スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
5月の結婚式
今日はラブ話題では無いのですが
ロータスやキャリアドの実家バルライオン犬舎のお嬢さん
キアナが5月にカリフォルニアで結婚式を挙げました。

私は実はサウジーより早くお婿さんのマイケルと合っていて
サウジーからも、「母親の目で見て、報告してや~~」と頼まれていた(笑)

キアナは、ここへ引っ越してきてすぐの頃
1か月ほど、我が家にホームステイしていたりで
去年招待状を頂いて、すぐに出席の返事を出していました。

彼女たちのお式の詳細は、ウエディング・ドットコム、みたいなサイトに載っていて
そこから色々な情報を得るシステムになっていました。

日本の場合、お式に出席する場合は、大体お祝いとして
金一封を包んでいきますが
北米では、お祝いをお金ですると言う風習が無く
殆どが、品物です

しかし、渡米しての参列なので、大きな物は持って行けないし
どうしようかと悩んでいました。
で、私が「さすがだな」と思ったのは
「ウエディング・ドットコム」みたいなサイトがあって
そこに自分たちのお式の詳細を載せる。
参列予定者は、それを見て、時間や、式次第を知る

そして、「さすがの極み」は
ここに、「欲しいモノ一覧」みたいなページがあって
参列者以外でも、お祝いをする人たちは
このページから、物を選ぶ。

つまり、欲しくも無いものを沢山貰っても、正直迷惑だし
本当に要るもの、欲しいものを、このページに羅列して
お祝いする人達は、その一覧から、自分の予算にあったものを
買っていくというシステム。

身内で、関係の深い人は
冷蔵庫とか、自転車とか、ベッドとか、箪笥とか
洗濯機とか、○○万円クラスのものを選び
同僚で、参列しない人などは、玄関マットとか
マグカップとか、2~3千円のものを選ぶ。

勿論、欲しいモノ一覧には値段も付いている

これで、みんな予算に合ったものを選べるし
それらすべてで、ほぼ新居がきちんと整うと言う仕組み

これはイイわ!!と思い
早速サイトに入って、贈り物を探そうとしましたが・・・・
なんとっ!!
私達は、物欲が無く、新居のフラットも狭いので
何一つ欲しいものはありません。と書いてあった!!

これは、予定外!

悩みに悩んだ挙句、豪華できれいな金封を買い
ドルも買って、包んでいったわ。

当日は、関空からサンフランシスコ直行便を振って
成田経由でシスコに入った。

これは、やっぱり日系に乗りたかったから。

シスコでは、サウジーが空港まで迎えに来てくれて
そこから車で2時間弱の、カリフォルニア・モントレーにある
カーメルを目指しました。

カーメルは、サウジーのホームタウン
素晴らしいところです。

今回は、サウジーの妹さん一家が経営すると言う
BBに滞在することになっていました。

さぁ、ここから結構大変だった
今回のウエディングツアーが始まったのでした。。。。。。

続く・
スポンサーサイト
【2016/07/25 19:46 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
山中湖遠征
何年か前から、恒例になっている8グループ展ですが
これまで一度も参加したことがありませんでした。

チェックしてみると、2デー/6ショーの盛沢山企画で、
一日目は、午前中にオールブリードショー、
終了後に、8グループ展と9グループ展と言う、
ちょっと忙しそうな企画だったので、かなり迷いましたが
りりィの兄妹2頭が山中湖にご縁を頂き
仔犬たちが行ったお家から、ショー会場まで10分との事。
やっぱり、仔犬たちにも会いたかったし、
意外にも、師匠の三原先生が、一緒に行くと仰ったので
思い切って出かける事になりました

ショー自体は、先週行った大阪とは違って、会場も広く、美しく
とってもオシャレな感じでした。

まぁ、内容自体は、先週とほぼ同じでしたが
今回の遠征では、私にとって、大きな収穫が3つありました。

一つは、勿論ユリの子犬たち2頭を初めて訪ねられた事
りりィと花梨を連れて、訪ねてきました
森の中の大きなおうちで、立派に育っていました

IMG_1853.jpg
IMG_1855.jpg

前日の金曜日に子犬たちを訪ね、
その日は、山中湖畔のロッジで前泊。

道中と前泊の時に、師匠と沢山お話しできまして
先生の愛情あふれる??辛口指南を沢山頂きました。

以下は、二つ目の収穫だった、三原語録。(赤字部分・・)

