展観戦後の私の心も
梅雨空のようにどんよりした気分でしたが
総集編は、最後に書く事にして
(まだ考えがまとまっていないの)
番外編を少し書きますね

2003年にビーヴァ―城という個人のお宅(??)で
英国ラブクラブ創部100周年記念のラブ展があり
私も観に行ったのですが
その時の会場になったビーヴァ―城へ
今回は観光に行ってきました。

16年前はここの敷地内の牧場が、ショー会場でした。
「ここからプライベート」と書かれた看板から
車で15分ほど走って、敷地内の会場へ着いた記憶がありますが
今回ゆっくり観光で訪れて知ったのは
ここの敷地は、何と!!8000000坪
はっぴゃくまんつぼ!

ちょっと想像が出来ませんが
英国のお城の多くは、今も城主が居て
実際に個人宅なのですが
中々維持管理が大変みたいで、
自宅の一部を有料で公開する事で、維持費を捻出しているのか
私達も見せて貰えるのが嬉しいところ。

お庭も城内も、スバらしい!!の一言!

写真が撮れる場所が限定されていたので、
イイ写真がありませんが。。。。。

62633023_2244939445624122_7369395338488053760_n.jpg
62116107_2244935285624538_6873846349792542720_n.jpg
62634528_2244939918957408_1446622376308506624_n.jpg
62630451_2244939722290761_56010496708444160_n.jpg
62416328_2244939712290762_4026101802104520704_n.jpg

ここの素晴らしさをウエブで見て下さい。

ビーヴァ―城




【2019/07/10 21:15 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |