スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
すくすく、うちあげトリオ
うちあげトリオ、テラ、メガ、ナツは
今日で生後19日
目も開いてきましたが、ある日突然パッチリと開くのではなく
だんだんと開いてくるので、まだぱっちりとまではいきませんが
すくすくと育ち、昨日できなかった事が
今日できるようになり、日々成長しています。

今日は丸顔のアップ

紅一点のナツ
IMG_6280.jpg
次男メガ
IMG_6286.jpg
長男テラ
IMG_6293.jpg

みんな良く似ていますが
実はこれ、2日前の写真で
顔も毎日成長に伴って変わっています

手も足も短くて、ころんとして
何とも言えない、愛らしい形
IMG_6300.jpg

今日ナツの写真を撮りましたが
しわの間に目があるような、この丸顔
誰かに似ていると思っていたら、朝潮やわ・・・
IMG_6310.jpg
スポンサーサイト
【2013/09/27 20:58 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
SPCA
今月2度目の3連休が終わりました。

今回は、各地で動物愛護のイベントが行われたようです。
京都でも、大津でも開催されました。
主催は色々(大津は滋賀県獣医師会他)ですが
行政のイベントです。

子犬の世話で行けなかったのですが
京都では、動物の虐待や遺棄を取り締まる
アニマルポリスの創設を求める署名を集めて
市長に要望書が出されたりしました。

先日も愛護センターの義務研修に行ってきましたが
やはり、まだまだ意識が低い事を改めて痛感した矢先だったので
この様なイベントが開催されて、少しずつでも意識と知識の
向上に役立てばと思ったりしました。

そして、ずぅ~~っと前に訪れた、カナダSPCAの事を
思い出したりしていました。

今このタイミングで、その時の記事を
再度ここにアップしたいと思います。

*********************************

北米カナダ動物愛護協会の現状とリポート

これまでも日本に於いての動物愛護の現状に不満を持っており、
以前カナダへ出張した際に、SPCAと呼ばれるカナダの
動物愛護協会で取材をしてきました。
普段はなかなか知ることが出来ない、外国の現状を少しでも
お伝えしたいと思います。

SPCAとは、正式には
SOCIETY FOR THE PREVENTION OF CRUELTY TO AMIMALSと言い、
日本語に訳しますと「動物虐待を防止する協会」となります。

愛護協会ではなく、虐待防止協会なのです。
大切な点は、警察力に相当する権利を持っていることで、
様々な虐待(殴る等の物理的な攻撃、空腹、
飼育放棄などの虐待すべて)が
通報された際に、警察権を持って捜査を始めます。

その他、ホームレスペットの保護や飼えなくなった動物の引き取り、
ニューオーナーに引き渡す業務、そして野生動物が怪我をしたり、
迷ったときの保護などを行っています。

彼らの徹底した活躍により、本当に羨ましいと思うことは
カナダに於いては、野良犬や野良猫を初め、
野生以外でホームレスの動物は存在しないのです。
(一部地域を除く)

正式には以下の業務を行っています。
1) 低価格の獣医を運営。
2) 政府レベルでの州法司法全ての警察法の司法権を
     持って虐待の防止。
3) ペットの虚勢キャンペーン展開
4) 里親捜しのキャンペーン展開
5) 一般オーナーのために飼い方と責任及び、
     無料のトレーニング教室開催

政府内の順序は、カナダ政府SPCA~州政府SPCA~エリアSPCAの順に
なっています。

まず4)の里親キャンペーンでは以下のことを厳重に調査しています。

今回の訪問で、一番間近に見た里親制度の現状は、
大変奥深いものでしたし、
里親候補の方々に対して、SPCAがまず皆さんに渡す
パンフレットの内容は適切でした。

以下は里親になりたいとSPCAを訪れた方々に対して
最初に行う質問などを翻訳した物です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

* なぜ貴方はペットが欲しいのですか?
この単純な質問にきちんと答えられない人が多いのです。
子供が欲しがっているからとか、単に飼いたいとか言う動機であれば、
これは間違いです。
ペットは寿命を全うすれば10年以上生きます。
このことを最初に認識して下さい。

* ペットに費やす時間がありますか?
ペットは一日でも放置出来ませんし、一年365日それなりのケアが
必要です。
捨てられたり、放置されたペットは、それ故ここに来ているので、
又同じ事を繰り返すわけにはいきません。

* ペットにかかるコストは捻出出来ますか?
ペットにはコストがかかります。
あなたの家計から、獣医費、トレーニング費、等を
払える余裕がありますか?

* ペットを飼うことによって起こる問題に対応出来ますか?
のみや寄生虫などの問題があり、悪いこともします。
トレーニング不足による事故等も
考慮しなければなりません。それらに対応する覚悟がありますか?

* ペットのためのスペースはありますか?
引き取る前に、貴方の家には充分なスペースがあるかどうか
チェックして下さい。

* 今ペットを飼う事は、貴方の人生の適期でしょうか?
もし貴方の子供さんがペットを欲しがっていて、
その子が6歳以下の子供さんであれば、ペットを受け入れるのは、
もう少し先にした方がよいでしょう。
小さい子供というのは無責任なものなので、成長されるまで
待った方がよいでしょう。

また貴方自身がペットを欲しいとしても、あなたの仕事が
今忙しい時期ならば、今回は避けましょう。

* 貴方はグッドオーナーでしょうか?
自分のペットに対し、最低限必要があれば去勢し、
トレーニングを受け、ライセンスを取り、
そしてIDを付けることは勿論ですが、
それ以外にペットを可愛がり、健康に留意し、
適切な医療を受けさせ、そして遊んであげられますか?

* ペットの一生を受け入れられますか?
一生の面倒が見られないなら、止めましょう。
ペットを飼うことは、その動物の一生を預かることなのです。

以上のことを熟考した上であれば、ペットを飼うことは
大変有意義なことです。
ペットは貴方を受け入れるでしょうし、ペットのお陰で
ストレスケアや心の安らぎが得られるのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以上はペットの里親になりたいとSPCAを訪れた人たちに対し、
初めに質問される内容の書面を翻訳したものです。
犬好きを自称している私でさえ考えさせられる内容です。

また有料の純血種を購入する場合と違い、
SPCAでペットを譲り受ける場合には
安易な気持ちで命の受け渡しをしないよう、
きっちりと管理されているようです。

この質疑の後、里親になりたい人たちは何度もSPCAを訪れ、
教育され、候補犬や候補ネコなどど面接し、そして初めて適切と認められた方々が
里親になってペットを譲り受けて帰られます。

私がSPCAに行った際にも、沢山の里親候補の方々が、
ワンやネコたちと面接していました。
それでは実際に里親が決まった後はどうなるのでしょう?

里親に決まれば、SPCAに規定の料金を支払います。
つまりお金が要るのです。

犬の場合は、一頭に付き145ドル。(邦貨で約15000円)
この料金は、マイクロチップやID、またはタトゥーなどに使われます。
これは大変重要なことで、喋れないペットたちが不幸にも
迷子になった際に、適切且つ迅速に、正しい飼い主の元へ
帰ることが出来ます。

また将来オーナーが無責任にペットを捨てることも出来ません。
何故なら、捨てられたペットたちの所有者はすぐに判明するからです。
このチップなどを付ける費用を差し引いた後、
残りは獣医さんに持って行く金券で新オーナーに渡されます。
この金券を持って3日以内に獣医師の診察を
受けに行かなければなりません。
つまり「行きます」と約束して行かなかった場合のため、
新オーナーから受け取ったお金を、現金では無く
獣医師で使う金券に替えて渡せば、必ず連れて行ってくれるからです。

細かな点まで動物のためを考えた規定に驚きました。

またSPCA運営の費用は、その殆どがドネーション、
つまり寄付で賄われています。
北米社会では、様々な施設などに遺産を寄付することが
普通のようです。

これも羨ましいと思うところですが、
日本のように親子の縁というか、つながりが深くない為に
親の財産は、子供が相続して当たり前と言う観念が無く
一番大事な人が他人でも遺す社会なので
ここのところは、日本では無理かも知れませんね。

例えば、アメリカの大金持ちさん(アップルだったか、どこか、
有名な会社の元社長さん)が、天文学的数字の財産の一部を
寄付したとかのニュースを見た時に
あぁ、これが日本の大会社のトップだったら
絶対にないだろうな。。と思った記憶があります。

何もかもが、日本の土壌とは異なるので
全く同じ事は出来ないと思いますが
このグローバルな時代に、少しでも皆さんが外に目を向けて
知識と意識を高めていって下さればウレシイと思います。

【2013/09/24 19:18 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
うちあげトリオ
順調に大きくなっています。
引き締まった体(??)のナツは
フラフラながら、数歩は歩けます。
コートも良いし楽しみですが、まだまだチェックポイントは多い。。。。

構成・バイト・・・
男の子達は、睾丸がきちんと下りてくるかどうか・・等々

沢山のチェックポイントをクリアーしないといけないのに
耳が小さいだの、しっぽが太いだの、大腿が大きいだの・・・と
飽きずに眺めては、一喜一憂している、幸せな私です。

ナツ
IMG_6247.jpg

テラ
IMG_6251.jpg

メガ
IMG_6253.jpg

トリオ
IMG_6257.jpg
【2013/09/18 16:35 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
子犬達の両親
キャリアドは、いつも傍に来て
「うちを見て」「うちも触って」「うちを呼んで」って
言うので、あだ名が「うち」
うちの2度目のパピー達で、うちアゲインで、うちあげ隊。

そんなパピー達のパパとママを紹介します。

まずは、ステキなパパ。
ドイツのラブラドールで、現在はフィンランドでショーイング中の
ジョーカーくん
(めちゃくちゃ長いタイトルですが、こう書いてあったので)

Int Ch & FIN Ch & Dt Ch VDH & LCD & Ch LUX & Dt Jch VDH & LCD & Jch Lux
C.I.B DE JMVA DE JMVA (VDH) EUJGSG JMV-11
A Sense of Pleasure's I'm A Joker

ステキなサイドビュー
ラブラドール好きなら分かると思いますが
このフロントは、なかなかお目にかかれない・・
joker1[1]
勿論デュアル・パーパス
phoca_thumb_l_joker017[1]
キリッとした醤油顔(?)
phoca_thumb_l_joker062[1]

そして、ママはご存じキャリアド
Balrion Weathertop Pretty Polly
IMG_5363_20130915222721503.jpg
とても優しい面差しのキャリアド
35_large_201309152226434a7.jpg
レトリーブに対する意欲は大きくて
ボール2個ゲットして、満面の笑み!
IMG_5028.jpg

さぁ、この両親から生まれたトリオが
どんな成長をするのか、とても楽しみにしている今日この頃

芋虫みたいなコロコロしたパピー達ですが
かけがえのない子育ての2ヶ月間を
楽しみたいと思います
【2013/09/15 22:38 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
パピー達
月曜日に生まれたパピー達は
生後6日め

体重は、昨夜920㌘だったので
多分今日は1キロ台になっていると思う。
IMG_6207.jpg


3頭だけだったのは、残念ですが
少ないから、キャリーママも私もパピー達も楽です。
これが二桁だったら、人工ほ乳やお掃除やらで、大忙しだった筈

カワイイね~~なんて、言ってる余裕も無かったかも知れませんね。

ゆとりで過ごしているので、3兄妹の名前を決めました。

長男は、テラ
次男が、メガ
紅一点の長女は、ナツメ。

男の子達は、ここで育つ2ヶ月間だけの呼び名ですが
ナツは、出来れば置いておきたいので
一生の名前になります。

そして3兄妹は、「うちあげ隊」と命名しました。
理由は、キャリアドのあだ名が「うち」なので
うちの2度目のパピー達だからです。

先日写真を撮りましたが、
テラだけが、上手く撮れなかったので
今日は、メガとナツメをご紹介します。

どんどん大きくなるので、ジャイアンにしようかと思ったけど
ちょっとかわいそうなので、メガになった、次男
IMG_6192.jpg

長女ナツメ
コートがとても良い感じです
IMG_6201.jpg

おっぱいも飲み放題で、どんどん大きくなるので
こんな急激な成長は、喜んでばかり居られません。
スイマーになる危険性があるので
教えて貰って、わざと凸凹を作り
後ろ足をしっかり使うように工夫した産室
IMG_6202.jpg

山あり谷ありで、後ろを鍛える作りです、
うちでは「月面ベッド」と呼んでいますが
これは、効果大です
寝ている時も、べたっとなりません。
IMG_6205.jpg

これから、成長を記録したいと思います
時々見てやって下さい
【2013/09/14 20:06 】
未分類 | コメント(3) | トラックバック(0)
悲しい気持ち
先日生まれた子犬達の成長をアップしようと思いましたが
今日は、ちょっとだけ悲しいブログをアップさせて下さい。

先だって私は、ブリーディングがあまり好きでないと書きました。

その理由の中に、命の哀しさのような思いがあります。
そして発展途上国までも行かない
全く未開の地と言うべき、日本の壮絶な実態があります。

今回のブリーディングは、私が強く望んだものでした。
そして、このブリーディング計画を大切にし
自分のためのブリーディングとして、とても楽しみにしてきました。

それでも出産の時には、自分ではコントロールできない、
内側から突き上げてくる陣痛に長い時間苦しみ、
陰部から羊水と胎膜を垂れ流しながら、
顔つきが変わるほど、産みの苦しみに喘ぐ姿を見ると
いつも感じることなのですが
あぁ、もうブリーディングは止めようという思いが
何度も心をよぎりました。

