FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
憧れのインドで
インドのお国柄を表しているような
交通事情はこれくらいにして・・・

皆さんは、インドにどのようなイメージを持っておられますか?

私は、元々ヨーロッパよりもアジアが好きです
ヨーロッパでは、古いものが大事に残されているし
スバらしい町並みにも感動しますが
宮殿内部の装飾など、美しい! 素晴らしい!と思うものの
ちょっとお腹いっぱいになってしまいます

しかし、アジアはオモシロい!
やはりDNAの中に共鳴するものがあるのでしょうか

インドでは、バスの車窓から
様々な風景を見ました。

都市部を離れると、本当に昔ながら、、というか
ちょっと想像できないくらい、貧しい風景が広がります
ガイドブックにも乗らない、庶民の生活風景を少し見てみましょう

IMG_2990.jpg
IMG_2992.jpg
IMG_2998.jpg
IMG_3002.jpg
IMG_3001_20180128153603d58.jpg
IMG_3004_20180128153933e22.jpg
IMG_3076.jpg
IMG_3091.jpg

熱帯なので、寒さ対策は必要ないから
窓も、入口のドアも無い。
乾季だったから、全てが土埃で薄汚れている

しかし、雨季となると、地面は泥沼化して
さぞ不潔だろうと思う

上から3枚目と、6枚目の写真を見て貰うと
家の壁に、丸いものが貼りついている

これは、牛のフンを丸めて、平らにしたもので
それを壁に貼り付けて、乾かして
燃料にするらしいです。
そう言えば、薪になるような樹木は無かったような記憶があります

ウシのフンの乾かし方にも地域性があり
写真の様に、家の外壁に貼り付ける地域と
一番下の写真の様に、地面に立てかけて乾かす地域があるそうです

洗濯は川です
IMG_2985.jpg

そして、何よりも驚くのは
家にトイレが無いらしく、家の外の青空トイレがフツーらしいです

これには困りましたが、確かに朝の時間帯などは
川原には何人かの人びとが屈んで用を足していました。
幸い私は途中で行きたくなったりしなかったので
辛い目には遭いませんでした。

豪華バスの車窓から流れる風景を見ていると
全てこんな感じなので、インドは貧しい。。。。と思うのですが
それは、日本から来た私達の感想であって
果たして、ここに住む人たちが、自分たちは貧しいと思っているかどうかは
いささか、怪しいと思っているのです。

確かに、見た目は、日本と比べて貧しいように感じるけれど
私は貧しさよりも、この土でできた家の、ドアも無い戸口から
目を見張るような、深紅のサリーを纏った女性が出てきた瞬間
言いようのない、感動に包まれました。

用を足すにしても、私達には、「トイレでする」という概念があるから
困る訳で、
もし、移動中トイレに行きたくなった時に、
脂汗を浮かべながら、我慢するか
さっさと、バスを止めて貰って
道端の茂みに入れるか、を比べると
どっちが幸せかと思うと、答えは簡単です

何となく、自分の固定観念を覆される連続だったのです



スポンサーサイト
【2018/01/28 16:00 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
インド巡礼
道路事情がお国柄を良く表していると書きましたが
今回の旅行では、殆どが車での移動だったので
様々なビックリ場面に遭遇しました。

先日の高速道路逆走に始まった
この無法地帯とも言うべき、インドの道路事情を
もう少し書いてみたいと思います。

鉄道の踏切での風景
遮断機は下りているのに
だれも待たない、止まらない
遮断機をくぐって、どんどん線路内に突入

IMG_3096.jpg

そのうち、列車が来る!
列車も人も、バイクも自転車も
全部が線路内。

コワいです

IMG_3097.jpg
IMG_3098.jpg


そして、ビハール州に向かって進んでいた夕方
予定では4時間くらいだったと思いますが・・・

夕方の帰宅風景は、一台の車に
定員オーバーのパレード!
とにかく、人も物も、積めるだけ積んでいるので
ノロノロ運転。
これが、次に来る渋滞地獄につながる

IMG_2933_20180118204042434.jpg

IMG_2935.jpg

この道路、片側一車線の対面通行なんですが
向こう行が混んでくると、片側一車線に
どんどん車が突っ込み、片側に3列ぐらい車が横並びになる

当然 「フン詰まり」になる。

そのうち、信号のない交差点に差し掛かる時点では
片側一車線の道路の交差点だから
四方から、1列ずつの車が来るはずが
四方から、3列ずつの車が、交差点に無秩序になだれ込み
もう、もう、にっちもさっちもいかないほど
交差点内は、カオス。

この時の状況を的確に表す日本語を、私は知らない。。。。。。
IMG_2946.jpg
IMG_2947.jpg
IMG_2948.jpg

これ、交差点内ですよ!
人と車とバイクが、四方から全部ツッコんできて
もう、もう、もう、どっちにも、1ミリも動かないんです。。。。。

IMG_2949.jpg



【2018/01/18 20:55 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
憧れのインドで
ちょっとプライベートな事情で抜けましたが
また、続きを書きます

インドの道路は、国を良く表しています。
この道は確か高速道路だったように記憶していますが
この路駐の多さにはビックリ
左側はずらぁ~~~っと路駐のトラック
IMG_2919.jpg


それに、錆びて、破れたフロント部分を
オジサンが手で何とか元に戻そうとしているし
IMG_2922.jpg

路駐で一車線なった道をゆっくりと、かろうじて進んでいくと
今度は渋滞。
勿論電光掲示板や、道路情報の放送もないので
この先、どれほど渋滞が続いているかも不明。

バスは全く動かずに、渋滞の先の様子も分からない。
しばらく我慢していた運転手さん

そのうち、「ちょっと揺れますが。。。」とお断りの言葉に続いて
何をしたか??!!

正解はこの写真
IMG_3088.jpg


IMG_3089.jpg

がたんっ、と大きく揺れたかと思うと、バスは中央分離帯を乗り越えて
反対車線へ。。。。

つまりは、逆走!!
あっ、前から車が来ているし!(当たり前だけど)
IMG_3093.jpg
IMG_3082.jpg

IMG_3090.jpg

パパラ、パパラ、パパラぁ~~~!!と
その昔、暴走族なるものが良く使っていた
あの大げさなクラクションを鳴らし続け、
ずぅ~~~っと、空き空きの反対車線を走り続ける、私たちのバス。
あっ、運転手さん、前から車が来ていますよ!!と
何度も何度も叫び、(もちろん日本語は通じないが。。。)
負けじとクラクションを鳴らす、前から来る車に
(この車たちは普通に走っている。私達のバスが悪い)
ドキドキ、ハラハラしながら走り続ける、私たちのバス。
コワい。。。

そして、ふと見た、隣の車のシャシーの部分には
それよりも、もっと恐ろしい光景が。。。。
IMG_3094.jpg

バスの窓ガラスに内部が写って見難いけど
この隣を走る車の下には、何が見えますか??

そう、走行中の車のシャシーに、ハンモックを吊るして
人が寝ている。

あぁ、カオス。
憧れのインド
【2018/01/17 20:50 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
憧れのインドで
ニューデリーに到着したのは夜だったので
そのままホテルに直行。
総勢8人だというのに、このバス。

IMG_2902.jpg

到着したホテルも立派で、ウレシイ
IMG_2905.jpg
IMG_2903.jpg

翌日ホテルの近くを散策していると、露店があって
持参したパンを齧ろうとしていたら、店の子が欲しいと言うので差し上げた
IMG_2967.jpg

ホテルの朝食。
IMG_2904.jpg

さぁ、今日からインド巡礼だ!
運転手さん二人と、現地のガイドさんも加わり、総勢11名になって
豪華なバスに乗り込み、驚きと感動の日々が始まったのであります。

日本から6500㎞、
丸2日かけてお釈迦様が法華経を説かれた場所
霊鷲山に辿り着きました
この場所から見た朝日は、2500年前にお釈迦様がご覧になられたものと
同じものだと思うと、感動を覚えました(四方上人の冊子より)
IMG_2955.jpg

今では、密林の中に突然この場所が現れますが、
当時はマガタ国の首都、王舎城が眼下に臨めて
今とは違う風景だったと思います

IMG_2951.jpg

道中
朝が早かったので、露店の商品を運ぶ人が多かった
IMG_2966.jpg
IMG_2962.jpg


頂上で
白装束の人がいっぱいだったけど
この人たちは全てタイからの巡礼者
タイの人達は黄金色の物を張り付ける習わしがあるようで
頂上や道中の岩は、金色のステッカー(??)がいっぱい貼ってあった
IMG_2952.jpg

ガンジーが火葬されたラージガード

IMG_2910.jpg

そこでフツーに遊ぶ野良犬たち
IMG_2909_20180106084719c95.jpg


広大なインドなので、バス移動が多かったのですが
その道中は無法地帯。

路駐がずら~~っと並んでいて通れない道も多く、、、
(右側は全部路駐の車)
IMG_2919.jpg


その場合は、どうすると思います?

この答えは、次回です!!









【2018/01/06 08:50 】
未分類 | コメント(1) | トラックバック(0)
新年あけましておめでとうございます!
新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

今年はブログ頑張ります。

2018年、平成30年が始まりました。

まずは、今年のご挨拶!

昨年大晦日、裏庭にて。。
26114079_1426861144106999_5575376445839680917_n.jpg

今年のご挨拶は、りりィと。
26165761_1426866224106491_6144056824401328304_n.jpg


去年は何かとバタバタして、色々な出来事がありました。
今年の出来事は、まだ始まっていないので
今年の抱負を語る前に、ちょっと振り返りブログと言う形で、
去年の回想から始めていきたいと思います。

自分自身も、去年を振り返りながら
今年の展望を見つめたいと思っています。

2017年2月に、娘の嫁ぎ先が企画された
「仏教遺跡を訪ねる旅」として、インドへ連れて行ってもらいました。

インドは、ずっと以前から行きたかった国の一つでしたが
中々チャンスに恵まれなかったので
娘の旦那さんから、「お義母さんもどうですか?」と言われたとき
二つ返事、どころか五つ返事で、「はい、是非とも!!」とお返事しました。

メンバーは、娘の旦那さんであり最然寺住職の、一智さん
ご近所の實相寺住職、四方行紀上人、
小谷法尼、檀家さんから3名と私、そして日本から随行して下さったガイドさん
合計8名でした

関空からエアーインディアで、香港経由ニューデリーへ

旅行記は、四方上人が帰国後編集して下さった冊子も交えながら
書いていきたいと思います。
【2018/01/04 18:52 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。