私が、ちょっとだけ、友達のラブちゃんをコメントすると。。。。。

  『 おまえなぁ、実績も無いのに、講釈垂れるな。 
    ラブ談義は良いけど、他人に講釈垂れるのは、まだ早い。 』

 はい、その通りでございます。
 私には、まだ「実績」はありません。
 先生の言う「実績」というのが、一体何なのか、私には良く分かっているから、
 これは大きな励ましでした。


或るブリーダーさんについて、先生が「一種狂気」に近いほど、だと言うので
私が、へぇ、、、そうですか。と答えると、

  『 きっと、あんたも狂ってると言われてるで、』

 はい、その通りでございます。
 私は狂気のこだわりを持っています。
 これは、大きな褒め言葉でした。

当日ブリード戦を終えて、先生に「ハンドリングどうでした?」と聞くと
「いまいちやな」と言うので
「どこがダメですか?」と聞いたら
「まず、犬との距離感」と言われたので
「他には、何か直すところありますか?」と重ねて聞くと。。

 『おまえなぁ、三流なんやから、たくさん指摘したところで
  一つくらいしか直せないやろ?
  今日は一つだけでヨロシイ・』


 はい、その通りでございます。
 まず、一つだけ直すようにします。

上記は、殆ど人前で言われたので
言葉面だけ見ると、ヒドイ事を言われた感がありますが
真意を汲み取ると、わたし、かなり評価されたな。と嬉しかったです。

そして、何でも一流を目指せと言われたので
Kさんに総合戦のハンドリングを頼みました。

これが、3つ目の大きな収穫。

一度お願いしたいと思っていたのですが
今回初めて実現しました。

リボンをゲットしたいなんて、全く思わなかった
ただ、自分が一番知っている筈の、自分の犬が
彼のハンドリングで、どう変わるか?
ただ、ただ、それが見たかった。

そして、、、、見た。
一流のハンドリングを。。。。。

りりィのつま先から、シッポの先まで
全身に神経が行き渡った、繊細、且つ、正確なハンドリング
りりィに合わせたハンドリング。

私の横で見ていた先生も
「犬が違って見えるな。 これがプロのハンドリグや」と。。。。

リボンはゲットできなかったけど
素晴らしいものを見せて貰って、とても感動しました。

後から、りりィについて、
「忙しくなくて、正確に動けるね」と言って貰ったし
私が気に入っているヘッドの、「2年後」をきちんとイメージしてくれたし
ジャッジの評価より、ずぅ====っと嬉しかったです。

りりィにも良い経験をさせられたと思う。

これは、見る目が無いと分からない。
単にウマい!!と言うレベルで見てはイケない。
何か学ばないとイケない。
そういう意味では、本当に大きな収穫でした。
ありがとうございました。

帰宅したら、夜中だったけど
大きな収穫を得た、2日間の遠征でした。

皆さん、お疲れさまでした。
ありがとうございました。

これまでも、色々あって、時折心がめげることもありますが
どんな出来事も、私の情熱に水を差したことなど無い。

外野の話は、面白かったり、残念だったり
腹が立ったり、悲しかったり、で
それなりに、思うところは多いけれど
いつも、言い聞かせる

外野は黙っとれ。
私には、夢がある。
そんな事では、何一つ傷つかない。

一流の愛情溢れる??辛口コメントで評価して貰って
一流のハンドリングを見せて貰って、
一歩進むことが出来た、2日間でした

とっても素敵な会場でした。
夏の富士山
IMG_1864.jpg

言葉では言い表せない、感動のハンドリング。。。。
IMG_2767.jpg
IMG_2771.jpg
IMG_2773.jpg

三流の私のハンドリング(笑)
IMG_2803.jpg

午後の8グループ展では、姉妹の花梨がBOB
そして、リザーブクィーンをゲットしました!!

IMG_2823_20160703214136182.jpg
IMG_2830.jpg



    



【2016/07/03 21:44 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。