犬は、安産のお守りと言われますが
実は多胎動物の中で、一番お産に時間が掛かる動物だって
知っていましたか?
それは、産みの苦しみが一番長い動物だと言うことなのです。

奇しくも今回、出産のさなか、苦しむキャリアドを見て
私は、まさに、これを商売でやっている人たち
それも、劣悪な環境で、情け容赦なくやっている人たちへ
深い深い思いを馳せていたのでした。

これほどのことを、愛情無しでやるなんて許せない。

FBで見て、シェアした記事を、ここに敢えて載せます。

****************************


【「知らない」だけではすまされない!】

このぼろぼろになったおかあさん犬が、

今もどこかの繁殖場にいる。

こんなぼろぼろになったおかあさん犬が、

今もたくさんいる。

そして、今も苦しんでいる。

狭い、身動きさえできないケージの中で、

糞尿まみれになって、

来る日も来る日も産まされ、

産んだ子を取り上げられ、そして産まされ、、、。

1173779_512527928827781_1141463704_n[1]



生きている限り、その苦しみは続く。

そして、売り物にならない子達も、ひっそりと、、

埋められたり、餓死させられたりしている。

10万匹もの子達が、殺されていってる。

それでも、ペットショップは必要だと思いますか?

私は違うから、と言いますか?

何もしないのは、殺処分されている子達だけでなく、
この表に出てこない10万頭の子たちをも見殺しにしている事とおなじ!


闇で葬られているペットショップ業界の裏:

「年約15万頭の犬や猫が業者によって生産され、
そのうち生きて消費者に販売されるのは約6万頭。
残りは死産や売れ残りという理由で処分されている。
トレーサビリティ(流通履歴)の確保もなし。
年間約24万頭の犬猫が保健所で殺処分されているニュースは
目にすることはあるが、
流通ルートで10万頭近くが処分されている事実を
国民は知るべきです。こんな国は先進国では日本だけ!!」

日本の生体販売:

「生まれたばかりの犬や猫は、
環境の変化や輸送に弱いためと、
母親や兄弟との触れ合いで社会性をつけるために、
欧米の国や州では生後8週齢(約2カ月)未満の犬猫の取引は
法律で禁止されているところがほとんど。
ところが日本では、生後すぐに子犬を母犬から引き離して売ってしまう
。仮に病気に感染している場合、
発症する前の小さくてかわいいうちに売り払ってしまったほうが、
業者にとって利益になるから」

なぜ日本では、動物を守ることができないのか?:

http://www.cyzo.com/i/2011/10/post_8846.html

*********************************

キャリアドの出産時に感じた思いが、偶然にもFBで
記事として載っていたので
敢えて、ここに転載しました。

端折った部分もあります。
それは、自分で確信が持てなかった部分でもあります。
先日書いた愛護センターの義務研修についての
記事も関係してきますが、
何はともあれ、この様な事実が、日本のペット産業の大半を
占めている事は事実です。

  「その国で、犬がどのように扱われているかを見れば
   その国の程度が分かる」と言った、海外の政治家がいます。


繁殖屋。パピーミル。あいつらは、自分で働かずに
犬を食い物にしている寄生虫。
しかも、犬の繁殖を業にして、大金持ちになった人など居ない
たかが知れてる
だから、みんなセコイ寄生虫。大物なんて居ない
みんな小物

自分がラブラドール(犬)を、愛すれば愛するほど
心に引っかかる、トゲのように、チクチクと痛みます。

明日からは、子犬の成長をアップしたいと思います。
【2013/09/13 20:30 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
子犬が生まれた!!
秋の長雨がようやく止んで
素晴らしい秋晴れになった今日。

先日から待ちに待ったキャリアドの子犬が生まれました。

レントゲンで写っていた通り、3頭でした。

今日のブログが、本当の「コウノトリが来るまで」ですね!!

AIは、7月9日でしたが
排卵が5日だったので、排卵日から9週目
つまり9月6日が、予定日。
ただ適期より一日遅かったので、出産も一日遅れるかと思っていましたが
念のため、予定日の1日前から体温を測りました。

一回目の体温は、37.4度
下がっている!!
しかし、出産の気配は無し。

翌日の金曜日は、訓練をお休みにして待機していましたが
やっぱり気配は無し。
3頭は少ない頭数なので、少し遅れるのかなと思いましたが
筒井先生の著書には、それは無いと書いてある
 「犬の場合、交尾から分娩までは大体58-64日が一般的で
  個体によって大きなばらつきがあります。
  この5日間の幅は、犬の卵子が排卵時に未熟であり、
  精子が寝巣の生殖器の中で受精能力を長く保持する為に
  生じます。
  従って、正確な妊娠期間の判定は、排卵日からは
  ほぼ64日と一定です。
    (中略)
  また妊娠期間は、胎子数で左右されません。」

・・と言うことは、やっぱり6日あたり??

そして7日の夜に、少し息づかいが荒くなり
巣作り行動が見られました。
その後、8日の明け方3時頃には
かなり息づかいが荒くなったので、このまま進むかと思いきや
結局進まず、前回と同じように夜が明けました。

日曜日は主治医が午後休診なので、念のため午前中に受診
なぜなら、家でのモニタリングと言えば、体温しかないので
やはり不安は募ります。

先生に、胎子の心音とキャリアドのプロゲステロン値を
チェックして貰いました。
AI時のプロゲステロン値は、50まで上がっていましたが
出産時は、3以下に下がります。

この日は、2.77ng/ml
胎子の心拍数 170
出産の体制は整っています。
結局キャリアドは陣痛が微弱と言うことでしょうか?
この場合の、選択肢としては
帝王切開と陣痛促進剤がありますが
3頭と言うこともあり、やはりできれば自然分娩がベスト
このまま様子を見るということにしました。

しかし、キャリアドは昨夜徹夜だったので
帰宅後はしっかり寝ています(私も徹夜やったんですが・・・)

そして、そのまま夜になり
夜中の12時半に突然破水しましたが
陣痛は相変わらず微弱です。
それでもキャリアドは痛いのか、
産室に置いてあるソファーベッドの角を壊した!!
 (シモンズのソファーやのにぃ・・・)
IMG_6133.jpg

そのまま微弱ながらも陣痛が来て
破水から3時間後の、3時半に第一子出産

580㌘!大きくて元気な子犬!
しかし・・・ 男の子・・・
IMG_6138.jpg

そのまま、変化無く時間は過ぎていきましたが
午前4時半、2度目の破水
しかし陣痛は微弱なので、なかなか産みません
破水後、3時間以上経過すると、時には危険な事もあります。
7時に主治医へ連絡し、促進剤を使う事にして
8時に予約しました。

でも、物事って良くできたもので
その10分後に第二子、出産

今回も、580㌘の大きな子犬
そして、またもや、男の子・・・・
IMG_6143.jpg

7時20分に先生に再度連絡し、生まれた事を報告。
しかしこの調子で、あと1頭無事に生まれるか不安だと伝えましたが
10時まで頑張れと励まされ、10時をめどに頑張ることにしたら・・・
その後、10分後に第三子がすっと生まれました。

600㌘の元気な子!
おぉ~~~!!女の子!!
IMG_6148.jpg

レントゲンに写っていた通り
全部逆子でしたが、みんな元気!

こんな大きな子犬達を、あの微弱な陣痛でよく産んでくれました。
キャリアド、お疲れさま

IMG_6149.jpg

子犬達は至って元気で、今日生まれたとは思えないほど
パワフルに動き回っています。
しばらくは、寝不足が続きますが
子犬達を見ていると飽きません。

沢山の温かな友情と協力に支えられて生まれた子犬達です!
IMG_6152.jpg

この記事をアップして、少しだけ昼寝しよう!!





【2013/09/09 15:35 】
未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
補筆として・・・
台風と秋雨前線のダブルパンチで、
各地で引き続き大雨が続いていますが、
皆さんの所は大丈夫でしょうか?

昨年の豪雨で可成りの被害があったので
雨がコワイこの頃ですが、
何とかこのまま通り過ぎてくれることを願っています。

キャリアドは今のところ出産の兆しはありません。
多分明後日くらいかなぁ??と思っていますが
やはり出産間近になると、こっちが落ち着かず、
終日かなりのストレスです(苦笑)

さて、先日「寄り道ブログ」として
行政の愛護センターから届いた「安全計画書」なるものの
内容について書きましたが
結局同封されていた計画書には書ききれず
「同等のものでも可」となっていたので
同じ内容を、独自で作りました。

一つ一つをここに書くことはしませんが
特に気になった点について、抜粋すると

  売れ残った犬猫の取り扱いについての項目では
  以下の通り書きました

   万一そのような事態が起きた時は、当然の事ですが、
   繁殖者である私が責任を持って適切に飼育を続け、
   且つ最適な譲渡先を探し続ける覚悟です。
   譲渡先に関しては、全ての子犬は当方で用意している
   子犬譲渡確認書に沿って、妥協することなく、
   責任を持って探します。
   万一最適だと判断できる譲渡先が見つからなかった場合も、
   生涯飼い続ける覚悟があるので、
   押しつけのような無責任な譲渡は行いません。

  展示方法や展示時間については、書きようが無かったので
  以下の通り、書きました

   こちらの項目に対しては、展示など一切しないし、
   今後ともする事は皆無ですので記入不可となります。
   そして、幼齢個体に多大なストレスをかける展示販売と
   言うこと自体を法規制で廃止して頂くよう強く希望します
   


最後に、補筆として
以下の文章を追加で書かせて頂きました。

*******************************

今回のこの計画書を書くに当たって、
この内容が日本という国の行政が考える「動物愛護の精神」に
基づいた法制度なのかと、大変残念に思いました。

犬猫の繁殖というものは、
真っ当にきちんと愛情と責任を持って行う限り
(例えば、繁殖用雌犬に繁殖年齢や回数の制限を設け、
リタイアした後も生涯飼い続けるなどを含め)、
殆ど利益など生じるものではないということを理解していれば、
おのずと答えは出てくると考えます。
  注:内容が全て業者向けだった為。。。

また、無責任な飼い主を取り締まる為に、
マイクロチップの義務化と飼い主の登録制導入を提案します。

当然飼い主も、一生涯責任を持って飼い続ける事を基本とし、
途中で捨てることなど無いようにするのに、
一番効果的で、簡単な良い方法だと思うからです。

行政の担当者各位に対しては、
机上の法制度を考えるだけでなく、
足で歩いて現場を回り悪質な業者を取締まり、
無くしていくための実質的な体制作りを希望します。

短期間には無理でも、日本国内に於いて、
劣悪な環境で無理な出産を重ねた挙げ句に遺棄されたり、
また無責任な飼い主に安易に譲渡され、
適切ではない環境で暮らした挙げ句に遺棄されたりなどの動物が、
これから少しずつでも減少し、
最低限の命の尊厳が保たれる国になることを願ってやみません。

その為の本質的な法制度実施と国家レベルの基本教育、
そしてそれらに携わる行政担当者各位の情熱と努力に期待致します。

*******************************

以上のように、うるさ型のイヤな奴と思われるような内容を
つらつらと書きました。


私はペットショップが悪いと思っていません。
ペットショップも必要だと思いますが
ショップは、希望するオーナーさんとブリーダーとの出会いを
サポートする場であると言うのは、どうでしょう?

何カ所かのきちんとしたブリーダーと提携しておいて
オーナーさんの希望や環境などをきちんと聞いて
適切な子犬が居るブリーダーを紹介するか
お見合いの場所として、子犬に引き合わせ
成立したら、手数料を貰う。

その後も、ブリーダーからの様々なアドバイスの
中継地点として、フードやサプリやおもちゃなどを売る

そうすれば、仕入れて並べるという事が不要となり
売れ残りや、店での事故(発病や死亡)のリスクも無くなるし
売りっぱなしでは無く、販売後もブリーダーとの中継地として
商売が成り立つと思うのですが
商売の素人の甘い考えでしょうか?



【2013/09/04 17:52 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
子犬は3頭です
今日は今週木曜日の予定日に備えて
頭数確認のレントゲンに行ってきました。

いつも出産ぎりぎりに、一回だけレントゲンをかけて
頭数を把握します。

実は、超音波で受胎確認をした時に
右2頭、左1頭が見えたのですが
まだまだ3cm弱の受精卵、完全に把握することができない為
最低3頭ですねと言うことになっていました

そして今日、やっぱり3頭が見えました。

ちょっと少なめで残念ですが、元気に育っているようです

大きさは、大体前回と同じで
出産3日前で、頭部は大体4cm
お母さんの骨盤幅が、7.6cmなので
自然分娩、問題なし。
心臓もちゃんと動いていたので、まずは一安心です

このまま、あと少し頑張って
順調な陣痛が来て、無事に生まれる事を願っています。

そして、欲は限りないですが
できれば、女の子を!!

PREGNANTDOG F20

【2013/09/02 23:08 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。