スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
子犬の買い方・飼い方
ファルママのブログから、バナーを転載しました。

先日書いた中国のお話しに関係してきますが
「日本は後進国」と言う考えを、またまた確信させてくれるのは
やはり「犬を飼う・買う」オーナーさん達の「買い方・飼い方」と
ペットショップとの、深い関係でしょう。

以前にも書いた通り、私は「ビジネス・ブリーダー」を
悪いことだとは思っていません。

オーナーさんの希望に応えて、職業としてブリーディングをすることは
需要と供給面から言っても、必要かも知れないし
JKCの発展を考えても、私のようなブリーダーばかりだったら
困りものかも知れません。

しかし、いずれにしろ「命」に関わる事なので
商業ブリーダーであろうと、きっちりとしたブリーディングさえすれば
何の問題もないと思うのです。

また、きっちりとした事をすれば
自ずと知識も必要となり、誇りも湧いてくる。

そして自分の作品に愛着も湧いてくると思うのですが
ええ加減に、知識も意識も無いままやっているから
知識も誇りも意識も愛着もないまま、
「命」が、オークションで流通する事も平気なのでしょう。

本来なら、母犬から引き離すべきでないほど
「幼い命」が、配送され、ベルトコンベヤーに乗って回り
仕入れられ、金魚鉢のようなケースに入れられ
陳列される。

早く売れないと、大きくなって困るから
ショップは、見に来たオーナーにマイナス面は説明しない。

それを見に来て、これまた知識も意識もないままの
無責任オーナーに買われて行く。

以前、私の友人がピレニーズを飼ったと聞いて
「どうしてピレニーズに決めたの?」と尋ねると
「ゴールデンより小さめの犬が希望」と言うと
ピレニーズを勧められて、買ったらしい・・・

これは笑い話では無く、本当の話です。


オーナーは、まず犬の知識を持つことが大切。
オーナーが知識を持てば、自ずとショップの意識も変わるはず。

まず幼すぎる子犬を売っている事から、
そのショップを判断しなければいけない。

取りあえず、陳列・オークション・ネット販売は
まず法律で禁止しないと。


ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対
スポンサーサイト
【2010/05/31 20:47 】
未分類 | コメント(1) | トラックバック(0)
石川県連合展
今朝はとっても明るい陽射しの中で目が覚めました。

今日は久しぶりの全犬種展(何年ぶりやろ?)
ガイ・スパグノロさんがラブを審査すると聞いて
頑張って石川県まで行ってきました。

2003年に、LRC創部100周年記念ショーで
ガイさんの審査を始めて見ました。

それから数年前にも近畿インターで来て頂きましたが
近畿には出陳できない上に、忙しくてゆっくり観戦できなかったので
今日の目的は、ガイさんの審査を拝見すること。

ただ手ぶらでは能が無いので
てっきり単独展になると思いこんでいたので
今年12歳になる、よぼよぼのダイちゃんを説得し
ジャスミンも連れて行ってきました。

近畿では100頭近く集まったのでしたが
今日は残念ながら、20頭。

京都は朝から晴天だったのに、曇天で寒い小松市。
しかし老体に鞭打って、頑張るダイアナ。

5-30dai1.jpg

5-30dai.jpg

結果は、勝てなかったけど。。。

ガイさんが「何歳ですが?」と聞いたので
「今年12歳になりますねん」と答えました。
審査の後で「とてもラブリーなブリード・タイプですね」と
言って頂き、ご機嫌のダイアナ。

沢山のお友達に会えて、楽しい一日でした。
(寒かったけど。。。)

入賞された方々、おめでとうございます!!
そして、皆さんお疲れ様でした!!


【2010/05/30 21:08 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
発展途上国・・・
不安定な気候ですね。

昨日・今日は朝夕寒いくらいで
寒がりの私は、夜になるとストーブをつけました。

先日北欧のラブ友達からメールが届きました。
中国のラブ事情について、可成りの懸念を抱いているようでした。

中国には大きなラブ犬舎が幾つかあり
多いところには、200頭ものラブが飼育されているそうです
日本でもひと頃は、一つの犬舎に100頭くらい居る所もありました。

その友人は、
生まれた子犬達すべてが良い家庭に行けるのかどうか?
売れ残った子犬達は食用になるのでは無いか???
と、懸念は尽きないようでした。

私は以前に中国東北部へ行った際にも
露天マーケットで、犬の肉屋さんを見たこともあるし
その犬達が牛や豚や鶏などと同じように
「ファーム」で食用に生産されていることも聞きました。
確かに、文字通り「生」で見た「犬肉の店」はショックだったのですが
それをどうこう言うつもりもありません。

私は友人への返事に書きました。

「日本は確かに先進国であり、
私達は何一つ不便や不自由なく暮らしています。
しかし、こと犬に関して言えば
残念なことに、日本はまだまだ「とても後進国」です。

犬界の先進国と言われている欧米諸国でも
たしかに悪徳ブリーダーや、無責任オーナーも存在するでしょうが
要は、その割合なのでは無いでしょうか?

悲しいかな、日本ではその割合が極めて高く
乱繁殖や、犬の遺棄が後を絶ちません。

しかし中国に於いては、まだそれ以前だと思います。
犬を食べる習慣は、別問題だとしても
多くの犬達が過酷な状況にあることは確かでしょう」


友人のメールの意図は
そのような中国に、日本からラブが行っている事であり
私達は、ブリーダー達に呼びかけて
無責任な譲渡をしないようにして欲しいと言う事でした。


とても難しい問題なので、ここで書き尽くせるとは思いませんが
すべては「日本がまだまだ後進国」だと言うことに尽きると思います。

問題の多くは(例えば差別や貧困などでも)、無知と精神の未熟と
欲から引き起こされる
ような気がします。

それら、若しくはそれらの中の一つが原因となって
多くの問題を引き起こします。

犬界の未熟さも、犯罪ブリーダーも、無責任なオーナーによる遺棄
また、同じ事でしょう。

効果的な特効薬も無いし、法律も曖昧。
しかしそんな中でも、私達は小さな小さな一歩でも半歩でも
努力を続けなければなりません。
(これは遺伝病も同じ)

欧米も一気に成熟した訳では無く
長い年月を掛けて、発展してきました。

欧米と比べると、環境的・歴史的にも不利な日本ですが
友人が言うように、相手が誰であれ
欲だけで、無責任な譲渡をするような事は
断じて止めなければなりません。


これらは、みんな「命」なのですよ。

なんで、こんな分かり切った、当たり前の事を
何度も言わなければならないのか、不思議なのですが。
「戦争反対!」と同じですね・・・

その結果が、遺棄であり、中国の現状を助ける事になります。
一度中国のラブ犬舎のウエブサイトを見ることも
良いのかも知れません。

自分とは関係ないと思わずに・・・

*******************************

先日ブログでアップした、チョコラブの男の子は
取りあえず、引き出しが出来て
只今「慣らし中」らしいです。

こうして一頭一頭を助けてくださる人達の
小さいながらも大きな勇気と愛情に、感謝します。

*******************************
【2010/05/28 23:16 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
ランの花達・・5月
例年5月の第二日曜、つまり「母の日」は
近畿インターなので、私は不在。

でも今年は美味しくて豪華な
宮崎マンゴーが、息子から届き
娘は、ガーデニング大好きの私のために
「ターシャの庭作り」という素敵な本を贈ってくれました。
ありがとう・・・

我が家のランは、5月の花盛り。
ターシャのお庭に負けないほど
色々な花が咲き誇っています。


今年主役となったオールド・ローズ「パパメイアン」
当たり年だったようで、300輪以上の花を咲かせてくれました。
hana.jpg
hana1.jpg
ピンクのオールド・ローズ
hana3.jpg
いつも群生する、クリムソンクローバーは今年も元気。
hana4.jpg
名前は知らないけれど、今年は一杯咲いたピンクの花々。
hana5.jpg
ターシャの本で名前をしった「アン王女のレース」
hana6.jpg
堂々のジャーマン・アイリス
hana7.jpg
これも当たり年だった「白い野バラ」
花はシンプルですが、秋にはローズヒップが鈴なりになります。
hana8.jpg
可憐な矢車草、色々な色が咲きます。
hana9.jpg
大好きな、ゴテチャ
hana10.jpg
これまた群生した、カリフォルニア・ポピー
hana11.jpg
名前は知らないけれど、蔓性の白い花。良い香りがします
hana12.jpg
シダの間に咲く、可憐なマーガレット。
hana13.jpg

ターシャと同じように、これらの花々は
去年は全く植えていないのに
自然にこぼれ種で咲いてくれました。

何年も何年も前に蒔いた、ミックス種の子孫達だと思います。

ボール遊びをする、お嬢達に遠慮無く踏み荒らされていますが
(相変わらず、アイリス首長~~い)
823-1_20100525155037.jpg

毎年春になると、ランを輝かせてくれます。

今年は是非とも田舎に土地を見つけて
引っ越したい私ですが、ターシャのように
みんな一緒に連れて行きたいと思っています。
【2010/05/25 15:51 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
近畿インターを終えて
近畿インターが無事に終わりました。

今回は国外ジャッジの担当になったので
結構忙しく、ショー当日も何となく落ち着来ませんでした。

今年はラブラドールのブリーダージャッジとして
英国から、ペニー・カーパニーニさんが来て下さいました。

ペニーさんは、今から11年ほど前に
岐阜ラブラドールクラブ単独展にお越しになった経験があります。
あの時は、今年12歳のダイアナを自分でハンドリングして出陳し
G1を頂いて、CH完成した嬉しい思い出があります。

5[1]

あれから10年以上の月日が流れたので
写真を見ると、私もペニーさんも若い!!

空港へお迎えに行って、道中は11年前の思い出などをお話ししました。
また私がポトマックから帰ってきたばかりだと言うと
「1992年に、ポトマックで審査をしたことがあるの」と
仰っていました。

以前の来日では、お話しする機会がありませんでしたが
今年は近畿の招待でしたので
少しお話しする時間がありました。
ペニーさんはとてもお喋りで、気さくな方でした。

ただ他にも沢山のジャッジさんが居られたので
お一人だけにお時間を頂くことが出来ず、少し残念でした。

ショーの準備段階で、ペニーさんの自己紹介を頂戴した時
他の審査員方と比べて、あまりの長文にビックリしたのですが
その中で、感銘を受けた部分がありました。

*****************************

しかし、私のこの数々のトレーニングやハンドリングの功績は、
決して一人で成し得た事ではありませんでした。
それらはJoy Venturi-Rose、Chris Rose、Torunn Sorbyeの協力の賜です。


ショードッグや狩猟犬以外の分野でも、
カーペニー・ラブラドールはイギリス、アイルランド、オランダ、スペインの
盲導犬協会にも行っています。

しかし私が何よりも嬉しいのは、ペットオーナーが再び先代の愛すべき”Carpenny”の
犬が老衰で亡くなった後も「まったく同じもの」を
求めて戻ってきてくれることです。


私は数年前にハウンドグループなどの、違う犬種のジャッジをした後に、
やはり自分は「万能ジャッジには成り下がらないでおこう。」という、
深く考察した決断を自分自身に下しました。

何故なら、沢山の犬種のジャッジをすればするほど、
私が実際に心からの不朽の興味や
熱狂を持っているラブラドールという犬種に捧げる時間が減ってしまうからです。


私は、自分自身をブリーダーとして、また出陳者として、
改めて根本的に見つめ直すと、
如何に”本当にいいもの”を生み出し、または見せることが、
どれほど難しいことであるかを知るばかりです。

