スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
AI覚え書き
今年の3月にAIを計画した際、
ユリアのプロゲステロン値は、乱高下しました

発情出血の見落としが無ければ
通常出血後8日目くらいで、一回目のプロゲステロン検査をしています

地球上で、犬と狐(たぶん狐だったと記憶していますが、間違っていたらすみません)だけが
未熟な卵子を排卵します。

犬の場合、排卵された卵子は未熟で、受精能力がありません
排卵後60時間以上かけて成熟します。

つまり排卵後60時間後が交配適期です。
だからこそ、チルドによるAIが可能となります。

プロゲステロン検査で、排卵がわかります。

普段のプロゲステロン値は、1.0ng/ml以下ですが
発情出血が始まると、だんだん上昇します

様々な見解から、様々な論文が出ていますが
私は、まず2.0ng/mlを見つけ、そして5.0ng/mlで排卵と言う見解を信じています

3月の時は、2から上昇せず、何度も測定に行く結果となりました

排卵日が確定できず、モタモタしている間に、
どうしても土日を挟むようになります
そうなると焦ります。

家系によって、または個体によって、
メスのプロゲステロン値上昇の癖のようなものが
あるのかも知れません

ジャスミンは、出血発現後7日くらいで排卵します
通常はもう少し後ですので、自分のメスの排卵リズムを把握するため
AI実施の前の発情時に、プレ検査をするのも手法かも知れません

しかし、2を超えると、普通翌日か翌々日には排卵日を迎えるので
土日が迫ると、予測することになります

で、3月の時は、2を超えた時に、5を予測してオーダーしました
精液は翌日に届く予定となりましたが
プロゲステロン値は上昇しませんでした・・・・

しかし、届いた精液は取りに行かなければなりません
関空まで行って、手続きしましたが
何という、不運というか、幸運というか
精液は経由地でドロップしていました!
つまり、書類は来たのに、現物は届かなかったのでした!

これは、私も初めての経験でした!

スポンサーサイト
【2015/12/19 19:43 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
AI覚え書き
時々熱心なブリーダーさん達から
AIに付いて、色々と聞かれる事も多いので
少しでも参考になればと、今回改めて経緯をアップしようと思います。

ただ、今も色々と迷いながら、どこまでアップしようかと考えています。
良いことばかりでは無いので、悩んでいますので
支離滅裂になったり、前後が逆になるかも知れませんが
ボチボチ書き始めます。

ユリアは私のメンターの一人である
英国バルライオン犬舎のジョンとサウジーから譲り受けた
キャリアドが、2011年12月に身重の体で来日してくれて
翌1月に私の所で生まれました。

パパは、E.Sh.Ch Lindall Redemption
6ac6ab2ba431fc069c0ea1f559058160[1]

ママは、Balrion Weathertop Pretty Polly
IMG_3805_2015121418210247a.jpg

大きくなって様々なヘルスクリアランスをパスして
いよいよお婿さん捜しとなりました

色々と探したあげく、ポーランドに或る
サラセニア犬舎の男の子に決まりました

最初の挑戦は、今3月でした

この時は、プロゲステロン値が中々上がらず
乱高下したりして、排卵日を特定するのに苦労しました。

海外からチルド精液を輸入する際に気をつけなければイケないポイントとして
相手国からの発送日が、週末の土・日に重ならないかという点があります。

日本は精液についても、生体と同じように
輸入検疫検査を要求しているので
輸入した精液は、チルド・フローズンに拘わらず
正規の証明書が必要で、それを添付の上で
検疫検査を受けなければなりません。
証明書には、相手国のライセンス獣医と、オフィシャル獣医のサイン及び
政府の公印が必要です

しかし、殆どの国では
週末は公的機関が閉まっているので
オフィシャルなサインや公印を貰えない場合が殆どです。

時差の関係で、殆どの国から発送後
日本着は翌日となるので、上記を考え合わせると
相手国から、土日の発送が出来ないとなると
日曜日か月曜日のAIは、不可能と言う事になります。

