FC2ブログ
レスキューのお願い
今日2度目のブログ・アップです。

生後1歳くらいのラブラドールが、保護されたそうです

詳しくは、下記にアクセスして下さい。

http://blog.goo.ne.jp/gundogclub007/e/e46a6a6cb04f6e89f5930e95e94a54a0

ファルママのブログで見て、早速こちらにもアップさせて貰いました。
http://blogs.yahoo.co.jp/seravi20

この子が迷子であることを祈るばかりですが
生まれて一年で遺棄されるなんて、考えられません。

ラブを愛する者として、近い将来はお役に立てる活動をしたいと
色々画策している私ですが、このような事を目の当たりにすると
本当に辛いです。

ラブは大型犬であり、力も強く、頭も良いです
人間が大好きで、いつも飼い主の役に立ちたいと思う故に
少しうるさい所もありますが
そこを愛せないと、ラブを飼う事が出来ません。

私に構わないで・って言う犬ではありません。
ボルゾイを専門にしている友人が、彼らを評して
「都会で無理なく飼える、唯一の大型犬」と言った事があります。
彼らは、それほど手の掛からない「あっさりした」犬種なのでしょう。

アフガンを愛する友人は、「ラブと居ると熱が出そう・・」
言った事があります。
きっとラブのベタベタした所が辛いのでしょう。

でもラブは、常に
飼い主に触れていたい、飼い主と何かしたい、飼い主に構って欲しい・・
いつもいつもこっちを見ているような犬なのです。

その溢れる愛情を受け止める飼い主側の器が小さいと
ラブ達は不安になり、ファルママが言う通り
「心が壊れて・・・」時に扱いにくくなったりします。

ラブ達の愛情に負けないくらいの愛情がないと駄目なのです。

「利口だ」と言っても、何もしないで利口になる訳は無いし
それは人間の子供も同じでしょう。

子供を持つ殆どの親御さんもご存じの通り
テストの点を5点上げる事、通知簿を一段階上げる事が
どれほど難しいか・
・です。

持って生まれた才能があっても、何一つ学べない環境で育てば
粗野になってしまいます。


この子はきっと知識のないまま飼われて、そして厄介者になったのかも知れませんが
それら全ては人間の無知さと、身勝手と、愛情不足。

ラブに限らず、日本から「捨て犬」を無くす為
そして「犬を飼いたい」と思う人間に、
「基本的」な、そして「当たり前」
責任感を持たす為
せめてマイクロチップが義務化されますよう。






スポンサーサイト



【2010/03/20 22:38 】
未分類 | コメント(4) | トラックバック(0)
抜歯・・そして。
長い間ブログをサボってしまいました。
歯が痛かったので。。。。。

勿論永久歯、それも奥歯。

何年間も騙し騙し頑張って(いや、頑張ったと言うよりは
往生際が悪かったのかも・・)来ましたが
ついに、抗生物質も痛み止めも効かなくなり
腫れてしまいました。

あ~~痛かった。
・・・・・来月の渡米を控えて、いよいよ年貢を納める事にして
先日抜いてきました。

麻酔が効いていたので、抜歯自体はそれほど痛くなかったのですが
と===っても怖かったです。

小さいときに、歯医者さんで怖い思いをしたので
結構きちんと歯磨きをして、真面目にやってきたので
初めて、とうとう、永久歯を抜いた私。

こじらせていた為、根が深くて
抜歯当日は、出血が止まらず、そのうち麻酔も覚めてきて
お薬を飲んで早々と寝ました。

痛み止めを飲んで寝たせいか、翌朝すこしお寝坊をして
恥ずかしい話ですが、大慌てでお顔も洗わずに
お嬢達の運動に行きました。(これがマズかった・・・

何とか運動を済ませて、洗面所へ行くと・・・
鏡に映った私の顔は、
口の周りや頬の辺りが血だらけ・・・・

本当に自分の顔を見て、ギョッ~~っとしました。

こ・・・こ・わ・い・・・・・とっても、怖い。

寝ている間に血が口から出て、顔にこびりついていたのです。

こんな顔で表を歩いていたのか・・と怖くなりましたが
きっと、きっと、
もっと怖かったのは・・・

朝の出勤途中で、私の顔を見た人達だった・
・・と、思います。

スミマセン・・・
【2010/03/20 20:53 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |