スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
先日シェアした記事から・・・
今日は暑かったですね!
ここも真夏日になりました。

裏庭ランで、連日「草抜き」をしている私は
少々暑さでボォーっとしてしまいました。

先日フェイスブックで、シェアした記事があります
ジャスミンのパパ、マックスのブリーダーであり
友人である、ドイツのEVYさんのページからシェアしました

http://chicchoix.com/blog/?p=4663

今日の猛烈な暑さでぼんやりした頭で、
この「How to be a good breeder and a dog person」を
少しずつ、私なりに読んでみました・・・

1.は、私が先日ブログに書いた事にも通じると思います
私は、その中で「ブリーダーとは常に厳しく孤独なものだし
ブリーディングとは、自分の中に1本、ぶれない芯を持っていないと
続けていけない」と書きました。

大げさに聞こえるから、あまり人には言わないのですが
私が信じる大切なポリシーの一つに
ブリーダーは、例えば、これまで、もしくは現在、
世界を席巻する様な素晴らしい犬が居たとして、
そして、その子を自分が素晴らしく好きだったとしても、
それを目指していたら、一流にはなれない。
自分の心の中に、もっともっと上の
『夢の犬』(私なら夢のラブラドール)を
きっちり描けないと、良い繁殖は出来ないと信じています。

もっと軽く、簡単で良いんじゃないの?と思う人達も多いと思いますが
そう思う人達は、別にそうしたらいい事なのです。

今日の暑い裏庭ランでポーズを取るジャスミン嬢と
綺麗に咲いたパープルガーデン
IMG_8050.jpg
IMG_8048.jpg
IMG_8047.jpg



********************************

素晴らしい愛犬家とホビーブリーダーになるための10箇条

どうしたら素晴らしい愛犬家やブリーダーになれるか、
単純な答えは見つかりません。
しかし、これらは私が信じる10箇条です
愛犬家やホビーブリーダーは、いとも容易くこのルールを忘れます
これらは、私が様々な場面で守ってきたルールです
それによって、自分が道を踏み外すのを防いできました
私も長年の間には、数々の失敗を重ねてきました
そして、その苦しみの中から得たものです

1. いつもあなたらしくいてください。自分自身の夢を追ってください。
  自分の中に、独自の理想の観念を完璧に作り上げてください。
  そしてそれをガイドラインとして心に留めておきなさい。
  他人の話に耳を傾けたり、人の歓心を買い始めると、
  そのレッドライン(譲れない一線)を見失うでしょう。

2. 大半のブリーダーや愛好家とは
  常に一定の距離を保っておいてください。
  残念ながら彼らの大多数は、後々あなたの足を引っ張ろうとするでしょう。
  友好的で礼儀正しくありなさい。
  本当の友人を見つけ、dog people以外の人も愛しましょう。
  常にたくさんの競争があることと、
  いつも同胞から最善のものが得られるとは限らないことを
  覚えておきましょう。
スポンサーサイト
【2014/05/29 22:32 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
ユリア、おめでとう!
晴天の日曜日
ドラゴンハットで、訓練競技会がありました。

ユリアとアイが挑戦。

訓練競技会って何年ぶりだろう??

ダイアナのママ、花梨ちゃんと良く行っていたので
ほぼ20年ぶり?

午前8時までに集合でしたが
行ってみると、出番はお昼頃。
ピー天の暑い日だったので、アイはバテて撃沈!

出足は良かったものの・・・
IMG_8038.jpg

そのうち、溶けてきて・・・・
中盤以降は、完全にメルト!
IMG_8039.jpg

しかし、もっと後で出たユリアは・・・・
同じ条件なのに、暑さをものともせず
IMG_8040.jpg
ママとぴったり呼吸を併せて進みます
IMG_8041.jpg
ミス無くゴール!
IMG_8042.jpg

ユリちゃん、ガンバってトレーニング・チャンピオン完成!

先日ショーチャンピオンになったから
これで、いわゆる 『フルチャンピオン』

JKCでは規定ありませんが
KCは、ショーチャンピオンはタイトルに、Sh.Chと付き
フルチャンピオンは、Chとなります。

ユリちゃん、英国式なら CH NORBULINGKA SEPTERD ISLE !!

フルチャンピオン おめでとう!

撃沈の私は、ドラハで衝動買いのベッド!
これからは暑いかなぁ~~と思ったけど
安かったのでゲット。
IMG_8045.jpg


みんな気に入ったみたいで、リラックスして寝てくれたので
買って良かった!

アイも秋にまたチャレンジします。 
【2014/05/27 21:07 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
子犬達来訪!
今年の1月で2才になった、キャリアドのファーストパピー達
九州へ行ったデュアル以外の4頭が
先日揃って遊びに来てくれました!

康太、ユリア、スミレ、そして、Q。

ランに放つなり、全員池に消えていって
すぐにビショビショ・・・

みんな大はしゃぎで、後から生まれたナツメや
キャリアドママ、そしてアイリス、ロータス、ジャスミンも
全員一緒に走り回って遊びました。

はしゃぎすぎのQは、お家の中でクールダウン
とってもオトコマエ!!
IMG_8015.jpg


久しぶりの記念写真!

IMG_8022.jpg

前列は、ロータス
2列目左から、キャリアドママ、ナツメ、アイリス、ユリア、康太
3列目左から、Q、ジャスミン、スミレ

今週競技会へいく、ユリアとアイは
お互いに手をつないで、健闘を誓いました!
エイエイオー!!
IMG_8025.jpg

みんな元気で、素直で、健康で
お祖母様のわたしにとっては、とても嬉しい春の一日でした。

みんな、ありがとう!
【2014/05/23 20:15 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
ご縁・・・
お正月も、バレンタインも、ホワイトデーも、GWも
祇園祭も、大文字も、花火大会も、
クリスマスも、

一年で彼と過ごしたいだろうと思える、
どの日も家に居る・・・・

勿論外泊などしたことがない・・・・

何度か聞いたけど、彼氏居ない歴10年近く

ひつこく聞くと、挙げ句の果てには

「お母さん見てたら、結婚に夢なんか持てないし。。。」と言われ

真剣に反省したり・・・・

あぁ、この子はきっと独りで生きていくのだなぁ・・・と

心のどこかで思い始めたり・・・・

それが、突然に

「会って欲しい人がいます」と言われ

本当に驚いたのが、2月。

もう若くないから、とんとん拍子に話は進み

あれよあれよと、衣装合わせ

image(1)(2)(3)(4)(5)(6).jpeg
image(1)(2)(3)(4)(5).jpeg
image(1)(2)(3).jpeg
image.jpeg

そして、先日には婚家にご挨拶

素晴らしい新居も見せて頂き。。。。

sinkyoのコピー
IMG_2933.jpg
IMG_2929.jpg
IMG_2934.jpg


その、あまりの綺麗さに、娘が維持できるかどうか

不安が心をよぎる・・・

嬉しいやら、寂しいやら、心配やら・・・

そんな思いを無視して、事が進んでいるこの頃

爽やかな5月。光が満ちて、風は心地よく・・

それでも、やっぱり、胸がいっぱいの母です



【2014/05/10 12:55 】
未分類 | コメント(1) | トラックバック(0)
Midas
先月末に旅立った、Midas

Midasとは、触ったもの全てを「金に変える」という神様らしい

私も欲しいわ。

そんな Midasの最新画像

パープルのパピーカラーを卒業して
ちょっとお兄ちゃんのカラーに変わった、Midas

辛口の思いを、不甲斐ない自分への戒めで書いた後だし
カワイイ写真で癒されよう!!

メチャ、カワイイし!!