チルドの場合は、新鮮精液をバッファと呼ばれる
特殊な保存液に溶かし込み、一定の低温(通常+5℃)をキープしながら
日本に届けます。

この時の保存容器は、色々なメーカーが出していますが
写真の通り、結構簡易です。

採取後の容器内部の写真
12043186_875165259203785_792638574753354389_n[1]

日本到着時の写真
IMG_9361.jpg

しっかりした硬質の発泡スチロールの容器で
真ん中に精子が入ったバイアルを入れて
左右に保冷剤が入ります。

きっちり蓋をして、紙箱に入れて発送してくれますが
私の経験から、真夏の時期は、この容器で
長時間保冷状態を保つのは無理かと思います。

因みに、以前7月にチルドを入れた際、
採取から18時間で到着したのに、両側の保冷剤は
殆ど溶けていました。

私は上記の経験から、保冷剤を凍らせて持って行き
検疫が済んだら、差し替えることにしています

もう一つは、到着貨物を扱うオフィスに
+5℃の冷蔵庫で保管して貰うよう、リクエストします
炎天下に放置されたら堪りませんから。







【2015/12/14 18:43 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
師走に入り・・
慌ただしかった11月も過ぎ
師走に入って、色々と書きたいニュースがありますが
順不同で、今日はユリアの快挙をアップします

実は10月にAIで交配し
昨日無事に、、、、、、
何と! 9頭のpuppyを無事に出産しました。

自嘲を込めて 「少子高齢化ケンネル」 の看板を上げていましたが
18年ぶりの大きなリッターサイズで、
元気に生まれた9頭のpuppy達のお陰で
看板を下ろすことにしました!

その上、いつもは男の子の割合が多かったのに
今回は、女の子5頭、男の子4頭で
「♂腹」の看板も下ろそうと思います。

無事に生まれるまで、堪えに堪えてアップしなかった
今回のAIでしたが
少しずつ、苦労話も含めてアップしていきたいと思います

まずは、元気な9頭兄妹の写真を見てやって下さい。

ユリア、ありがとう!!IMG_0750.jpg
IMG_0760_201512112203561ae.jpg


【2015/12/11 21:56 】
未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
法灯継承式
師走に入り、急に寒くなりました。

今朝の「あさが来た」を見ていると
襲名披露の話が出ていたので、ふと思い出しています

お天気がパッとしなかった11月でしたが
先だっては、娘の婚家でも大きな式典がありました。

法灯継承式、晋山式、色々と呼び名はあるようですが
平たく言えば、お寺の住職の交代式でした。

大変大きな式典で、岐阜の後は
準備に掛かりきりでした
12270073_10153083802902085_32913466_n[1]
お一つ7桁の欄間やお道具
12270542_10153083802932085_1153742253_n[1]
沢山の方々が紋入りの半被でお手伝い下さいました
IMG_0686.jpg
IMG_0685.jpg
IMG_0687.jpg

天気予報は、ずっと雨マークでしたが
そこは「究極の晴れ女」
「大丈夫、降りません」と大見得切っていたのですが
内心はドキドキ。

当日は20名を超える、稚児行列から始まるので
せめて午前中くらいは降らないで欲しいと
心から願っていた甲斐があり
曇り空ながら、なんとか雨はセーフ。

近くのお寺から稚児行列が出発し
古式ゆかしい雅楽の先導で、当山まで練り歩きます。
警察も出動の大行列でした
IMG_0678.jpg

私は奥の担当だったので
残念ながら稚児行列は見られませんでした・・・

これから庫裏として頑張る事になる
娘の晴れ姿
この新居も前日娘と一緒にめいっぱいお掃除しました!
IMG_0674.jpg
参列下さったお寺の方々
IMG_0680.jpg
晴れて法灯を継承されます
IMG_0684.jpg
IMG_0676.jpg

せめて午前中は降らないで欲しいと願った雨は
午後も降らずに、一連のお式が滞りなく終わり
晴れて清式のお席にうつり
大きなお役目が終わりました
IMG_0689.jpg

若い二人には、これからも頑張って欲しいと願を込めた
晩秋の一日でした

【2015/12/01 09:07 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。