キノコ、アゲイン
2月では観測史上最高の気温を記録した昨日。

今日は朝から雨が降り続いています。
早く春になって欲しいと想いながらも
こんなに急に暖かくなるとイヤなので
この雨の後は、普通の寒さになって欲しいですね。

去年ブログで紹介した、ランのキノコ。
ファルのママがチェックしてくれて、ヒラタケと言う
食用キノコだと判明してから、うちの食卓に度々上ったのですが
キノコって、旬の間は
食べても食べても、どんどん生まれてくるのです。

少し前の画像ですが
採っても、採っても、次々と生えて来る
有り難い、ヒラタケ達。

12-31kinoko.jpg

ランの隅っこでは、刈り取った芝生とか
落ち葉を集めて堆肥を作っていますが
先日そこの奥で、恐ろしいほど大きなヒラタケ軍団を見つけました。

2-14kinoko.jpg

もう旬は過ぎて、黄色くなっていますが
大きさは半端じゃなく、私の手の平の2倍はありました。
本当に一枚が、扇子くらいあります。

旬に見つけていたら、食べたのに・・・
惜しいことをしました。
来年は、キノコ・ポイントとしてチェックしておきましょう。
スポンサーサイト
【2010/02/26 22:19 】
未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
北の国から・・・
先週までの寒さは何処へやら・・?
数日前からは、初夏のような陽気が続いています。

今日の京都は、22度を超えて
ランではお嬢達も、ハァハァと暑そうな様子。
まだ2月だというのに、本当に妙な陽気です。

そんな中、北の国から
二つのお便りが届きました。

一人は、北海道のラブ友達。
先日の寒波の時でしょうか、雪が積もった中を
楽しそうに遊ぶラブちゃん達。

雪質が違うねぇ・・!羨ましいね!

doi1.jpg

見てっ!この雪・・・

doi2.jpg

お父さんのヘッドの様な、ショボい雪じゃない!?
うちは、ケソケソのショボい雪です。。。。

2-7-1_20100225224444.jpg


それから、もう一人は
フィンランドのラブ友達から、大雪にはしゃぐ・・ラブちゃんでは無く
お子ちゃま達のショット!!

お家の真ん中くらいまで雪が積もって
ドアが開かないそうです。

ritva.jpg

そうそう、2014年のワールド・ショーは
ヘルシンキでの開催だそうです。
是非行きたいと思っています。

明日は雨。
【2010/02/25 22:48 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
Kellyさん
先日のお誕生日ブログには間に合いませんでしたが
モリアゲ隊の紅二点の、ケリーさんの近況が届きました。

愛情たっぷりで暮らしている事が
お揃いで着せて貰った、お洋服にも現れていて
とても嬉しく拝見しました。

雪遊びに行った時のショット・・

kelly2-15-1.jpg

ケリーさんは、どっちに似ているんだろう・・??
kelly2-15-2.jpg

思い切り遊んで、お家へ帰ってからも
温かなソファーで、ぐっすり・・・

kelly2-15.jpg

みんな幸せそうな寝顔で、私もほのぼのとした気持ちになりました。
ケリーさん達、また遊びに来て下さいね!!

【2010/02/20 20:31 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
ギュウギュウ詰め・・PART2
寒いですね・・今日は特別寒いような気がします。

お嬢達は、現金なもので
少しでも暖かかったら、バラバラで寝ますが
こうして寒くなると、やっぱり団子になって
ギュウギュウ詰めで、一つのクレートに無理矢理入るのが好きみたい・・・

今日は、なんと4頭全員が一つのクレートに入りました!!
本当にギュウギュウ詰めで、奥は見えませんが
きっちり4頭入っています。

4_20100217110403.jpg

向かって左側、こんな時でもカメラ目線を忘れない(?)ダイアナ
真ん中、最後に入って下半身がはみ出ている、ジャスミン
右側は、アイリスで・・・・
奥は見えませんが、奥の方で下敷きになっているのがロータス。

この後、奥から息絶え絶えになって窒息寸前のロータスが出てきて
この記録的な、 一頭用クレート4頭詰めは、
約10分くらいしか保ちませんでした・・

【2010/02/17 11:11 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
お誕生日、おめでとう!!
バレンタインが終わった翌日、今日2月15日は
私の大切な、モリアゲ隊のお誕生日!

