花ざかり
ジャスミンが突然逝ってしまって、早一か月が過ぎようとしています。

あっという間の一か月でした。
今でも、買い物から帰って来た時に
裏のチップランのフェンスの所で、出迎えてくれている気がします

今年は、ジャスミンの旅立ちを見送るように
庭の花たちが、見事に咲いてくれました。

去年はさっぱりだったバラも咲き誇っています。

ジャシーが逝ってから、次々と絶え間なく
我が家の庭は花ざかり。。。。。

31035128_1548504408609338_1744116251_n.jpg
31956513_1554594821333630_2754642764950929408_n.jpg
31939834_1554594944666951_8902132418966716416_n.jpg
33304118_1570881966371582_4369028814404059136_n.jpg

31944784_1554595234666922_7717654114598912000_n.jpg
32212755_1559407507519028_1556306787257286656_n.jpg
33075233_1568011263325319_8282145493128052736_n.jpg
32887349_1568011346658644_6066642684284502016_n.jpg

あなたをわすれない。
スポンサーサイト
【2018/05/23 21:36 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
ありがとう
GWも今日で終わります。

ジャスミンの急逝から、もう2週間が過ぎました。
あっと言う間の2週間。

ジャスミンは、昔から私の寝室でみんなと一緒に寝るのが嫌いで
いつも一人だけ、自分の場所であるダイニングキッチンで寝ていました。
IMG_4768.jpg


他の子達は、みんな私と一緒に寝室へ行くのですが
ジャスミンは寒い冬でも一人で寝るのが好きでした。

IMG_2695.jpg


朝になると、私と一緒にみんなで起きるのですが
寝室にしている和室から、ダイニングに行くと
いつもジャスミンが出迎えてくれました。

夜中にトイレに立つとき、朝起きて来た時
ジャスミンが居る場所を見てしまいます。

あれっ?? どこへいったんだろう??って
思って目で探してしまう日々が続いています。

そんな中、毎朝お水とお線香を供えたあと
ここ暫くはお数珠を持ち歩いていたのですが
父の形見のお数珠を失くしてしまいました。
30430131_1543454499114329_969388592_n.jpg

色々さがしてみましたが、どうしても見つかりません。
常にポケットに入れていて、落としたのだろうと
気持ちも落ち込んでいたのですが
なんと!!
(自分で言うのもはばかられますが)、この広大な裏庭で
りりィが見つけて、咥えて、持って来てくれたのです。

IMG_1906.jpg

まったくの偶然だとは分かっていますが
とても嬉しかった!!

31946646_1554595211333591_6394899806287822848_n.jpg


ありがとう、りりィ!!
【2018/05/06 19:27 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
さよなら。
久しぶりのブログアップなのに
悲しい記事でゴメンナサイ。

先日、我が家の長老ジャスミンが
突然逝ってしまいました。

長老といっても、まだ12歳8か月
元気いっぱい過ごしていたので
これまで、13歳まで生きた子が居なかった我が家の
記録を更新してくれると確信していました。

26114143_1428079510651829_5734113051400844580_n.jpg
IMGP5813.jpg

ボール大好きで、飛ぶように走っていたし
池に飛び込んで泳いだり、痩せていましたが
とても元気に過ごしていました。

それが突然夕方に、軽くフードを一粒吐きました。
ほんの少しでしたが、草も混じっていたので
草を食べて吐いたのかな??と思っていました。

それから、おやつも食べたし、元気でしたが
1時間後位に、再び空嘔吐が始まり
連続して空嘔吐したかと思うと、
お腹がみるみる膨れて来ました。

私は捻転の経験が無かったのですが
捻転を疑って、近くの病院に電話すると
捻転かも知れないので、すぐに来てくださいと言われ
車で5分の獣医さんに走りました。

幸い早急に処置して貰ったので
捻転は軽く、手術で治まりましたが
予後が悪く、翌日の午後2時半に逝きました。

空嘔吐してから、たった、17時間でした。

手術の夜は入院していたので
翌日午前中に見に行くと、容態は芳しくありませんでした。

血液検査では、肝臓の数値が高く、血統が低下していました。

もうダメかも知れないと、直感したので

「もうダメなら、連れて帰りたい」と、言ってみた。

「長い間、一緒に暮らしたので
最期の時も一緒に居たいんです」と。

私の無理なお願いに快く応じて頂き
点滴を付けたまま帰宅し、
それから、30分でした。

こんなに突然のお別れをしたことがなく
あたまでは分かっていても、まだ気持ちがついて行きません。

ジャスミンは、他の子と違って
私の寝室でみんなと一緒に寝るのが嫌いな子だったので
リビングで寝ていました。

朝、みんなと起きて行くと、いつも出迎えてくれました

今は、まだ、
あれ??ジャシーはどこへいってしまったんだろう??と
ついつい、探してしまいます。

いつもバタバタと、無駄な動きが多く
ガサツなジャスミンは、最期もバタバタと逝ってしまいました

きっと今頃は、同い年のロータスと再会して
寛いでいると確信しているのですが。。。。。。

この世の生活さらりと捨てて
突然、天然の向こうへ行ってしまったあなたの
うしろ姿がぽつんとみえる。。。


またあおうね。

30867710_1543455559114223_2120626430_o.jpg


【2018/05/01 19:04 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |