残念ですが、またレスキューのお願い・・です。
先日からの寒さが、すこ~し和らいできました。

先日「レスキューのお願い」記事を載せたばっかりなのですが
別のラブ友さんから、また連絡が届きました。

今回は、チョコの女の子が2頭。
一緒に遺棄されていたようです。

まずは、その子達の情報をお知らせ致します。

***************************
1頭目です

犬種  ① ラブラドール チョコ♀
年齢  6~7歳 (センター獣医さん所見)
体重  25キロ前後
体形  骨格は小柄で体高も低いです 少しポッチャリしています

choco2.jpg

choco3.jpg


2頭目です

犬種  ② ラブラドール チョコ♀
年齢  6~8歳 (センター獣医さん所見)
     1頭目よりも口元は白いようですが歯のなどは殆ど同じ程度との事
体重  25キロ前後
体形  骨格は小柄で体高も低いです こちらも少しポッチャリしています

choco4.jpg

choco5.jpg


右耳が切れた所があります。
治療してもらえなかったらしく切れたまま傷は治っています

左耳にかさぶたがあります 
この子はいじめられてしまいやすい子なのかもしれません


ワクチン、レボリューション済んでいます 

2頭とも性格は大人しく、要求吠えなどはないそうです
引きもないとの事でした


保護の経緯は、2頭同じ場所で保護されました
ブリーダーの放棄と思われます お乳を飲ませた後の乳首です

おそらく初めて外の世界に出たのだと思われます。
不安そうに2頭で寄り添っていました

choco1.jpg


若くはない子達ですが、年相応に落ち着いている可愛い子です
どなたか、お預かりをお願いできないでしょうか?


センターの検疫、隔離後、4月中旬以降の引き渡しとなります
どうぞ宜しくお願い致します

*******************************

一頭目の子は、子犬を育て終わった直後だと思われます。

多分、今まで何度も何度も、子犬を生まされて
その挙げ句に、捨てられたと思われます


初めて外の世界に出たと思われる」との記述があります。

遺棄された事も、悲しいですが
この子達の、これまでも日々を思うと、本当に辛くなります

それでも温和しくてお散歩での引っ張りも無いようです。

どなたか、一時預かりでも結構ですので
ご連絡頂ければ幸いです。

info@norbulingka.com

一時預かりは、里親さんが見つかるまでのお世話です。

期間の限定はありませんが、例えば、1ヶ月位なら・・とか言う
 ご希望でも、何でも結構ですので、ご一報下さい。

避妊などの経費は、負担させて頂きます。

その他、ご希望があれば、フードなどの負担も致します。

取りあえず、「少し聞いてみたい・・」と思われる方は
 何でも結構ですので、お知らせ下さい。

色々なご希望に応じて、ご相談させて頂く事が出来ます。

出来れば、室内飼いを希望しますが、それもご相談に応じます。

迷っている方も、遠慮無くご相談下さい。
 聞いたからと言って、後に引けない事はありませんので
 とにかく一度ご相談下さい。

どうぞ宜しくお願い致します。

スポンサーサイト
【2010/03/31 18:00 】
未分類 | コメント(1) | トラックバック(0)
朝刊ケリー
寒いですね。
花冷え・・」なんて優しい表現では
追いつかないくらい、超寒いです・・

昨日の午後は、雪が舞い
今朝は、屋根や車にうっすらと積もっていました。
まだ暫くは、寒いようです・・・

そんな中、私の心を温めてくれたのは
モリアゲ隊・紅二点のケリーさん。

最近「新聞配達」を始めたようで、
自称(?)「朝刊ケリー」

♪♪ 私の名前を知ってるかい?
      朝刊ケリーって言うんだよ ♪♪

  ♪♪ 新聞配って、もう三月 ♪♪ (古ぅ~~!歌、古過ぎ!!)

kelly2.jpg

♪♪ 雨や~~嵐にゃ、慣れたけど・・ ♪♪
        やっぱり夜明けは眠た~~いなァ ♪♪

kelly3.jpg

♪♪ ピチピチ・チャプチャプ・ラン、ラン、ラン ♪♪
     (ここから後は知らん)

ハイッ!! パパ新聞をお届けしました!

kelly4.jpg

【2010/03/30 17:26 】
未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
イギリス土産話 by キングママ
冷たい雨が降り続いていますが
今日はキングママが遊びに来てくれました。

長年の夢を実現して、キングをイギリスへ留学させ
無事に帰ってきたよ!と、お土産を持って来てくれました。

英語もろくに話せないけど、大丈夫かなぁ・・と心配しながら
それも犬を連れて、一人での渡英でしたが
みんなに良くして貰って、とても楽しかったとご機嫌でした。

初めて挑戦したビッグ・ショー「クラフツ」の会場でも
ボーディング・ケンネルの方が、キングのパドックに
素敵なエールを書いたカード
そっと貼って下さったそうです。

king.jpg

素敵なカードですね。
遠くから来た友人と犬に対する温かな心が感じられます。

長旅で疲れてのトライだったので
この日の成績は、今ひとつだったようですが
良い季候と温かな家族に囲まれて、英国で過ごして
ショーにもチャレンジできるなら、これこそ一番大切な事だと思います。
心配していたキングママも、安心ですね。

それにしても出陳番号が、2万台というのも凄い!!

もう15年以上前に初めて行ったクラフツの
あの喧噪と熱気を思い出します。
クラフツは一度だけの観戦で、あとは単独バカになりましたが・・・

今年もLRCを観戦予定なので、その時は私がキングにエールを送りましょう
楽しみが一つ増えました。


【2010/03/24 19:18 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
春のオフ会 2010!
寒かったり暖かかったりの気候ですが
あちこちでサクラも咲き始めました。
春はそこまで来ています!

KLRCでも、以下の通り 「春のオフ会」を
開催する事になりました。

お友達も誘って、沢山でご参加下さい!

***********************************

  KLRC “春のオフ会2010”ご案内

 この春のオフ会を、以下の通り企画しました。

今春は、ティンカーベルさんの運動会に便乗させて頂く事になりました。

少し遠いですが、当日は色々な競技やゲームなどに参加頂けます。
上位入賞者(入賞犬?)には、賞品も貰えます。

ファッションショーやアロマテラピーもありますよ!
(ダイアナは張り切っています!)

豪華バーベキューも用意していますので、春の一日を思い切り楽しみましょう!!

日時:2010年4月11日(日)午前9時頃からお待ちしています。
   競技開始は、午前10時からです。

参加費:大人一人1500円(当日参加費・豪華ベキューの昼食・飲み物代込み)
    子供(小学生まで)一人1000円( 上記と同じ )
    子供(小学生以下)一人500円 ( 上記と同じ)
    ワンちゃん一頭 1000円(当日参加費・競技参加券・お土産付き)

申込方法:いつも通り、メールでお申し込み頂くか
             FAXで申込下さい。
     参加人数と頭数を必ずお知らせ下さい。
     準備の都合上、4月4日(日)までにお申込お願い致します。

 当日は、広い駐車場の一角に京都ラブラドールクラブの場所を確保しています。

昼食は豪華バーベキューや飲み物などをご用意しておりますので
手ぶらでお越し下さい。

ワンちゃんの参加費には、競技券参加券も含まれております。
また美味しいお土産も用意しております。

昼食は、12時頃から開始予定です。
午後5時頃には終了ですが、昼食後午後2時頃からは自由解散です。

いつも通り、クラブ員さん以外も参加できますので
お友達も誘って大勢でご参加下さいね!

沢山のご参加をお待ちしております!!

*************************************
【2010/03/23 19:24 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
レスキューのお願い
今日2度目のブログ・アップです。

生後1歳くらいのラブラドールが、保護されたそうです

詳しくは、下記にアクセスして下さい。

http://blog.goo.ne.jp/gundogclub007/e/e46a6a6cb04f6e89f5930e95e94a54a0

ファルママのブログで見て、早速こちらにもアップさせて貰いました。
http://blogs.yahoo.co.jp/seravi20

この子が迷子であることを祈るばかりですが
生まれて一年で遺棄されるなんて、考えられません。

ラブを愛する者として、近い将来はお役に立てる活動をしたいと
色々画策している私ですが、このような事を目の当たりにすると
本当に辛いです。

ラブは大型犬であり、力も強く、頭も良いです
人間が大好きで、いつも飼い主の役に立ちたいと思う故に
少しうるさい所もありますが
そこを愛せないと、ラブを飼う事が出来ません。

私に構わないで・って言う犬ではありません。
ボルゾイを専門にしている友人が、彼らを評して
「都会で無理なく飼える、唯一の大型犬」と言った事があります。
彼らは、それほど手の掛からない「あっさりした」犬種なのでしょう。

アフガンを愛する友人は、「ラブと居ると熱が出そう・・」
言った事があります。
きっとラブのベタベタした所が辛いのでしょう。

でもラブは、常に
飼い主に触れていたい、飼い主と何かしたい、飼い主に構って欲しい・・
いつもいつもこっちを見ているような犬なのです。

その溢れる愛情を受け止める飼い主側の器が小さいと
ラブ達は不安になり、ファルママが言う通り
「心が壊れて・・・」時に扱いにくくなったりします。

ラブ達の愛情に負けないくらいの愛情がないと駄目なのです。

「利口だ」と言っても、何もしないで利口になる訳は無いし
それは人間の子供も同じでしょう。

子供を持つ殆どの親御さんもご存じの通り
テストの点を5点上げる事、通知簿を一段階上げる事が
どれほど難しいか・
・です。

持って生まれた才能があっても、何一つ学べない環境で育てば
粗野になってしまいます。


この子はきっと知識のないまま飼われて、そして厄介者になったのかも知れませんが
それら全ては人間の無知さと、身勝手と、愛情不足。

ラブに限らず、日本から「捨て犬」を無くす為
そして「犬を飼いたい」と思う人間に、
「基本的」な、そして「当たり前」
責任感を持たす為
せめてマイクロチップが義務化されますよう。






【2010/03/20 22:38 】
未分類 | コメント(4) | トラックバック(0)
抜歯・・そして。
長い間ブログをサボってしまいました。
歯が痛かったので。。。。。

勿論永久歯、それも奥歯。

何年間も騙し騙し頑張って(いや、頑張ったと言うよりは
往生際が悪かったのかも・・)来ましたが
ついに、抗生物質も痛み止めも効かなくなり
腫れてしまいました。

あ~~痛かった。
・・・・・来月の渡米を控えて、いよいよ年貢を納める事にして
先日抜いてきました。

麻酔が効いていたので、抜歯自体はそれほど痛くなかったのですが
と===っても怖かったです。

小さいときに、歯医者さんで怖い思いをしたので
結構きちんと歯磨きをして、真面目にやってきたので
初めて、とうとう、永久歯を抜いた私。

こじらせていた為、根が深くて
抜歯当日は、出血が止まらず、そのうち麻酔も覚めてきて
お薬を飲んで早々と寝ました。

痛み止めを飲んで寝たせいか、翌朝すこしお寝坊をして
恥ずかしい話ですが、大慌てでお顔も洗わずに
お嬢達の運動に行きました。(これがマズかった・・・

何とか運動を済ませて、洗面所へ行くと・・・
鏡に映った私の顔は、
口の周りや頬の辺りが血だらけ・・・・

本当に自分の顔を見て、ギョッ~~っとしました。

こ・・・こ・わ・い・・・・・とっても、怖い。

寝ている間に血が口から出て、顔にこびりついていたのです。

こんな顔で表を歩いていたのか・・と怖くなりましたが
きっと、きっと、
もっと怖かったのは・・・

朝の出勤途中で、私の顔を見た人達だった・
・・と、思います。

スミマセン・・・
【2010/03/20 20:53 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
久々のボランティア
タイミングが合わず、長い間ご無沙汰していたボランティアですが
久しぶりに再開できました。

アイリスをデビューさそうかと思ったのですが
私も久しぶりだったので、ベテランのダイアナと参加しました。

さすがベテランで、お年寄りの皆さん方にも
落ち着いて応対していました。

3-10dai1.jpg

3-10dai2.jpg

長い間ご無沙汰でしたが、名前を覚えて下さるお年寄りも居て
ダイちゃん・ダイちゃんと大人気でした。

暫くすると、学童保育の子供達も沢山参加。
すっかり仲良しになりました。

3-10dai4.jpg

一番心が和んだのは、私だったかも知れません・・・
【2010/03/11 21:45 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
現状・・Part2
冷たい雨が降り続いて、鬱陶しいお天気でしたが
今日は久しぶりに晴れ間が見えています。

先日書き始めた「現状」ですが
あの後、歯が痛くなって
久々に参ってしまいました。

今日は少し楽になったので、続きを書きます。


先日お伝えした数字を見て頂くと
猫が犬の10倍近くになります。

でも此処には、数字だけでは分からない問題があります。

先日の数字を見て分かる通り
183頭の内、子犬はたった6頭です。

我が家の場合は、2歳までを「うちの子犬」と呼びますが
一般的な感覚では、やはり生後6ヶ月位までを
「子犬」と分類しての数字です。

つまり、183頭中、177頭は成犬と言うわけです。

これに対して、猫は
総数1735頭中子猫は1500頭です。
また1500頭の内、保護が1368頭で
引き取りが、132頭。

成猫235頭の内、引き取りは157頭で
保護が10頭、負傷保護が68頭です。

この数字を見て分かるのは、猫の場合
その殆どが、外で勝手に生んだ子猫たちが収容されたと言う事です。

つまり、野良猫・飼い猫に拘わらず
避妊を徹底すれば、
猫の収容数は、あっと言う間に激減するのです。

しかし悲しいことに、犬の場合は
先日お伝えした通り、成犬になってから遺棄される場合が殆どなので
猫のように、何か有効な手立てが見えている訳ではありません


猫は避妊が徹底されれば、90%近い猫達が救われますが
犬の場合は、たった1.6%です。

犬を飼うと言うことは、猫を飼うよりうんと大変です。
一日も放っておけないし、躾も必要であり
その心まで受け止めなければなりません。

平成20年度の数字が、253頭なので
割合からいくと、確かに3割ほど減っていますが
それでも、成犬になってから遺棄されると言うことは
遺棄されるまでの、彼らの日々も決して幸せだったとは思えません。

私は猫も好きですし、動物全般で犬だけを特別視している訳ではありませんが
私達の身近な動物の中で、犬だけが家族になりうると思っています。
(フォックス博士の著書を読んで確信したのですが・・)
どんな動物を飼っても、それはその人達の好みだと思いますし
私も金魚や鳥も好きです。

でも犬を飼うことは、単にペットを飼うと言うより
家族を一人増やす・・という重い覚悟を持つべきです。

先日友人から、あるペットショップの店先で、テリア種を
「とても穏やかで温和しく、攻撃性や活発さは殆どありません」と
説明していたという話を聞きました。
私は呆れてしまいましたが、一方では
これから犬を飼おうと決めた人達も、当然の責任として
自分たちでもっと勉強しなくてはなりません。


今年は啓蒙活動をする予定があるので
「かわいい~~」とか「流行っている」とか
もっと言えば「他の人が持っていないような犬」などと言う
馬鹿げた動機や発想を少しでも減らすよう、努力したいと思っています。

PS:
猫の負傷保護について、追記です。
負傷保護と言うのは、交通事故に遭った猫を見つけて通報され、
保護された猫達です。犬には一頭も居ませんでした。
つまり、外を自由に往来する環境で飼う事が
如何に危険かと言うことになります。
この負傷保護猫68頭が、飼い猫か野良猫かは分かりませんが
飼い猫である場合は、この様な事故をなくすために
やはり家の中で責任を持って飼うべきでしょう。