みんな元気で1歳を迎えました。

あの感動の出産劇から、もう一年・・・
感慨深い想いと、一年ってあっと言う間だなぁ・・
モリアゲ隊と一緒に、私もあれからひとつ年を取った・・と
この頃は、やけに気になる私です。

アイリスも、元気でお誕生日を迎えました。

2-15iris3.jpg

ロータスママと、記念写真
(二人とも目が光ってしまった・・)

2-15il.jpg

ももネェにリボンを付けて貰って、ご機嫌のアイリス。

iris2-15-1.jpg
iris2-15-2.jpg

こうして見ると、アイはロータスに似ていませんね。

昨日遊びに来てくれた、SAAB兄ちゃん(隊長)も
バルライオンより、スティリーの顔。
パパのウエブスターにそっくりです。

SAAB君

saab1.jpg

パパ

webster4_20100215204746.jpg

ファル・海・カブは、ローママにそっくり・・・

ローママ(お正月の写真ですが・・・)

12-31lo_20100215205322.jpg

カブ

cab.jpg

ファル(ロータスの黄色版)

fal2010.jpg

海(海もロータスの黄色版)

12-23-3_20100215205651.jpg

ついでに、ロータスのママ
ローナ・デューン(これは笑えます。ロータスにそっくり!!)

doone_20100215205845.jpg

みんな元気で、幸せです!
本当に有り難いことです。

それぞれのお家で、楽しく誕生日を迎えた事と思います。

ありがとう、みんな!


【2010/02/15 21:01 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
「さくら」の思い出・・・
先日ファル(モリアゲ隊副隊長・フクちゃん)のブログで
律儀・・と言う記事が載っていました。

http://blogs.yahoo.co.jp/seravi20/62839029.html

ゴールデンとラブラドールの性格の違いを、愛情溢れる文章で
綴ってありました。

************************************

  ゴールデンは繊細で柔らかく、ラブラドールは大胆でがさつ(笑)。
  人間で言うなら、ゴールデンはA型かB型、ラブラドールは間違いなくO型でしょう(笑)。

  ゴールデンは、行く手に物があったら踏まないように除けて通ります。
  ラブラドールは気にせず踏んで通ります。

  ゴールデンは、人に飛びつくときもそおっと触れるようなタッチで気を使います。
  ラブラドールは体中でぶつかってきて、こちらが倒されそうになってもお構い無しです(笑)。

  ゴールデンは小ずるい所があり要領が良いですが、
  ラブは律儀で生真面目で要領が悪いです。

************************************

ファルの可愛い写真を眺めながら、「うん、うん。」と何度も頷いていました。

うちには、レトリバー・ファンの原点になった
さくら」というゴールデンがいました。
滅多に通らない道路脇の、信号で停まった時に見かけたショップで
衝動買いをした、ゴールデンでした。

この子は、本当にずる賢くてちゃっかり屋で
今から思えば、信じられないくらい利口で、扱いにくいゴールデンでした。

間もなく我が家に来た、ファースト・ラブの花梨
また正反対の性格で、とにかく真面目で、律儀でした。

花梨を表現するのに、私は「最後まで敬語を使っていた」と言います。
性格は最高で、いつもニコニコと、道で行き交う全ての人に
挨拶しながら歩いているような子でしたが・・・・

さくらは、横着で「あら~~っ!、○○さん、こんにちわぁ~~」って・・

さくらを表現するのに、私は「鏡を見ながら自分の頭に付いたゴミを取れる犬」
と言います。
(これは、人間とチンパンジーしか出来ないそうですが・・)

さくらは、家具や塀の角を曲がる時には、柔らかく綺麗に回れました。
ダーッと走っていても、子犬の粗相したオシッコが床にあると
急ブレーキを掛けて、止まって、迂回していました。
  「いやぁ~~かなんわぁ。」

絶対に泳がなかったし(???)、子犬がオモチャで遊んでいると
新しく買った子犬のオモチャは無視しましたが、
前から持っていた自分のオモチャは、こっそりソファのクッションの後ろに
上手に隠したりしていました。

でも子犬が大好きで、ダイアナもたくさん面倒を見て貰いました。

さくらは、リンパ腫で亡くなりました。
12歳と6ヶ月でした。
2005年、秋の事で、今から4年半前になります。
さくらを知っているのは、ダイアナとロータスだけになりました。

2005年、来日したばかりのロータスと・・・

lotus4-10-10.jpg

ダイアナ・ロータスと・・・
もう余り起きあがれませんでした。

P1060135.jpg



さくらは、癌で22㎏まで痩せましたが
亡くなる2日前まで、ランに行っていました。
勿論早く歩けないし、走りも出来ませんでしたが
それでも、ヨチヨチと行っていました。

亡くなる2日前。ダイアナと。

05-11-22.jpg


さくらは、まだ昔のままのキャラで此処にいます。
ちょっと舌足らずで、甘えたキンキン声で、うるさく喋っています。

「さっちゃん、はよ、あの世へ行きや~~」
「は~~い、去年も大文字見に行ってて、乗り遅れてん。
今年のお盆には行くし、もうちょっと置いてなぁ~~」


sakura1.jpg


【2010/02/09 20:28 】
未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
雪・雪・雪・・・
昨日は京都も雪が降りました。