そしてそれを考えた時、私は改めて他の人達の優秀さに感謝するのです。


***********************************

私の翻訳が、彼女の言いたかった事を
的確に表現できたかどうかは、分かりません。

しかし、私はペニーさんの思いを完全に理解できたつもりですし
心から賛同したのです。

私がいつも思う
「もし自分に素晴らしい才能があり
そして、色んな面で素晴らしく恵まれていても
ブリーディングというものは、決して一人では出来ない」と言う事と
共通しています。

先日も書きましたが
私はラブのお陰で、世界中に友人が出来ました。
人間同士だけの付き合いであれば、到底達成できないくらいの
素晴らしい友情を得る事ができました。

この事をペニーさんにもお話しをしました。
彼女は、とても優しい賛同の面持ちで聞いて下さいました。

私はこれまで沢山のメンター達と出会い
彼らから無償の友情と教えを頂きました。

彼らの内にある、ラブに対する深い愛情と思いが
私の中にあるものと共鳴したからだと信じていますし
今回ペニーさんにも同じ物を見つけました。

彼女は素晴らしい方であり、ジャッジであり
これだけの事を言い切れる、一流のブリーダーでした。


出陳された皆さんも感じられたと思いますが
ペニーさんは、全ての出陳犬に笑顔で接し、
敬意を表して審査されていたと思います。

これは犬のジャッジとして、自分が審査する犬に対する愛情と自信の表れです。

以前にポトマック後書きで書いた事がありますが
リンク内でのジャッジは、自分の審査員としての知識とポリシーなどを
きっちりと伝えられなければなりません。

ジャッジは決して出陳者より上では無いという、謙虚な気持ちで
一頭一頭に敬意を払い、自分自身の犬種に対する知識と考え方を持って
審査しなければなりません。


私は出陳しなかったので、知りませんでしたが
友人によると、ペニーさんは個体審査が終わると
一人一人に「Thank you」と言っていたそうです。

ペニーさんの審査を見て、彼女が一流である事は
一目瞭然でした。

今回は私が多忙で、個人的な時間はありませんでしたが
ショー終了後の食事の際に、私が
11年前と比べて、日本のラブに対する総評を聞かせて欲しい」と言うと
彼女は「まず貴方の意見が聞きたい」と仰いました。
私は考えがまとまっていないので、宿題にしたいと答えました。

そして来月渡英の際に再会して
この意見交換をする約束をしました。

本当に楽しみです。









【2010/05/19 17:36 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
残念ですが、またレスキューのお願いです。
とても忙しかった、近畿インターも終わり
ようやくホッとした途端に
近年珍しいくらいの風邪を引いてしまいました。
喉と鼻の風邪です。

鼻が両方詰まってしまい、殆ど「鯉」の状態で
パクパク口で息をしています。

先日近畿インターにお越し頂いたペニーさんと見た
二条城の「鯉」。

大きくて、立派で、ペニーさんは大喜びで
「あの大きな口を見て!!」って、はしゃいでいましたが
今は自分が、あの「鯉」の様に
パクパク大きな口で息をしています・・・トホホ・・・

まぁ、年と共に無理が利かなくなっていると思うと淋しいので
ドラゴンハットの砂埃で、喉を痛めたと思うようにしていますが
あまりのしんどさに、珍しく病院へ行ったくらい酷かったです。

何とか少し楽になりましたので
先日より気になっていた「レスキューのお願い」記事をアップします。

今回は、京都発信のチョコラブ君です。

詳細は、以下の通りです。

***********************************

推定年齢3~5歳のチョコラブラドールの男の子です。

takekawa.jpg


4月に京都市内で行政に保護されましたが失踪の届出がなく、
ある程度の調教の形跡があることから見ても遺棄の可能性も考えられます。

40kg前後の大きな子なこともあり、
譲渡先がなかなか見つからず、
かなり厳しい状況です。

やんちゃですが、とっても気立ての良い子です。

takekawa1.jpg


また残念ですが検査の結果フィラリア感染が判明しました。

いろいろ困難な問題を抱えている子ですが、
どなたかこのチョコラブ君を家族の一員に迎えて下さる方ご存知ないでしょうか?

なお現在、支援して下さる方のご厚意でフィラリアの治療を開始しています。
その中で行った血液検査でも肝臓等の数値は良好でした。

**************************************

このチョコラブくんについて、ご質問やお問い合わせは
ご質問やお問い合わせは。。。。

以下の「メイビー武川緑さん」のメールアドレス又は
FAX 075-752-0873まで、お願い致します。


http://maybe.way-nifty.com/about.html

なお、掲載した写真は
彼女が「動物相談所」に出向かれた際に、撮した写真です。

行政の色々な制約の仲で、何とか助けたいと頑張っておられます。
正式な里親さんが見つかるまでの、預かりさんもご相談に応じて
対応いただけるかと思います。

先日のレスキューのお願いにも書きましたが
連絡したからといって、後に引けないと言うような事はありませんし
里親希望でなくても、
どんな些細な事でも、遠慮無くご連絡下さい。

お一人でも多くの方のご協力をお願いしたいので
今回の「レスキューのお願い」記事を
転載していただける方がありましたら、転載をお願いしたいと思います。

*************************************


純血種は、その殆どが
私達人間の手によって生まれて来ます。

つまり私達が人為的に作り出した「命」なのです。

それをこうして粗末にすることは
何としても許せません。

安易に繁殖し、安易に販売する人達が居り
安易に購入し、安易に遺棄する人達が居ます。


この、どうしようもない人々のせいで
沢山の罪のない「命」が、危機に瀕しています。

どんな小さな事でも結構ですので
皆さんのご協力をお待ちしています。


どうぞ宜しくお願い致します。



【2010/05/17 21:57 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
覚え書き
カンカン照りの暑い日が続きました。

ポトマックも4日目になり、いよいよベストオブブリード戦。

牡牝一緒に審査されますが、100頭以上の出陳。
なにしろ陽射しが強かったので、ずらっと並んだ後は
テントに避難。

best_20100506224344.jpg

一頭ずつ審査する方も大変だと思います。

気になっている子達を見逃さないように
リンクサイドに陣取りました。

その場で気になった子達もチェックして
写真を撮りましたが
いいなぁ~と思った男の子が
BISSをゲット。

BISS Ch Blackwing Soerfine sire : Ch Blackwing Weiss
dam : Ch Blackwing Superfreak
DOB : 2004.5.12

IMG_0222.jpg

明日からは、インターのジャッジが続々と関空入り。
朝の5時から出動なので、今夜はこの辺で。

インターが終わるまでは、ブログアップが出来ないと思います。

インターに来て下さる皆さん、お気をつけてお越し下さい。

当日お目に掛かるのを楽しみにしています!!


【2010/05/06 22:52 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
お祭り お祭り & 覚え書き
GW最終日の今日。
今年の連休は、素晴らしいお天気に恵まれました。

毎年この日は、この地域のお祭りです。
古くからのしきたりが残る京都では、
お祭りに食べるお料理などもあり、結構忙しい。

今日は御神輿や鼓笛隊・武者行列などが通り
家の周りは厳戒態勢。
どの交差点にもお巡りさんが立っています。

そんな中、我が家の前を御神輿行列が通ります。

アイちゃんも外に出て見学。

matsuri1.jpg
matsuri2.jpg

日中の最高気温が、30度近くになった今日。
一日中練り歩いて下さった皆さん、お疲れ様でした。
そして今年もありがとうございました。

*************************************

ポトマックの覚え書きは、3日目になります。

この日も晴天で、暑いくらいの一日でした。

ブロッドビッチクラスや、アメリカン・ブレッドなど
日本には無いクラスも沢山あります。

賑やかなブラック・メスクラス

IMG_0148.jpg
IMG_0150.jpg

友人のウィンディは、スイープステークスで一番をゲット!

wendi2.jpg

今年もお世話になった、Vice Presidentのクリスタ。
クラブ副代表も出陳できるんだ!

crista.jpg

親子クラスでは、4頭のメス達が一同にラウンド。
頑張るキャロルとお嬢様達。

bbclas.jpg

この夜は、インターナショナル・パーティと銘打って
夜には宴会が開かれました。
盲導犬のブースも出ていて、デモンストレーションをする盲導犬。
とってもフレンドリーで、可愛いラブちゃんでした。

IMG_0155.jpg

友人達10人で記念撮影。
因みに、このパーティも飲み物以外は無料!
私の後ろに写っているベルギーのマークが、チョコレートを持ってきてくれて
ベルギー・チョコに目がない私は、6個も食べてしまった・・・

ここで笑っている友人達。
フロリダのジョアン、ヴァージニアのトニー以外は帰国出来なかった・・

IMG_0152.jpg

この夜の「おまけ話」は、
隣のテーブルに居たブラジルの方から、何とか言う(名前を忘れてしまった)
ブラジルの飲み物を頂いた。
大きく切った青いレモンが、入った甘い飲み物で
少しお酒が入っているかな??と思ったけど
横で「飲んでみて!!」って言われるから、一気に飲んだ・・・

これがテキーラくらいにキツイお酒だったらしく
下戸の私は、フラフラになってしまいました。




【2010/05/05 22:50 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
覚え書き
ポトマック2日目の夜は、恒例のベテランクラス・パーティ

私が楽しみにしているクラスの一つです。

会場は、ホテル内の宴会場。
今年も綺麗に飾り付けられたパーティ会場。

あの蝶々の風船は分かるけど、もう一つの形は何やろ?
変な形のセンス無い風船やなぁ。内臓みたいやなぁ。
などと、友人達と陰口をたたきながらリンクサイドへ。
私には可愛い梅の花に見えたけど・・・

ベテランと言っても、出陳頭数は多く 77頭
7-9歳
9-11歳
11歳以上と、3クラスに分かれています。

みんなこのパーティを楽しみにしています。

vclas.jpg

審査が始まりました。

vclas1.jpg

頑張るおばあちゃんクラス。

vclas3.jpg

vclas4.jpg

若々しいストライカー君、8歳。

j3.jpg

入賞犬以外も全員に素敵なメダルが贈られます。

vclas5.jpg

ヤンヤの喝采の中、楽しいパーティは終わり、
私達は全員で近くのレストランへ・・・

さてさて何を食べようか?と思ったけど
時計を見ると、夜の9時半。
「こんな遅い時間やでぇ・・こんな時間から何を食べるん??」と
文句を言いつつも、メリーランド風 カニのスープと
ポークリブ・バーベキュー風、ハーフサイズを注文
   (晩の9時半からやでぇ・・)

スープは失敗。
(スープと言うより、スパイシーなシチュー??が山盛り。
  これだけでお腹一杯になりそう・・・)

soup.jpg

肉も、ちょっと失敗かなぁ・・
パッサパサの肉が、妙に甘く味付けされている・・
ハーフにして良かった。
それでも骨付きリブが、6本。
レギュラーサイズやったら、12本!!??

meat.jpg

楽しく食事を終え、みんなで笑顔の記念撮影。
(この時はまだ、アイスランドで火山爆発があるなどと
  誰が想像しただろう?!
そして愛すべき、スコテッシュの友人達が帰国できない・・などと・・・)

dinner.jpg




【2010/05/03 19:57 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。