【2010/03/08 10:15 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
現状
今日は冷たい雨が降り続きました。
気温も低くて、伸び始めた新芽も一旦休憩。
まだ3月の初めなので、こんなものでしょうか・・

さて1月に、動物取扱の研修に行ってきたのですが
その時の事を少し書きたいと思います。
この話は、ずっと書きたかったのですが
余りに重い課題なので、自分の中で纏まりがつかなかったのです。
ようやく何かを伝えたいと思う気持ちがまとまってきたので
少しずつお伝えしたいと思います。

京都市で、去年一年間に収容保護された犬の数は
183頭。
猫が、1735頭です。

この数字だけを見ると、猫が犬の9倍以上になります。


まずは、犬の事から書きます。
この183頭の内訳は、殺処分105頭
           死亡   4頭
           返還  28頭
           譲渡  39頭
         保護管理中  7頭  です。

この数字を、更に詳しく見ると

殺処分105頭中、引き取りが 81頭
           保護が 24頭
死亡   4頭中、引き取り   3頭
           保護   1頭
返還  28頭中、引き取り   0頭
           保護  28頭
譲渡  39頭中、引き取り  25頭
           保護  14頭
保管   7頭中、引き取り   1頭
           保護   6頭  です。

殺処分 105頭という数字は
平成14年からの推移では、14年 358頭
             15年 256頭
             16年 302頭
             17年 263頭
             18年 220頭
             19年 208頭
             20年 151頭
             21年 105頭 です。

殺処分の頭数が、徐々に減っている事は
大変嬉しいことだと思います。

しかし 引き取り数の多いこと・・
引き取りとは、飼い主から依頼されて捨てられた犬達であり
保護とは、迷子になって保護された犬達です。

ここで一番の問題は、引き取りの理由と年齢です。

まず理由から見ると、一番多いのが「自己理由」(良く分かりませんが)
          次が、咬むとか鳴くとかの理由
          次が、飼い主高齢 
          次が、疾病
          次が、犬の年齢
          次が、引っ越し
          次が、飼い主体調
          次が、規約違反・・と続きます。
この「自己理由」と言うのは、その下の色々な理由さえ分からないまま
引き取られて来た犬達です。

その次に、引き取り犬トータル110頭の犬達の年齢を見ると

生後3ヶ月頃が 3頭
  6ヶ月が  3頭 
   1歳が  5頭で、1歳までの犬達が、合計11頭

2歳が     5頭
3歳      9頭
4歳      9頭
5歳     10頭で、2歳から5歳までの合計33頭

6歳      9頭
7歳      5頭
8歳      5頭
9歳      6頭で、6歳から9歳までの合計25頭

10歳     9頭
11歳     5頭
12歳     4頭
13歳     8頭
14歳     5頭
15歳     5頭
16歳     2頭
17~20歳 各1頭で、10歳以上の合計41頭です。

私は信じられませんでした。
10年以上一緒に暮らした犬を、いかなる理由があろうとも
これだけの数の犬達が、「死」を承知で捨てられているのです。

ここまで書いて、少ししんどくなったので
続きは次にさせて下さい。




【2010/03/04 20:51 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
晩白柚
先日までの異常な暖かさは一段落して
「ひな祭り」の今日は、この時期らしい気温です。

今日は九州のラブ友達から
珍しいミカンが届きました。

箱を開けて、ビックリ!!
その名は、「晩白柚」(ばんぺいゆ)という巨大な柑橘。

どのくらい大きいかと言うと・・・

banpeiyu1.jpg

ドッジボールくらいの大きさがあり
とても良い香りがします。

この頃は、特産品と言っても
デパートへ行けば、大抵の品物を見つけられますが
この「晩白柚」は、見たことがありません。
とても珍しい果物なので、家中大喜び。

早速「お雛様」にもお供えして・・・
かなり大きなお雛様ですが、晩白柚を置くと
お内裏様も小さく見えます。

banpeiyu2.jpg

良い香りが漂ってきたら「食べ頃」だそうです。
とっても楽しみです!!

Kさん、ありがとうございました!!

【2010/03/03 20:32 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |