スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
英国訪問記
英国ゴールデンの単独展会場を後にして
ロータスの故郷、美しいウエールズに向かいました。

今回の移動で一番の遠距離。
約3時間のドライブです。

到着が遅れたら迷惑を掛けるので
ジョンさん達には、午後6時~7時頃になるから
食事は途中で済ませて行くと、伝えてありました。

しかし、お利口さんナビのお陰で
道中迷うこと無く、スイスイと進み
予定より少し早くに到着しました。

今年もやって来ました!
     大好きなウエールズ。。。。。


w2.jpg

お隣の馬さん達、こんにちは!!w1.jpg

そしてロータスのママ、ローナ・デューン!こんにちは!
(やっぱり、ロータスにそっくり
  ロータスが先回りして、来ているのかと思った・・・)

loona.jpg

この夜は、教会のコーラス練習があるというサウジーは教会へ。
ジョンさんと私達は、近くのパブでディナーを頂きました。
友人達4名は、ジョンさんが予約して下さった、近くのBBへ。
私はいつも通り、ホームスティ。

翌日から、これまたいつも通り
バルライオン・ラブ達のお世話をします。
広大なバックヤードで運動する、友人とラブ達。

w5.jpg

そして、私は、またまたいつも通り
お寿司を作りました。

常連のお隣さん、SIANも加わって
ここ数年恒例になった、ウエールズ寿司パーティ。
今年は、手巻き寿司。

w6.jpg

もう、かれこれ15年来の渡英ですが
LRCショーは、毎年6月の第二土曜日に開催されるので
滞在中に私の誕生日がきます。

時差の関係で、いつが誕生日なのか、はっきりしないのを幸いに
この15年は、誕生日が無かった事に
(つまり年を取っていない事に)
勝手に決めている私ですが、携帯電話の進歩で
その日に娘から、Happy Birthday !!のメールが届きました。

メールを見て、笑っている私に、サウジーが
「何??何のメール?」と聞くので
Happy Birthday!のメールだと答えたのですが、
お寿司の後、サウジーとキアナがお手製のバースデー・ケーキを運んできて
急遽、私の誕生日・パーティになりました。

ジョン達みんなで、バースデー・ソングを歌ってくれて
キアナは、隣の羊さんの毛で織った
お手製のラグをプレゼントしてくれました。

とても幸せな誕生日になりました。
みんな、ありがとう!!

お庭の花を飾った、お手製のバースデー・ケーキ!

w7.jpg

キアナが紡いで、染色して、手織りしてくれた
素敵なラグ。
w12.jpg
w13.jpg

晴天に恵まれたウエールズでの滞在。
翌日は、ジョンさんにバルライオン・ラブ達を撮らせて貰いました。

今年クラフトで、グループ一席を獲得したウイスキー

wisky1.jpg

ルート66の息子、ウィザード
wizard1.jpg

ウイスキーの妹、キャリアードはLRCショーで3席でした。
 (キャリアードと言うのは、ウエールズ語で「LOVE」と言う意味らしいです」

cyari.jpg

バライオンのラブ達は、みんなとっても気性が良いです。
人間大好き!ハッピーな子達ばかりです。
ロータス同様、みんな激しいところが無くて、可愛くて
私は大好きです。

可愛いパピー達と、お気に入りのスパイキーの写真は
残念ながらボケていて、済みません。

この後は、以前から行きたかった
隣人のSIANの羊牧場へ行きます。
彼女のボーダーコリー「ゲイル」が、実働しているのを見せて貰います。
とても楽しみです。









スポンサーサイト
【2010/06/30 17:33 】
未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
英国訪問記
LRCショーを堪能した後は、ペニーさんの車に先導されて行きました。
ビュンビュン飛ばす、暴走族ペニー(?)さんに続いて走ると
程なくカーペニー犬舎に到着しました。

ペニーさんが近くで予約してくれたBBは
ゴルフ場に隣接する宿泊所で、とても感じの良い所でした。

bb1_20100629084633.jpg
bb2_20100629084653.jpg
bb3_20100629084714.jpg

私はペニーさん宅に泊まる予定でしたが
早朝から夕方まで、終日のショーで疲れているペニーさんを思うと
申し訳ないので、急遽このBBに部屋を取り
私もここで泊まることに。

ペニーさんが、簡単な夕食を用意すると言って下さいましたが
疲れているだろうからと、近くのレストランへ行くことになりました。
「今日は土曜日だから、多分満席で予約出来ないかも・・」・・と、心配していましたが
普段週末は混み合う素敵な英国パブの、THE MOODY CAW は、
予想に反して、ガラガラでした。

・・・と言うのは、ワールドカップで盛り上がっているため
みんな家でテレビにかじりついていて
こんな日に外食する人なんて無かったという事らしいです。
とってもラッキーでした!

ここの食事の美味しかった事!!
(Nさんが注文したデザートは、牛乳おかゆ・・で失敗でしたが・・)
美味しい食事と、楽しい会話を満喫できたディナータイムでした。

modycow.jpg
因みに、ムーディー・カウと言うのは
気むずかしい女性と言う意味らしいです・・

夕食を終えて、素敵なBBでゆっくり休ませて頂きました。

ここも快適なお部屋と、フルブレックファーストが付いて
お一人様・30£也。

bb4_20100629084732.jpg

私はゴルフをしないので分かりませんが
この18ホールのゴルフコースは、1500円らしいです。

bb5_20100629084752.jpg

翌朝は、遅めの時間に改めてカーペニー犬舎を訪ねました。
ペニーさんが一頭ずつ紹介してくれます。
しかもペニーさん直々の、ハンドリング講習会付き!
なんて贅沢なんでしょう!

p1.jpg

16歳になっている、タイガータイガー。
思わず12歳のダイアナを思い出し
「ダイちゃんも、16歳まで生きてや・・」
心でつぶやいた私でした。

p3.jpg
p4.jpg

この青年は2歳半。

早く仕上げすぎるアメリカや日本と比べると
まだまだ幼い感じがしますが
「この子は、私にとってティピカルなカーペニーの2歳半の牡です。
この年齢では、やっぱりこの位が丁度良い。」と仰った言葉が
とても深く心に残りました。


p5.jpg
p7.jpg
p9.jpg
p10.jpg
p11.jpg

広大なバックヤードがあるものの
腰が痛いと言うペニーさんを見ていると
少し辛そうでした。

多くの有名犬舎も同じですが
みんな真摯なホビーブリーダーなので
跡継ぎ問題が深刻なようです。

日本のように色んなビジネスに繋がらず
私と同じく、皆さん、本当に好きだけでやっている・・ので
仕事をしながら、世話もしなければなりません。

ビジネスであれば、親の仕事を継ぐとかで
犬で収入も得られ、身近な就職という事になり
跡継ぎも簡単に見つかりますが
ホビーブリーダーは、そうはいきません。

自分の事も考えると、身に詰まされる思いでした。

でも素晴らしいお時間を頂けて
ペニーさんには本当に感謝しています。
腰痛に気をつけながら、元気で頑張って欲しいです。

その後は、予定外でしたが
ゴールデンレトリバーの単独展を見に行きました。
ご自身でも英国ゴールデンを飼っておられるNさんは大喜び。
バーミンガム近郊で開催された、素敵なショーです。

g.jpg

g1.jpg

先日のラブ達と比べると
みんな温和しい、と言うか
テンションが低いと言うか、
シャイでは無いのでしょうが、少し残念に感じました。
みんなとっても可愛かったけど、
やっぱり私はラブが好き!!だと思ったショーでした。



【2010/06/29 09:30 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
英国訪問記
今日は雨は降りませんでしたが
暑かったですね。
京都では、34度もあったそうです。
先が思いやられる暑さでした。

さて400頭近くの出陳があったLRCショーも
どんどん審査が進みます。
朝の肌寒さも、すっかり消えて、とても良いお天気。

そんな中、我らがキングの出番が来ました。

ラウンドするキング

kin.jpg

スティのポーズも決まりました。

kin1.jpg

さて結果は、なんと!!3席に入賞!!
おめでとう、キング。


kin2.jpg

キングの活躍で、とても嬉しい一日になりました。

そしてこの日の、DOG・CCは、(及びBOS)

STORMROSE MORNING JEWEL JW (DOB 2008.03.17)
Sire : ROCHEBY STATESMAN
Dam : STORMROSE SPANICH BEAUTY

bd.jpg


BITCH CC 及び BISS

COURTROSE CELTIC EBONY (DOB 2005.12.21)
Sire : LENCHES MACKINTOSH
Dam : COURTROSE LOLA

bb_20100628193904.jpg

BEST PUPPY DOG 及び BPIS

BAILEYDALE NOSEY PARKER (DOB 2009.10.28)
Sire : BILBO BAGGINS BY BAILEYDALE JW
Dam : BAILEYDALE LIBERTY FAYRE

bpd.jpg

BEST PUPPY BITCH 及び RBPIS

SOUTHRIDGE PRIME TIME (DOB 2009.08.21)
Sire : SANDYLANDS PRESSED FOR TIME
Dam : SOUTHRIDGE GRACE

bpb.jpg

アン・テーラー女史の審査は、はっきり言って難しかったです
例えば・・一席、やっぱりねぇ・・
でも・・・二席、えぇ~~?こう来たか?!って感じでした。

他の友人に「私には分かり難い」と話したら、
このクラスの一席を見ると、素晴らしいけど
2席はペットでしょう?
彼女は、こういう審査が得意なのよ。

でも彼女の選んだCC獲得の牝を見て。
とても素晴らしいわ」と言うことでした。

あぁ、やっぱりそう思ってる人も居るんだなぁ・・って思いました。

単独展の楽しみは、こういう部分にもどっさりあります。
ショーが、誰が勝った、負けたとかいう結果だけで終わるなら
英国へ行く必要もありません。
ショーで結果だけを見て帰るなら、何度行っても同じです。


もっと目を養うと言うか、知識を深めると言うか
一流の犬とジャッジを見ながら、素晴らしい実地勉強ができますね。

ショーが終わった後は、会場から20分と言うペニーさん宅へ行きました。
今夜は、ペニーさんが予約して下さったBBに泊まります。

【2010/06/28 20:01 】
未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
英国訪問記
良く降りましたね。
今日の午後だけ、雨が止んだので
気になっていた、ランの草刈りをしました。
もう蒸し暑くて、倒れそうになりましたが
何とか形だけでも、伸びた芝を刈りました。

さて英国旅行の続きです。

11日金曜日の夕方、DEARBYに向けて出発しました。
去年は約束の時間に辿り着けず、予約して下さったディナーにも
間に合わずにご迷惑を掛けたので
今年は気合いを入れて、時間通りに到着。

友人達4人は、デービッドが予約してくれた近くのホテルへチェックイン。
私は例年通り、ナイチンゲール家に居候。

荷物を運び込んだ後は、無事にディナーに辿り着きました。
楽しくお食事をして、友人達はホテルへ。
私はマリリンとデービッドと、ジャスミンのブリーディング計画を話し合いました。
私が考えている希望を相談すると、二人とも賛成して下さって
取り敢えず、ホッと一安心しました。

翌日は、約2時間掛かるLRCショー会場へ向けて
7時頃に出発です。

マリリンが、お弁当と果物を持たせてくれました。
秋には良い報告が出来るよう、頑張りますね!

これまた優秀なナビのお陰で、難なく会場へ到着。

今年は、大好きなFabracken犬舎のAnne Taylar女史が牝クラスを
Antonine犬舎のLinda McGillivray女史が牡クラスを審査します。

Anne Taylar女史の審査が始まりました。

an.jpg
an1.jpg

少し遅れて、Linda McGillivray女史審査の
牡クラスも始まりました。
(審査して貰うのは、アーチー君)

ant.jpg
ant1.jpg


今年はこのLRCのショーにも
我らがキングが出場します。
牡のオープンクラスです。

最後の方なので、暫くはLRCのショー風景をご覧下さい。

牡クラスで入賞の、ペニーさんとキャロルさん。

show.jpg

マーブルも頑張って入賞

show1_20100627211425.jpg
mable2.jpg

子犬の頃、獣医さんへ連れて行った事もある
ウイスキー

wisky.jpg

妹のキャリアード

kyari.jpg

牝のオープンクラス
一席を獲得したのは、友人のジェンマ


bopen.jpg

やっぱり大好き、ジャック!

IMG_0418.jpg
IMG_0433.jpg

明日はキングの活躍と、ショーの結果をご報告します!!
【2010/06/27 21:21 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
英国訪問記
こんにちは!!
今朝は朝早くから、カラスがうるさくて
(窓から覗くと、あちこちの高いアンテナに1~2羽ずつ留まって
みんなで会話しているらしい)
早起きしてしまいました・・

さてイギリスの旅の続きです。

素敵なファイブ・ベルで一泊した翌日は
リーさんと一緒に、ニューアークの骨董市へ。

私はアンティークには全く興味が無く
従って、審美眼も全く無い。

以前パリの有名馬具店(今はハンドバックのほうが有名ですが)で
かれこれ30年以上勤めて、無事リタイアした友人が
退職後は、ノルマンディで小さなアンティーク・ショップを開くと
老後の楽しみを語っていましたが
私は古い物(特にヨーロッパの古い物)を見る目がないから
まぁ、話のネタに・・程度で出かけました。

とても広い会場・・・には、店・店・店・・・
こりゃ、スゴイわぁ!!

m1.jpg

m2.jpg

「何でもあり」の感じでしたが、日本からコンテナで乗り込んで
買い付けをしている方々も居られました。

また、私に言わせたら「えぇ~~??」って思うような
汚なくて(??)大きな、テディベアを
買おうかどうか、迷っていたご夫婦も日本人。
「これ、買うんですか?」って聞いたら
「中身が藁だし、素敵だわ~~。」って・・・
どう見ても、汚れた壊れかけのクマさんでしたが・・・
(やっぱり、見る目がないとアカンわぁ)

ありとあらゆる品物が揃っていて
折角来たので、何か・・と思い
銀器は少し分かるので、買うことに。

素敵な、対の銀の花器。
留守の間に家で咲いてくれた、紫陽花と胡蝶蘭を活けてみました。

s.jpg

それから、銀のカトラリーを少し。

IMG_0553.jpg

その後、とても素敵なペルシャ絨毯があって、
敷物大好き・・の私は、強く惹かれましたが
当然お値段も高いし、持って帰る事を考えて、悲壮な克己心で断念。

お昼過ぎには、会場を後にして
みんなでランチへ。

去年も行った、チェダー様式の古いティーサロンで
素敵なランチ。


オーダーしたサンドイッチは、当たり!!で
とても美味しかったです。

IMG_0384.jpg

それからリーさん宅へ行って一休み。
去年子犬だった、ウィローとエヴィ
すっかりお姉ちゃんになっていて
格好いいラブに育っていました。

w.jpg

e.jpg

リーさんからは、
『これぞっ!って思う女の子が出来たら
あんたに送るしなぁ・・』って、
嬉しいオファーを頂きました。
(アリガト!楽しみにしてるわ)

この日の夕方、次の目的地である
DERBYのブースゲート犬舎へ向かいました。




【2010/06/25 13:05 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
梅雨の晴れ間
帰国以降、鬱陶しい空模様でしたが
今日は朝から気持ちの良いお天気に恵まれてホッとしています。

昨日は、JKCの本部総会で東京へ行きました。
この頃は、東京へ行くだけでも疲れます・・・
(年のせい??・・更年期が始まった??・・・)

さて気持ちを切り替えて、英国訪問記の続きを書きます。

9日のガンドッグ・チャンピオン・シップ・ショーを見学し
レンタカーも何とか返却できて、まずはセーフ。

次の日は、SAABのオーナーさんである
Nさんご夫婦と合流。
Nさんは、旦那の大学時代の先輩で
在学中は、同じ「自動車部」に籍を置いた車好き。
英国の伝統あるラリーにも出場されたキャリアの持ち主なので
ここからは、Nさんに運転をバトンタッチ。

7人乗りのバンを借りて、ナビも借りて
この日はグランザムのスティリー犬舎へ出発。

スイスイと迷うことなく到着。
(この頃のナビはスゴイですね~。それも日本語あり!でした)

去年お世話になったジェーンさんのB&Bは、あいにく満室だったので
3軒隣のファイブ・ベルに泊まりました。

英国の伝統的なパブで、パブはB&Bをやっている事が多いのです。
ファイブ・ベルのお部屋。

IMG_0386.jpg

ジェーンさんのB&Bもそうでしたが、フルブレックファースト込みで
一人4000円強という値段設定も嬉しい限りです。
ロンドンなどのホテルとは大違いで、お部屋も広いし
朝食は美味しいし、言うこと無しです。

チェック・イン後は、少し休んで
夕食はリーさん達とファイブ・ベルで頂きました。

IMG_0391.jpg

残念ながら、去年虜になった、「ポークカツレツ」は無くなっていたので
この日は、ラムステーキをチョイス。
リーさんは、英国人らしく「フィッシュ&チップス」です。

英国は食事が不味い・・と言われますが
地元のパブは、とっても美味しいし、とってもお安い。
(ただ、ちょっと量が多い・・・けど)

やっぱり地元の人達が行くようなお店を探さないと駄目ですね。

ジェーンさんのB&Bが満室だったのは
近くにある、ニューアークと言う街で
ヨーロッパ最大のアンティーク市が開催されているからだと聞き
明日行ってみる事になりました。
楽しみです。

【2010/06/24 13:40 】
未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
英国訪問記
鬱陶しいお天気が続いていて
体の疲れが、すっきり取れない感じですが
今日は、ワン友達が遊びに来てくれて
犬談義に講じていました。

とても楽しかったです。

さて今回の渡英では、9日のショーも楽しめて
会場では、キングの活躍も見られたし
楽しい一日を過ごしました。

この日の出陳目録を買わなかったので
正式な犬名などのご報告は出来ませんが
ウイナーになったのは、4月に群馬でジャッジをされた
Halshimoorのマーク・ローリンソンさん。
(ごめんなさい、写真がボケボケでした・・)

2席は、これまた前回の群馬でジャッジをされた
Mardasのヘッパーさん。

IMG_0373.jpg

とても良いブラックの牝だったので、リンクの外で
写真を撮らせて貰いました。

IMG_0381.jpg

リーさんのMableも大活躍。

IMG_0377.jpg

毎年ポトマックでも会う、Linjorのリンダさん。

IMG_0379.jpg

この日の観戦を無事に終え、調子よくレンタカーで
バーミンガムに戻ったのですが、もうすぐ空港と言うあたりで
前が見えないほどの大雨に見舞われ
道路標識が全く見えず、リターンの場所に辿り着けなくて
クルクル・ぐるぐると、本当に苦労したのが、おまけ話。

やっぱり次回からは、「ナビ」を借りないと駄目かも・・・・・
【2010/06/21 21:18 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
帰国しました
ここ15年以上、私にとって恒例の
LRC(The Labrador Retriever Club)のショー。

今年も老体に鞭打って(笑)行ってきました。

毎年6月の第二土曜日が開催日。
今年は、ショー会場が変更になり
いつものStoneleigh Parkから、Malvernの
Three Counteis Show Groundでの開催です。

またLRCショーの前、9日(水)にも
ガンドッグのチャンピオン・シップ・ショーがあるというので
今年は、一粒で2度美味しい!!渡英でした。

6月8日、早朝に関空を出発。
仁川空港で乗り継いで、ヒースローへ。

一緒に行った、Hさん達はJAL便だったので
ヒースローで待ち合わせ。

それから電車で、バーミンガムへ移動し、NECの近くで一泊。
翌日は、空港でレンタカーをピックアップして
マルバーンのショー会場へ。

英国の諸先輩達も、殆どこのショーへ行くとの事だったので
楽しみにして出発しました。

このショーは、ガンドッググループのチャンピオン・シップ・ショーなので
出陳頭数は、1500頭を超える大きなショーでした。
会場には、見かけない犬種も沢山居て
キョロキョロしながら歩いていると
早速リーさんにお会いできました。

勿論、今回は渡英中のキングを応援するのも大きな目的。

リーさんに案内されて、大きな控えパドックへ。

824番のパドックには、キングが温和しく控えて居ました。
久しぶりの再会。

king_20100619150042.jpg


「キンちゃん、元気やった~?!!」って
みんなで撫でてあげると、
彼も久しぶりの日本語に、ついつい感涙・・・

「みんな、よう来てくれたなぁ・・。
ぼく、嬉しいわぁ・・」

king1.jpg

そんな会話をしながら、キングにエールを送りました。

ショー会場のラブのリンクでは
沢山のお知り合いが来ていて、これまた嬉しい再会・再会・再会。

キングは、立派に頑張って、
一席は逃したものの、この日もプレイスメントされましたよ!!

king2.jpg

こうして見ると、日本に居た頃より
体が引き締まって、首抜けも良くなり
全体にいい感じに仕上がっています。

キングママに嬉しい報告が出来た一日目のショーでした。

【2010/06/19 15:06 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
四日市のショー
この土・日は、四日市で2デーショーがありました。

土曜日は、クラブ展の後で単犬種展が5犬種。
日曜日は、中部インターというスケジュールです。

渡英前だし・・と思いましたが
土曜日のラブラドール単独展に、頑張って行ってきました。

出場するのは、ジャンケンで負けた??ジャスミン。
午後2時受付開始、午後3時スタートと
ゆっくりな時間だったので、お昼頃に到着。

ショー会場はインドアですが
パドックは外。

ピカピカの晴天で、お友達のテントに間借りできてラッキーでした。
ありがとうございました!
海の傍なので、風も爽快!!

到着後、ラブ友達とお昼を食べて、楽しくお喋り。

ようやく2時になって受付を済ませたのですが
先行のクラブ展が終わる気配が無い・・・・

結果、始まったのは5時40分頃!!
約3時間近くも遅れての開始。

強い西日が差し込むリンクで、ようやく始まったと思ったら
早い。早い。。
クルクルと、まるで早送りのようなペースで、審査が進みます。

40頭強の出陳でしたが
1時間半くらいで、サッサと終わりました。

なんやってん??このショーは??

穏やかで、温和しい(??)私も、これにはキレてしまいました。

案内通りに来てくれている、出陳者やワン達を
これほどコケにしたショーはありません。

パドックは外だし、暑いので、ワン達はバテバテ・・
人間はお喋りしたりで、時間をつぶせますが
犬達は、退屈そのものです。

約束を守れないようなスケジュールを組んでまで
ショーをすることはありません。


審査員の先生様は、全て指先一つで指示するし・・
出陳してきた犬達に対する優しさなんて、微塵も感じられません。

まず、面白くなさそうな感じで審査をするので
こちらも面白くない。
審査員の雰囲気って、強力に伝染するのですよ。


BISS、BOSともに、お友達が獲得したので
これは嬉しかったけど。
おめでとうございます!!

まぁ、こんなショーは二度と行きたくない!!
またまた改めて「途上国・日本」を痛感したショーでした。


【2010/06/07 14:30 】
未分類 | コメント(1) | トラックバック(0)
群馬ラブラドールレトリバークラブ展 記念DVDのご案内
4月25日に開催された

  「群馬ラブラドールレトリバークラブ展」

記念DVDが出来上がりましたので、ご紹介致します。

********************************

群馬ラブラドール・レトリーバークラブ展 DVD
       申し込みのご案内

       DVD価格/ 3枚セット ¥4.200

            送料       ¥ 500

       ※ 50個限定 コピーガード付き

お申し込みの方は郵便番号、住所、氏名、電話番号を記入し、
下記の通り、お申し込み下さい。

申し込み先

〒ー371-0811群馬県前橋市朝倉町1-4-7

      群馬LRC事務局  鈴木 英樹

Tel 027-263-2250 Fax 027-261-9612

E-mail suzuya_labs@yahoo.co.jp

入金確認後の発送となりますので
振込済みの方は、TelまたはE-mailで、ご一報をお願い致します。

《 振込み先 》

ゆうちょ銀行  記号10460 番号19196901

          名義人 スズキ ヒデキ

********************************

上記宜しくお願い致します!!
【2010/06/01 10:25 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。