運動会!!
先日はティンカーベルさんの運動会に参加してきました。

種目別に検討し、短距離が得意の
ジャスミンとアイリスは、30メートル走

ロータスは、三択クイズ

それからスプーンリレーは
一糸乱れぬ距離で伴走できるアイちゃんが出場。

位置につく、アイリスの勇姿!
IMG_2303.jpg

これは、アイの姉妹ケリーが出場、そして優勝した椅子取りゲーム
結構難関で、座って待て。立って待て。伏せて待て。などの
リクエスト通りに待っている間に、オーナーは椅子に座る。
ちょっとでも姿勢を崩したら、やり直し。

IMG_2308.jpg
IMG_2306.jpg

待っている間も、沢山の誘惑が入るが
それでも決して動かないケリーたん!
結局沢山勝ち抜いて、見事優勝しました!
IMG_2310.jpg

ロータスが挑戦した、三択クイズ。
30組以上のワンとオーナーさん達が参加したけど
一問目で、正解者はロータスともう一人の二組だけ。
これは1位決定戦で正解した瞬間!
IMG_2312.jpg

・・で、見事優勝のロータス!
これからは『生きた辞書』と呼んで欲しいそうです。
IMG_2315.jpg

猫さんチームで、スプーン・リレーにチャレンジしたアイリス。
リレーは負けたけど、可愛い猫さん姿!IMG_2319.jpg

午後からは雨模様でしたが
とっても楽しい一日でした。

みんなお疲れ様!
スポンサーサイト
【2011/10/31 20:45 】
未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
柿・柿・柿・柿・・・しかし・・・
秋たけなわ。
裏の芝生に出したテーブルに座っていると
無数の赤とんぼが飛んでいて、近くにも平気で留まる。
毎日、毎日、きれいやなぁ~~と感動して過ごしてる。
すごく贅沢で幸せなことです。

さてわが家の庭には、もともと柿の木が5本あります。
母屋のすぐ裏にあるのは、まだ若いので
今年初めて、5~6個の実がなりました。

他の木は、結構古いみたいで
今年沢山の実を付けました。

まずは裏の倉の横にある一番大きな柿の木。
大体ですが、数百個の実がなっている。

IMG_2294.jpg

池の横に2本と、チップランの横にも1本。

IMG_2295.jpg
IMG_2296.jpg
IMG_2297.jpg

合計では、多分500個以上の柿の実が出来ている。

先日みかんパパがチェックしてくれたのですが
なんと、これが全部!
  渋柿・・・・・

なので、干し柿にするしかない。

しかし、干し柿用に500個も剥くのが大変なので
欲しい方は、遠慮無くお越し下さい。
【2011/10/28 17:10 】
未分類 | コメント(8) | トラックバック(0)
3子(個?)詰め
暑い、暑い・・・と連呼していたのがウソのように
すっかり秋になりました。

暑い間は、三和土の土間やタイルの床で伸びていたお嬢達も
この頃は、団子になって寝ています。

ふと見ると、先日出してあげたソフトクレートに
この秋はじめての3子詰め

IMG_2274.jpg

はい、このお箱はラブラドールの3子入りでございます!

IMG_2276.jpg
【2011/10/23 18:54 】
未分類 | コメント(5) | トラックバック(0)
ブルセラ病について、最終章
今回のお勉強記事、最終章です。

*****************************

●繁殖コロニーにおける犬ブルセラ病の予防とコントロール

  犬ブルセラ病になると、その犬の繁殖能力が
 完全に本質的に終わる
ので、ブリーダーにとっては
 致命的な病気である。
 
 またこの病気は潜行性で、全く治療が成立せず
 予防注射さえない。


 それならどうするのか? 
 まず、自分の犬達が犬ブルセラ病に汚染されていないことを
 血清凝集反応によって、きちんと検査する。
 

 これまで妊娠末期に流産が無く、正常に分娩している状況では
 まず心配がないと考えられるが、抗体を検査して
 常に陰性であることを確認することが重要である。

 特に、流産の経験のある犬が出た場合は言うまでも無い。

1)自分のところが犬ブルセラ病に汚染されて居ない場合。

  自分のコロニーを犬ブルセラ病から守るには、
 外部からの犬の導入、外部の犬との交尾、交流などは
 これらの犬たちが本症に感染していないことを
 血清凝集反応で確認することを条件とするべきである


 勿論種雄を所有している場合は、相手の牝が陰性であることを
 きちんと確認してから交尾をさせる。
 
 いずれの場合も、検査をしないで相手を信じることは
 絶対に避けるべきである。

 尚且つ、半年に一度は、自分の犬たちの検査を定期的に実施する。

2)自分のコロニーが、犬ブルセラ病に汚染された場合

  残念ながら、現状では繁殖コロニーを閉鎖することとなる。 
 
 一度感染したコロニーから、コロニーを維持しながら犬ブルセラ病を
 無くしていくことは極めて困難である。

●人間への感染
 
 犬ブルセラ菌の人への感染は、少数例ではあるが報告されている。
 実験室内で感染した以外に、犬との接触で感染した例は
 極少数である。
 
 また感染した人も、臨床症状は殆ど示さず、抗生剤の投与で
 早期に治療している。
 本症で流産した犬の胎子、胎盤、胎水には、無数の犬ブルセラ菌が
 含まれている為、取扱には十分な注意が必要となる。

**********************************

以上で犬ブルセラ病の記事を終わります。

初めに書いた通り、私はこの10年来、検査を続けていますが
他に検査を受けている人はいないと聞きます。

また先日私の知り合いが検査をお願いしたところ
避妊しているから必要ないと言われたそうです。

この記事から分かる通り、この病気の臨床症状は「流産」だけです。
しかも一度感染したら、「一巻の終わり」です。
ブリーダーとしての全てを失います。

私はラブラドールが大好きで、自分が理想とする素晴らしいラブを
少しずつですが作出しようと努力してきました。

いえ、それ以上に私は自分の犬達を愛しています。
これが基本であり、これは皆さんも同じだと思います。

私も皆さんも、犬を愛しているから、色々な努力をしています。
毎日のお世話は、その基本です。
ご飯、おやつ、お散歩、お手入れなどです。

そしてワクチンやフィラリア、フロントラインなどの
病気予防もしているでしょう。

これらは全て自分の犬たちを病気から守る為です。
自分の犬たちが病気になると、命に関わります。
だから出来ることはやっています。

しかしこの病気は、繁殖をしない人達にとっては
何一つ悪影響を及ぼしません。
気がつかずに一生を終える場合が殆どです。

しかし自分自身は大丈夫でも、沢山の感染をばらまきます。
つまり他の犬たちにうつしています。

飼い主として、一度考えて頂きたいと思います。

よろしくお願いします。


【2011/10/21 13:01 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
ブルセラ病について、続き
*****************************

●犬ブルセラ病の診断
 本症は、流産以外には臨床兆候を示さない為、
 血清凝集反応による抗体値の測定で診断する。
 診断は、獣医大学の動物医療センター、
 血液検査センターや、一部の開業獣医か病院で実施している。
 そして、抗体値がx160以上を陽性、
 ×80を擬陽性、×40以下を陰性と判定する。

 海外では、血清凝集試験より簡単な
 スライド凝集試験法もあるが、国内では販売されていない。

 犬ブルセラ病の確定診断には、流産胎子、胎盤
 血液などを、トリプトイソイ寒天培地で培養して
 確認する必要がある。

 犬ブルセラ菌の集落は、半透明、灰白色で
 真珠様の数ミリのもので
 発育までに一週間近く掛かる

●犬ブルセラ病の治療
  犬ブルセラ病の治療を行った世界中の研究者は、
 同じ結論に達している。

 すなわち、本症に効果的な治療法は存在しない。

 抗生剤の(テトラサイクリンとストレプトマイシンの併用)を
 3~4週間投与で、血液中に細菌が見られなくなり
 血清凝集値も低下するが、投薬を中止すると再び細菌が増殖する。
 抗生剤が投与されている間は、血液中の細菌は見られなくなるが
 細胞内に寄生している細菌には、抗生剤が到達できない為
 残念ながら効果が無い。

 このため、感染犬は、治療法がない為淘汰が第一の選択肢となる。

 完全に隔離が出来る場合においても、
 雌犬は、卵巣・子宮を、雄犬では、精巣を摘出し
 定期的に抗生剤の投与を一生続けて
 菌の排泄を抑えることが
必要となる。

●犬ブルセラ病の予防
 本症には有効なワクチンも開発されていない
 このため、予防は感染した犬との接触を避けることのみが
 重要となる。
 
 しかし、法相に感染しているかどうかは
 外見上判断することが出来ないので
 むやみに他の犬に近づけないことが重要となる。
 
 私の大学では、学内で飼育している犬については
 30数年前から定期的(2ヶ月毎)に
 犬ブルセラ病の血清凝集反応で抗体価を検査している。

 学外から犬を導入する場合は、一時隔離して
 犬ブルセラ病が陰性であることを、事前に確認している。

 また学内の関係者は、家庭での伴侶動物として
 犬を飼育している方が多い為、学内の犬に触れる時には
 充分な消毒をすることが重要である。


*******************************
【2011/10/20 19:24 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
ブルセラについて、続き。
先日の続きです。

*****************************

●犬ブルセラ病とは
 犬ブルセラ菌に感染した犬が妊娠した場合、妊娠55日前後に
 前兆の無いまま突然に流産する。
 
 この時の流産胎子は、生活力はないものの
 生きている場合が多い。
 希には、妊娠早期に流産するものもある。
 また、胎子が排出されずに子宮内で変性し、
 タール状になる場合もある。
 胎盤は、正常分娩のものとは異なり
 子宮との結合部が細菌によって徐々に犯されて壊死し
 子宮と結合できなくなって流産する。
 少数例ではあるが、胎水が異常に多くなる例もある。

 流産犬は、一般状態に異常は認められず
 性周期、排卵数、受胎率には問題が無い場合が多い。
 
 雄犬が感染した場合は、症状を現すことは少ないが
 少数例ではあるが、感染から長期間を要して
 精巣上体炎、前立腺炎、陰嚢の潰瘍が発症する。
 その後、精巣は萎縮して無精子症となる。 
 種雄犬が感染していても、交尾能力や造精能力が減退するまでに時間掛かるので
 雌犬を妊娠させることは可能であるが、
 たとえ妊娠しても、100%流産する。


 犬ブルセラ菌は、内毒素を持たない為、
 感染しても、その犬は何も全身症状を示さない。
 
 (ごく希に、椎間板脊椎炎、内眼球炎、ぶどう膜炎を発症)

 しかし、♂♀ともに生殖器系の症状が著明である。
 また、犬ブルセラ病では、長期に血液中に細菌を保有し
 唾液、尿、糞中に細菌を排泄し
 接触した犬に感染を繰り返す。
 雄犬では、精液中からもブルセラ菌が検出される。


  犬ブルセラ病が発生したコロニーの雌犬における
 各臓器からの菌の検出状況は
 肝臓、脾臓、腎臓、子宮、骨髄、各リンパ節、尿など
 あらゆる臓器から検出される。
 また、妊娠犬では、胎盤、胎水、乳汁、胎子の各臓器からも
 すべて検出され、胎子への感染も明らかになっている


  犬ブルセラ菌は、あらゆる経路で感染を起こすと考えられる。
 すなわち、経口、経鼻、経膣、経眼粘膜、交尾などである。
 もちろん、皮膚の傷からも感染する。
 しかし、自然感染の場合は、
 経口と交尾による感染経路が問題となる。

*****************************

【2011/10/19 19:19 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
久しぶりに、お勉強記事
すっかり季節も変わって
朝夕過ごしやすいどころか、寒いくらいになりました。

ポンポン・デュオもすっかり新しいお家で落ち着いて
裏庭ランのスプリンクラーも完成して・・・・・

まぁ、田舎暮らしは「連日の重労働」なのですが
ちょっとばかり落ち着いたので
久しぶりに、お勉強記事を書きたいと思います。

今日のテーマは、「ブルセラ」皆さんも一度くらいは病名を聞いた事があると思います。

私がブルセラを初めて知ったのは
かれこれ10年以上前でした。

当時ダイアナを海外で交配させようと思いつき
交渉したところ、形成不全などの
いわゆる「ヘルスクリアランス」と共に
ブルセラ・キャニスのネガティブ証明を求められたのです。

うちの主治医がアメリカ帰りだったので
結構すんなりと検査してくれたのですが
何につけ、知らないままでは気が済まない私の癖で
ブルセラについて勉強し、その怖さを知り
それからは、ブリーディングの空白期もずっと
検査を続けて来ました。

勿論一度もポジになったことは無いのですが
先日受けた、筒井先生の繁殖学セミナーでも
ブルセラ検査を実施しているブリーダーさんが
殆ど居られなかった事も現実です。

そんなこんなで、前置きが長くなったのですが
一度感染したら、取り返しがつかないくらい恐ろしい病気なので
先日筒井先生から頂戴した「ブルセラ」についての記事を
数回に分けて、此処に転載させて頂きます。
(先生の許可済みです)

**************************

犬ブルセラ症から愛犬を守るには

●はじめに
 数年前、大阪府和泉市の犬の繁殖コロニーで、犬ブルセラ症による流産が多発して
 大きな社会問題となった。
 本性は、1966年アメリカのビーグル繁殖コロニーで流産が多発し(1662年頃から)
 流産胎子および母犬のおりものからグラム陰性の小桿菌が検出された。
 のちに(1968年)本金がブルセラ属の新菌種として
 Brucella canis(現在では、Brucella Melitenis biovar Canis)として
 広く用いられるようになった。
 その後、ビーグル繁殖コロニー以外の家庭犬にも、広く本菌の感染があることが
 明らかにされた。
 また、本菌は人への感染の危険性もあることから、公衆衛生上の
 問題としても注目されている。
  ここでは愛犬家が、本症を良く理解し、愛犬を本症から守る
 一助になればと、筆を執った。

●ブルセラ症
 ブルセラ症は、ブルセラ属の細菌感染によって起こる、人、家畜、犬
 猫、野獣の病気である。
 その主なものとして、牛ブルセラ症(Brucekka melitenis biobar Aboutus)
 綿羊・山羊ブルセラ症(B.,.b.Melitensis)、豚ブルセラ症(B.m.b.suis)があり
 かつては世界中に流行したが、ワクチン接種(牛)や摘発、淘汰によって
 先進国では希な病気となった。
  これらの家畜のブルセラ病と、犬ブルセラ病の菌の性状は
 いくつかの点でかなり異なっている。
 牛ブルセラ病が人に感染すると、全身感染の兆候が著しく、発熱などの
 急性症状を呈する。
 しかし、犬ブルセラ病に人が感染しても、内毒素を欠いている菌の為に
 全身症状を殆ど現さない。

●我が国における犬ブルセラ病の発症の歴史
 我が国では、1971年から1972年にかけて、ビーグルの繁殖コロニーで
 流産が多発し、流産胎子からB.m.b.Canisが分離され、これが犬ブルセラ病の
 最初の国内における確認例であった。
 アメリカで犬ブルセラ病があきらかになってから、わずか5年後であった。
 しかし、この感染源については、アメリカから輸入した種雄犬が強く疑われた。
 1973年12月には東京の大学で飼育している実験犬(雑犬)2頭に
 流産が見られ、検査の結果、犬ブルセラ病であることが判明した。
 これは、我が国で一般に飼育されている犬においても、犬ブルセラ病が
 広がっている
ことを示すものであった。
 その後、各地において、犬ブルセラ病の調査(犬ブルセラ血清凝集反応)が
 行われ、各地で抗体値の高い犬が存在することが明らかとなった。
 例えば、1979年に名古屋地区での陽性率(抗体値×160以上)は
 19.1%。尾張地区11.5%、岐阜・滋賀地区で4.4%であった。
 最近での調査成績が明らかにされていないが、
 陽性率は数%ではないかと考えられる。

************************************

今日はここまで、
続きは次回書きます。


【2011/10/18 20:58 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
ベリー来る
ペリー来航では無く
ベリー来る。

昨日までの雨がすっかり上がって、
秋晴れの爽やかな日曜日。

ベリーが久しぶりに里帰りしてくれました。

元気はつらつのお転婆娘に成長したベリー。
シッポをぶんぶん振りながら、
母屋の裏にある、芝生ランに元気よく入った途端
うちのお嬢達に囲まれて、少々びっくりのベリーでしたが
少し慣れた頃に、裏庭ランへ。

みんなと一緒に、走り回って遊びました。

今回のポンポン・デュオは
お顔がママよりあっさりしている感じ。

ひゃっほ~~、楽しそうなベリーちゃん。

IMG_2281.jpg
IMG_2284.jpg

ボールへの集中力もGOOD.

IMG_2275.jpg

小さい頃は、見分けが付かないくらいの
そっくり兄妹でしたが
やっぱり性差が出てきたようで・・・

ベリーは女の子らしいお顔になってきました。

ゴウ君は、超ママ似かな?
201110104[1]
【2011/10/16 19:45 】
未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
お知らせ その2
今日は一日雨模様。
・・でも、明日からは回復しそうなので
コニファーを植え付けなくっちゃ!

今日の「おしらせ その2」は
来月に予定されている、「岐阜ラブラドールレトリバークラブ展」において
限定特別価格で提供される、
GTG(ジェネティック・テクノロジー)の
DNA検査のお知らせです。

近年日本でも広まってきた、遺伝病疾患検査の一環として
DNAが特定されている疾患の検査です。
(詳しくは、GTGホームページをご覧下さい)

http://www.gtg.ne.jp/

今回は、以下の通りの内容で提供されます。
皆さん、この機会に是非検査を受けましょう。

****************************
       ラブラドールレトリバー展限定
          DNA検査特別価格!!


岐阜県で行われるラブラドールレトリバー展において、
当日のみ下記の価格で検査ができます。DNA検査
を利用して病気の犬の繁殖を事前に防ぎ、
健康な犬を育てていくことが可能です。
ぜひこの機会に、世界レベルのDNA検査をご利用ください。

日時:2011年11月23日(水)
場所:瑞浪市民公園内いこいの広場


検査名           通常価格     当日限定特別価格 
運動誘発性虚脱症(EIC)   ¥9400     ¥7520
進行性網膜萎縮症 (prcdPRA)¥19800    ¥10800
コートカラー (1遺伝子座) ¥8900     ¥6700
コートカラー(追加遺伝子座)¥2800     ¥2200

DNA検査キット   無料
検査登録料    無料
検査報告書    無料
DND保管料     無料


DNA検査キットの請求はこちらまで
〒509-6251
岐阜県瑞浪市日吉町3415-24
真鍋 利英子
Tel: 0572-64-2011
Fax: 0572-69-2812
Eメール: int-lab@ob.aitai.ne.jp

お問い合わせはこちらまで
電話: 03-4550-6950
携帯: 080-4203-7041
Eメール: japan@gtglabs.com
ジェネティックテクノロジーズ (GTG)

********************************

各ラブラドールクラブ主催の単犬種展において
集団検診が初めて実施されて、早4年。
海外では普通に見られるこの検診が
ラブの単独展で
長く続いている事を嬉しく思っています。

これから先も続けていく為に
まだ検査を受けていない方が居られましたら
是非この機会に受けて下さい。

宜しくお願い致します。
【2011/10/15 19:48 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
お知らせ その1
秋たけなわ。
今日は、今月30日に開催される
ティンカーベルさんの運動会のご案内です。

毎年、春と秋の2回開催されるこのイベントは
ワンちゃん達と一日中遊べる楽しい企画が一杯です。

私もお嬢達を引き連れて参加予定です。
皆さん、一緒に参加しませんか?

*********第9回ティンカーベル秋の運動会********

開催日時
  2011年10月30日(日曜日) ※小雨決行
    受付開始  9:00予定
    競技開始 10:00予定

開催場所
  ティンカーベルやとみ 愛知県弥富市海屋3-52-1

競技種目
  【午前の部】
 1.30m走 クラス別(タイムレース)
  お馴染みの競技。誰でも参加できる初心者向け競技。
 2.イス取りゲーム
  こちらもお馴染みの競技。ちょっと中級者向け?
 3.ワンコと三択クイズ
  ワンコと一緒にクイズ問題に答えます。めざせ犬クイズ王!!

【午後の部】
 4.飼い主 徒(と)競争
  新競技!?いつもの30m走を飼い主&ワンコで爆走!!
 5.ワンコ着せ替えゲーム
  自前のお洋服を素早く着せ替える競技です。
 6.トラック1周!!スプーンリレー
  小・中・大型犬でチームを組んでリレー形式で競います。


*********************************

詳しくは、HP http://www.animal-academy.jp/tinker.htm

でもご覧頂けます。

皆さんとお会いできるのを、楽しみにしています。
【2011/10/14 15:06 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
お月見
秋たけなわのこの頃。
昨日は満月だったので、照明を消して
ローソクの光だけで、裏庭でお月見をしました。

まん丸お月様

IMG_2263.jpg

フラッシュ無しのワン達。
ジャスミンだけが見えるけど、ローちゃんも居ますよ!

IMG_2266.jpg

ほらっ、ロータスもお月見中

IMG_2271.jpg

しゃんしゃん、りんりん、るーん、るーん・・・
そこら中から聞こえる、虫の声を聴きながら・・・
【2011/10/13 20:29 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
スプリンクラー!!!
真夏の芝の水遣り。
それはそれは辛かった・・・・・

日照りが続いて、地面が乾燥した時などは
数時間も掛かった、辛い水撒き。
裏庭ランの芝生化は、「もっと早くに知っていれば・・」の連続でした。

この水遣りも、その一つ。

しかし!!!
もう来年からは、あの辛い水遣りを考えなくても良い!

何故なら、私の裏庭ランには
と~~っても立派な、スプリンクラーが9基も完成しました!

ど~~だっ!

地面に埋設されたスプリンクラーが飛び出して
くるくる回って、水を撒いてくれる。
芝も大喜びだし、私も大喜びだワン。

IMG_2256.jpg

きゃ~~、カッコイイ。
IMG_2258.jpg
IMG_2261.jpg

延々150メートルを超す、長ーーい水道管埋設工事も
皆さんのお陰で無事に済み
こうして立派なスプリンクラーが完成しました。
ありがとうございました。

来年はもっと綺麗な芝生のランになるからね!



【2011/10/10 22:09 】
未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
ゴウの近況、パートⅡ
ゴウの新しいお家は、海のそば。
それも堤防で囲われた、波のない安全な遠浅。

こんな素敵な場所が、先輩のまる姉ちゃんとゴウの貸切。
誰も居ない遠浅の海で、走る!!!

走る、走る!
20111061[1]

走る、走る!
20111063[1]

泳ぐ、泳ぐ!!
20111067_3[1]

うひぃ~~、楽しかった!!
まるちゃんの笑顔も、お陽さまみたいに素敵!
20111064[1]

しかし、、、、お庭で遊ぶ、ゴウの変な顔。。。
ちょい待て、口が妙だゾ。
20111071_4[1]

やっぱりお口に入っていたのは・・・・
お庭で熟れたアケビ。
いやしいところは、お恥ずかしい”””けど、うちのパピーです・・・

20111075[1]

幸せそうなゴウ達を見て、もっと幸せな私です。

明日はスプリンクラーの工事、
宜しくお願いします!!

【2011/10/08 20:26 】
未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
ゴウの近況
まだしばらくはわが家に居るのかな~~?って思っていたゴウが
突然に旅立って、10日が経ちました。

娘を嫁にやる親心みたいに
良いご縁だと喜びつつも、寂しくて仕方無い私でしたが
とても幸せに暮らしている様子を
嬉しく拝見しているこの頃です。

ワニのぬいぐるみが気に入ったゴウ
2011.9.23,5

2回目ワクチンの日は、大事を取って
バギーに乗って(?!?!?!)のお散歩!!
20119283[1]

楽ちん、楽ちん、
20119282[1]

おっきなお庭では、先輩のまるこちゃんを
やっぱり「生きたおもちゃ」にして、遊ぶゴウ!
   (いい加減にしぃや)
20119302[1]

沢山遊んで「楽しかったよ~~」
満面笑顔のゴウ。
20119305[1]

どれを見ても、とても幸せそうなゴウを見て
思わず、うれし涙が、ほろり・・・の私でした。
【2011/10/02 08:27 】
未分類 | コメント(3) | トラックバック(0)
| ホーム |