10325766_313522142133080_5170342558710188342_n[1]
【2014/05/05 15:33 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
ブリーディング・・・
先だっての渡米中に、聞いたこぼれ話から
つれづれに思った事を、独り言で書きます
少し支離滅裂で、可成り辛口かも知れません。

英国の有名スタッドの一頭が、もう交配しないとか・・・

理由は、或る子犬のオーナーからクレームがあったらしく
細かな事は聞いていないのですが、多分股関節か何かで
若干数値の高い子が出たとか、そんな事だったと思います。

それで『そんなことを言われるくらいなら、もう金輪際
この子の交配は止めにする』とオーナーさんが決めたらしい。

とても良いスタッドだったので、残念な話なのですが
ブリーダーとしての気持ちも良く分かります。

この頑固な英国のブリーダーの姿勢は
私に様々な事を考えさせてくれました。

先日友人のブログにも書いたのですが
ブリーダーというものは、厳しく孤独なものだし
ブリーディングというものは、一本、ぶれない筋を
自分の中に持っていないと出来ません。

私の「子犬譲渡確認書」にも記載していますが
現在DNAが解明されている病気については、
交配時にほぼ100%ブリーディング・プログラムで防げますが
関節の異常などは、様々な要因が関与し
またDNAも解明されていないため、私たちブリーダーの力では
完全に防ぐことはできません。

ましてや、子犬達が将来どのような病気にかかるか、掛からないかも
断言することはできません。
人間も、将来どのような病気になるかなど分からないのと同じです。

先日書いた通り、この頃は聞きかじりの稚拙な知識だけで
勘違いされている方も多いです。

この英国の友人も、多分理に合わないクレームで
ブチ切れたのだと思いますが・・・
私もブリーディングを続ける中で、凹む事が多々あります。

その中で最近思うことは
シリアス・ホビーブリーダー、つまり子犬の売上を
生活の糧にしないで、趣味でやっていると言う割には
自分たちのラインに残す予定のないブリーディングを
するブリーダーも多いと言う事

数年前にJKCがAIを解禁した時、その規定の中で
牡牝ともに一度は自然交配で子犬が生まれていないとイケナイという点で
私は可成り折衝しました。

つまり一回目からAIが出来ないと言う事は、何故??

それなら一度は不本意なブリーディングをしないとイケナイ事に
なりかねない。

ブリーディングで生まれる命は、どうするの?
ブリーディングとは、命を作り出すと言う事ですよ。

しかし、周りには自分のラインを向上させるためのストックを
残す予定もないのに、ブリーディングをする人達がいます

理由は様々でしょうが、私には理解出来ない。

ブリーディングと言うものは、考えて、考えて、考えた上で
一生懸命考えてやっても
その通りにはならない、難しくて、悲しいもの。

フィールドでも、ガイドドッグでも、ショードッグでも
スタンダードは一つの筈

盲導犬が良い例なのですが
大きな使命を全うするために、犬質よりも
健全性・機能性・訓練性・性格を重視する余り
スタンダードからは遠く隔たったクオリティになっている

フィールドも同じ

本来のブリーディングでは、そのクオリティは勿論のこと
私たちは、その性格や健全性も同様に重視し、プログラムを考えます。

そうして生まれた子犬達の中で、自分のストックとして残せる子が
一頭でも生まれたら大成功。それほど低い確率です。

それ以外の子達は、ストックとしては外れるかも知れませんが
ショップで売られている子犬達と比べると、雲泥の差で
クオリティは勿論、性格や健全性も優秀なはずです。

その子達は、一般家庭に行きますが
十二分に家庭犬として暮らせる筈なのです。

しかし、パピーミルなどが、上記を一切無視した酷いプログラムで
子犬を生産して、ショップがそれらを陳列販売し
無知なオーナーが買いに行くので、事態は少しも良くならない

私の先生が言っていましたが
真剣なブリーダーの足を引っ張っているのは、パピーミル。
真剣なブリーダーは、勉強して、努力して、一所懸命やっているから
それなりにお金も時間も使っている筈

そんなブリーディングから生まれた子犬達でも
パピーミルが無闇に繁殖する膨大な子犬達のせいで
ストック以外の子犬もなかなか売れない。

しかし、性格だけ重視とか、予約が入っているから・・とかで
ストックする予定のない、販売目的のブリーディングをするのも
実はパピーミルと同じではありませんか?

全てにおいて1%でも良いブリーディングをしようと
泣きながら、一生懸命やっているのに、何か一つだけを重視して
つまりそれ以外の事は、少々目をつぶって・・などという
安易なブリーディングなら、課題は一つでも減るのだから
ブリーディングは、簡単になる。

しかし、真のブリーダーとしての姿勢からは程遠い。

私も若い頃と違って、他の人達の生き様や
やり方、物事に対する処し方、考え方などを
一々気にしなくなりましたが、こと犬に対しては
やっぱり考えさせられ、凹む事も多いです。

私が、どんな協力でもやりますが
エージェントはしません。というポリシーを持っている理由は
意地悪でも、出し惜しみでも無く
やはり自分で経験し、努力した結果からでないと
本物は生まれないと思っているからです。

自分の目で見て思った事、
自分で触って感じた事
自分で考えて掴んだ事
自分で体験して学んだ事、

これらはブリーディングだけでなく
どんな事においても大切だから、
ガイドはするけど、後は自分でやって下さいと言います。

自分でやることで、真のブリーダーは生まれます。

現在はネットの普及で、様々な情報が手に入るし
昔と違って、メールで地球の裏側とも簡単に連絡が取れます。

また、様々な検査が出来るようになり、
AIが解禁されたけど
一体どれほどのブリーダーが、真剣に取り組み
1%でもより良いブリーディングを目指して、やっているか・・・

FBでも毎日のようにレスキューの記事が出ているし
悲しいことも沢山目にします。
オーナーの意識向上や、パピーミルの根絶も大事な懸案ですが
日本に良いブリーダーが生まれる事も、なかなか前途多難なようで・・・・

アメリカで見たラブ達や、友人の話などで
私もまだまだだと思うし、そんな自分への深い戒めや
凹む自分への励ましも、そんな思いを込めて
書いちゃった・・!





【2014/05/05 15:13 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
ポトマックおまけ話
ポトマック単独展の長い戦いが終わりました。

今年はマッチショーのジャッジをさせて頂いたり
友人に会ったり、素敵なスタッド候補を見つけたりと
実り多い滞在でした。

ここからは少しおまけ話として
つれづれに書いてみます。

会場の傍にあるモールで、う===ん、
コメントできない?ちと怪しい日本料理店でのランチ

お寿司とチャーハンと天ぷらと
焼き肉とサラダ・・・
この組み合わせ、どうよ?

IMG_7693.jpg

日本人だと知って、日本料理とは少し違います・・と
恐縮気味の板さん
miyako.jpg

会場のお店で見つけた
ラブ用ボールエクササイズ!
こうして乗って、筋肉がぷるぷる震えているでしょう?
これで鍛えるんですよ!との説明でした
さすが!アメリカ!!
IMG_7698.jpg
IMG_7700.jpg

ポトマック・ガラで開催されたオークション
本当に素敵な品ばかりで、欲しかったけど
これ持って帰れへんし。。。。残念!!

とても素敵な暖炉のスクリーン!
IMG_7734.jpg
ブラックラブの木製椅子
IMG_7736.jpg
ラブラドールを切り抜いたコンロ?
IMG_7738.jpg

幾つか小さいものを入札したけど、結局落とせなかったワン!

ウエザートップの片付けも終わり
私こんなに元気になったわ!!と、テーブルの上で踊るサウジー
いろいろお世話になり、ありがとう。
IMG_7867.jpg

朝5時半にシェリーさん宅を出て
ロナルドレーガンからシカゴへ。。。
シカゴで、ようやくANAの飛行機に乗り
日本へ帰ります

楽しかったポトマック、また来たいけど
あとの疲れを考えたら、遠いなぁ・・・と思いながら
帰国の途へ。

ブリーディングの道も広がり、色々と考えさせられた今回の旅行でした

【2014/05/01 17:57 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。