私の住んでいる伏見は、比較的暖かくて乾燥しているのですが
それでも昨日は朝から雪・雪・雪・・・・

ランにはこの冬初めての雪が積もり
お嬢達は大はしゃぎ。

2-7-1.jpg

2-7-2.jpg

はしゃぎすぎたジャスミンが、ロータスの首に噛みつき
アイリスもはしゃいでロータスの足を噛む。

2-7-3.jpg

やられっぱなしのロータスは、雪を食べて
お口が雪まみれ・・・

この顔、カブやファルにそっくり・・

2-7-5.jpg

アイリスも初めての雪で、雪まみれ。

2-7-4.jpg

晴天だったので、雪はお昼までに溶けてなくなりましたが
大喜びで遊んだ一日でした。




【2010/02/08 20:55 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
ご無沙汰しました。
本当に随分ご無沙汰してしまいました。

色々と多忙だった事もありましたが
先月に、私の大切な恩師が夭逝されて
暫く落ち込んでいました。

今日はワンのブログではありませんが
ブログ再開に当たって、少し書かせて下さい。

もうかれこれ3?年前、私が中学3年になった時に
この恩師が担任を受け持って下さいました。
先生は、大学を卒業されて、初めての就任で「先生一年生」でした。

今思えば、真っ新・新人の先生に3年生を担任させるのは、キツイ人事でした。
何しろ、先生とは10歳も年が離れていないし
希望に燃えて、先生になった恩師は
私達の担任として、海千山千のスレた私達の担任として
厳しい一年を過ごすことになりました。

私達クラスメートはとても仲良しで、良いクラスでしたが
やはり「ヤンチャ」な3年生でした。

修学旅行や、その他の学校行事、沢山の日々を共にしながら
私達と先生は、一年を過ごしました。

このクラスは、不思議とその後も縁が切れずに
卒業後も、何十回となく同窓会を開き旧交を温めてきました。

先生が無事に60歳を迎えられ、リタイアされた時は
市内の中学校の校長として任期を終えられたのですが
私達同志で集まって、卒業式に参加しました。
演壇で先生は「私は長年の教師生活にピリオドを打ちますが
初めて受け持ったクラスの生徒達が、今日のこの日を祝うため
この席に来てくれました」とお話しされました。

先生はとても大切なことを沢山教えて下さいました。

その頃は、スレた生徒達を「不良」とか「」とか呼んだものですが
先生は、いつも「ヤンチャ」と呼んでいました。

私が「何で?」と聞くと、先生はこう答えました。
「悪」とか「不良」なんて子は、一人も居ない。
「悪い」とか「不良」と言うのは、絶対にに肯定されてはいけないんだ。
これは常に否定されるものだから・・・

あの子達は、絶対に「不良品」でも「粗悪品」でも無い。
ちょっと「ヤンチャ」なだけ・・だと。


それから私は、人に対して「悪い」と言うことを否定するようになりました。
「ちょっとヤンチャなだけ」だと考える様になりました。

先生は、とても高い地位まで昇られました。
大変有名な人になりました。

ある同窓会で、先生は私達に言いました。
「自分は同期の中で、一番出世したと思います。
これは全てあなた達のお陰なのです」


私達が「何で??」と聞くと、先生は
「おまえ達を担任した、あの最初の一年が素晴らしい一年だったから」
答えました。
ご自分の努力が報われた筈なのに、それは私達のお陰だと仰いました。

私はいつか自分が評価される時が来たら
それに奢らず、それを支えてくれた何かに感謝できる人間になりたいと
心から思いました。

そんな先生は、定年を迎えた年に癌が発覚し
先月亡くなりました。

お通夜に行くと、その大きなホールの外の道には
焼香を待つ数百人の列が出来ていましたし
ようやくホールに入れたと思ったら、大きなロビーにも
数百人の人々が列を作り、3階の式場までの長い階段にも
参列者がず~~っと続いていました。

私はこの圧倒的な人出を見て、悲しみを新たにしました。
私の母のように、うんと長生きしていたら
これほどの人出は無かった筈です。
あまりにも早い死だからこそ、これほどの人々が集まったのですから・・

先生にはもっともっと沢山のことを教えて貰う筈でした。
一泊旅行での同窓会も企画していました。
これから、ゆっくりゆっくり、沢山のことを教えて欲しかったです。

私は「人の死」というものを冷静に受け止められます。
しかし先生の死は、「本当に残念」でなりません。
大きな支えを失ったのです。
これほどの喪失感は初めてでした。

私達は「先生を偲ぶ会」を企画していますが
悲しみは尽きません。
それで暫くは落ち込んでしまいました。

勿論嬉しい出来事も沢山ありました。

またすぐにブログで紹介しますが、

モリアゲ隊の隊長・SAABと久しぶりに会えた事。

もりもり隊の秋ちゃん(モス君)から
一年間の記録を収めた、愛情溢れるアルバムが届いた事など・・・

気持ちを切り替えて、私の大切なお嬢達や
素敵な仲間達の日々をまた綴っていきたいと思います・









【2010/02/07 20:44 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |